09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

アーミッシュの里

2007/11/27
義父さんの住んでる所から、そんなに遠くない所にアーミッシュの人達の

住んでいる町があります。オールド・バーリン・ビレッジです。




以前にも紹介しましたが、アーミッシュとは信仰を同じにする人達が

集まって、1693年に創立されたグループです。アーミッシュの

人口198,000人、ペンシルバニアとオハイオ州に集中しています。

アーミッシュの人達は、現代的な物を使用せず昔ながらの生活をしてます。

電気も使ってないんですよ。冷蔵庫、洗濯機、テレビが無いって事です。

車も使わないので、今でも馬車で生活してます。



街中を馬車で行きかう姿が普通に見られます。

女性は長いドレスを着て、白い帽子(ボーネット)をかぶっています。

男性は若い人も、ひげ顔でした。洋服も昔ながらのシンプルなスタイルです。



道端で手作りのバスケットを売っているアーミッシュの人に会いました。

馬車も車と同じ駐車所に止めていました。

カントリースタイルやアンティークの好きな人にはお勧めの所です。



アーミッシュの手作りの家具のお店もあります。

昔と今が混合した不思議な空間です。



たくさんのお店を見て周り、最後は美味しいアーミッシュのレストランで

食事をして帰ってきました。

何故、文明がご法度になったのかは分かりませんが、文明を拒否して

生きてい人達。電化製品がなくても人間、生きていけるんですよね。


たった9日間なのに、PC無しの生活が辛かった私には想像もつかない生活です。

私は文明に感謝しながら生活してます。


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!

スポンサーサイト
23:43 不思議な人々 | コメント(30) | トラックバック(0)

バーベキューに誘われて

2007/06/10
昨日の私のブログをチェックしてくれた方はご存知!

今日は家族で、めでたくラーメンを頂くはずだったのに

突然、お隣さんから電話が入った!

「バーベキューするから、いらっしゃい!」っと・・・。

うちの近所は新しい住宅街なので、ご近所のみなさん

引越ししてきて間もない人達ばかりなんです。

やっと暖かい季節になり、みんな外に出はじめ、

ご近所の人達と顔見知りになってきてます。


せっかくのラーメンなんですが、今回は中止です。

お隣に家族みんなでお邪魔してきました。

手ぶらじゃ行けないので、デザートを持参する事にしました。

チョコレートチップクッキー、ブラウニー、バニラアイスクリーム

とハーシーズのチョコレートシロップ

これだけ持っていけば十分に甘いだろう。

この家族はインド人の4人家族です。

女の子は次男より一つ年下、男の子は5才

最初は恥ずかしがって隠れていたこの男の子

気が付くと、うちの長男の後をついて歩いてました。

大人達は食べ物やレストランの話で盛り上がってました。←私の得意分野

この夫婦はなんと辛い物が大好き!

私は辛い物が全く駄目なんです。ƒ}ƒW‚Å‚·‚©


アパタイザーにはインディアンフードを勧められた。

カレーの香りがして美味しそう・・・一口食べて

口から火が吹きました。辛~~い!

それでも大人の私は平静を取り持ち、カレー味のアパタイザーを

食べきる・・・舌が燃えている

食事が始まると、ポテトサラダ、パスタのサラダ

マンゴー、ブラックビーン、葉っぱの刻んだ物(恐怖の物体?)

をミックスしたサルサっぽい料理←これもインディアンフード?

みんな辛いのかな?

それから他の料理に手をつけるのがチョッと心配。

奥さんはインドからの人、ご主人はインド生まれですが

小さい時に家族とアメリカに移住して来ていました。

ここのご主人は辛いものを食べて舌が麻痺するような

料理が好きと語っている。これが快感なんですって!

辛い物が好きな人って、普通の味が物足りなくなるんでしょうね。

私は舌がビリビリする料理なんて食べられんないよ。

食事に招待されたら、こっちも招待し返すんだけど

激辛の好きなご家族に食べてもらう料理なんて作れない!


食べ逃げしようか・・・

と密かに考えている私です。

デザートを食べ始めたのは11時になってました。

10時を過ぎると、あくびが出始めた私←私は早寝早起きなんです。


アメリカ風のご招待とちょっと勝手が違ってました。

我が家のお隣さん、これから仲良しになります。


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!



21:59 不思議な人々 | コメント(25) | トラックバック(0)

スゴイ修理屋が来ました!

2007/05/22
2週間前、出かけようとした時です。

ガラージドアを開けた時、大きな音がした。

何の音か分からず、車に乗りバックしながらガラージを出ました。

ガラージドアを閉めた時、奇妙な音の理由が分かった。

ドアのガラスが落ちそうになって、ぶら下がっていた。

ワァ~~!車の上に落ちる危機一髪でした。

ゆるんでいたネジをしっかり止め、臨時の修理をしました。

3日後、修理屋が来ました。

私が落ちそうになったガラスを見せると

「直ってるじゃない!」と言った。

ネジで止めてあるだけで、ガラスをグルーか何かで接着しなくていいの?

