03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

次女の新しい挑戦

2009/04/29
アメリカでは多くの子供達がベビーシッターとして働いています。

うちの次女も12才になった時、初めて近所の6才の女の子の

ベビーシッターを始めました。お母さんの希望は子供と遊んでくれる人。

遊ぶのは得意な次女にはぴったりな仕事です。

金曜日や土曜日などの週末の夜、両親が映画や食事に出かける時

次女がベビーシッターとして、この子と一緒に夜を過ごします。

次女の仕事のたびに

「何かあったらいつでも電話をするように!すぐ行くからね。」

と携帯電話を持たせているけど、電話をかけてくるのは、 

「今帰るよ~。」 と言う時だけ。

親が思っている以上に子供はしっかりしているようです。



経験が豊富とは言えない次女に新しい仕事の話が入ってきました。

最初に依頼されたのは長女なのですが、最近の長女は課外活動と

プールのバイトで超多忙。

「どうしても長女の都合がつかない日は次女にお願いしたい。」と・・・。

8ヶ月になったばかりの赤ちゃんのベビーシッターに抜擢された次女。

本当に次女でいいの~?

オムツを取り替えたことのない次女・・・ミルクだって・・・。

考えただけで心配・・・次女にはまだ無理だよ。


このベニーシッターの仕事は次女を送り迎えしなくてはいけない。

ここまで来ているのだから次女のバイトに付き添うことにしました。

母が次女のトレーナーとなったのです。

赤ちゃんの抱き方、オムツの取り替え方、ミルクの飲ませ方などなど

学ぶことはいっぱいです。


それでも遊ぶのは得意な次女、赤ちゃんとも楽しく遊んでます。


babysitter 001


赤ちゃんの抱き方も慣れてきたようです。


babysitter 002
笑顔で余裕~!


小さい頃、人形を乗せ、おもちゃのベビーカー*でよく遊んでいたけど

本物は初めて。なんだか嬉しそう!


babysitter 003


次女の様子を観察していた私は、ついついこんな想像をしてしまう。

近い将来、赤ちゃんの世話をする娘達の姿が浮かんでしまう。

こんな赤ちゃんがいつかは私の・・・・。

これって超複雑な気分です。


人様の赤ちゃんを預かる仕事、次女のトレーニングはまだまだ続きます。

その度に、私はおばあちゃんになった自分を想像してしまいそうです。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


ベビーカーって言うのですね。
新しい日本語を知らない私に情報を送ってくださったnaoさん、
ありがとうございます。早速、ベビーカーに書き換えました。

乳母車・・・漢字を見てもピンとこないし、
私が聴いても古臭い響きの言葉だな~と思いました。
アメリカでは乳母車は Stroller(ストローラー)
日本ではべビーカーになっていたのですね。


スポンサーサイト
01:05 お母さんの独り言 | コメント(18) | トラックバック(0)

13才の誕生日

2009/04/27
次女の13才のバースデーはベスト・フレンドと一緒に遊園地、

ニコロディアン・ユニバースへ出かけました。

誕生日には欠かせないバースデーケーキは次女の選んだ

スポンジ・ボブのケーキです。

みんなでバースデーソングを歌って、ケーキを食べてから出発です。


b-day cake 001


HAPPY BIRTHDAYの13文字のキャンドルは

13才の誕生日にはぴったりじゃない!カラフルな色も可愛い!


b-day cake 002


ケーキの飾りのスポンジボブのキャラクター達はバネの付いたおもちゃ。

ボタンを押してキャラクター達を飛ばして遊べます。

次男が一番、気に入って遊んでいました。


ニコロディアン・ユニバースは私が想像していた以上に混雑している。

人気のある乗り物は長蛇の列だったけど、友達と一緒の次女は

そんな待ち時間もワイワイと楽しそう。


b-day 003


一列に並べるように細い柵があるので、列に横は入りはしにくいはず。

それなのに先に並んでいた友達に合流して横入りしてくる高校生達を

見つけ長女は憤慨していた。中には小さな子供が一人でこの長い列を

通り抜け、真ん前まで出て行ったのには驚いてしまったと・・・・。

親は何処?子供にルールを教えていない!


今回、私はみんなの荷物係と撮影係。長女は私のアシスタントで

次女と友達に付き合って、全ての乗り物に乗ってくれました。

大助かりな母です。ありがとう~!


そんな長女お勧めのアバターの乗り物です。


b-day 004


上がったり下がったりする時に椅子がグルグル回るこの乗り物

みんなギャーギャー叫んでいる。怖そう~! 

私は撮影係で良かった!  


ニコロディアンの一番人気はこのスポンジボブのロックボトム

b-day 005


90度の角度で上昇して真っ逆さまに落ちます。


そんな恐怖の中、なぜかうちの子供達は笑い顔

次女の友達の表情を見せられないのが残