と聞くと

この修理屋「必要ないよ!」


疑わしい奴だ!直感で分かる!


「もっと長いネジで締めておこう!」

と言って作業を始めたが、1分もしない内に,大失敗だと分かる。


そのネジは長すぎてドアを突き抜け穴をあけた。

前より酷くなった!ƒ}ƒW‚Å‚·‚©


この修理屋は

「じっくり見なけりゃ、分からないよ!」

と私を説得しようとした。

私は新しい物と交換してくれるように頼み、その日は終わった。




そして今朝、違う修理屋が来た。(違う人をお願いしてました。)

ガラスをグルーで接着し新しい枠を付けるのに何時間も

かかるのは変だと思い外に出て見ると

この修理屋はガラージの床に散らばったガラスの欠片を

小さな車の窓用のブラシを使ってかき集めていた。

修理しに来た人がガラスを落として壊した!ƒ}ƒW‚Å‚·‚©


そして我が家のガラージは・・・

garage door

ダンボールをダックテープで貼っている。


ガラスのサイズが大きいから会社には在庫が無い。

いつになったらガラスが来る事やら・・・

次の修理屋はガラージドアに突っ込んでくるかも、

と冗談を言って苦笑してます。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!





もうチョッと続きがあります。    

>>続きを読む・・・
21:35 不思議な人々 | コメント(18) | トラックバック(0)

超見栄張るさんに会ってしまった

2007/03/23
昨日の話を書いていた時に思い出したました。

去年の秋の写真の日の事です。

これは末っ子の学校でボランティアをしてた時に遭遇しました。
(1年生から4年生の学校です。)

私は子供達の洋服や髪をチェックしてお手伝い。

色々な生徒達がいるんですよ。

服が裏返し、後ろ前、

ボタンがずれて止めてある

などなど・・・


特に午後から来る生徒達・・・休み時間に

セーターやシャツを脱いだりするからでしょうね。


一人のお母さんがボランティアじゃ無いのに突然現れ

自分の子供の手助けを始めた。

(ワ~~~!子供思い!)

服を取り替えてる。

ここまで気がつく

お母さんもいるんだ。スゴイ~!



午後からじゃ服が汚くなるからね!

考えても見なかったな~。

 ・・・とっても感心していた。


良く出来たお母さんと思いきや・・・

エッ?値札??服に値札が付いてるよ。

この洋服、お店から借りてきたの?

写真を写し終わるとサッサと子供から服を脱がし袋に戻していた。

でも知ってました。この秋の写真は顔写真なんです。

         この頃の次女は髪の毛を寄付する為に伸ばしていた。  
                      ↓
school pictureschool picture2school picture3school picture1school picture4
  ↑                                  ↑
歯を矯正してるので口元が変です。            髪を寄付した後、短い髪でスッキリ

春の写真全身とか色々なポーズ
が選べますが


はクラス写真と卒業アルバム用なので顔だけ
なんです。


こんなに苦労して借りてきた洋服は写真には

ほんのチョッと しか写ってない。

ここまでして高いブランド物の洋服

を着せたいのでしょうか?


次女の髪を寄付した時のお話を読みたい方はこちらをクリック


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!
21:20 不思議な人々 | コメント(17) | トラックバック(0)

恐ろしい光景

2007/02/16
寒い日が続いていたので子供達の送り迎い以外は出かけていなかった。
今日、水道代、電気代、ゴミ代を支払いに行った時の事です。
私の前に3人先着がいたので待っていた。

私のすぐ前にいた若いお母さんは一半才ぐらいの子と一緒だった。
多分抱いてると腕が痛いからだとは思うが
その子をカウンターに座らせた。
お母さんが支えてあげるなら問題はないのです。

なぜ離れていくの?危な~い!!!

私はもう叫びそう。

そのカウンターは結構高い。1.2mぐらい。

床はタイル・・・

私は何度も手を差し出しそうになった。

信じられない。お母さんはもっと離れていく。

私の後ろまで行ったんですよ。

drawing




冷や汗タラタラ

もう見てられない!!

やめて~!!

私はこんなにハラハラした経験は久々。

心臓に悪すぎる!

あの赤ちゃんが無事に成長できるよう・・・願っている私でした。

ハラハラするのって疲れますね。
息まで荒くなっている。

いつもありがとう

にほんブログ村 海外生活ブログへ
アメリカ情報ランキング
にも参加してます!
15:25 不思議な人々 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。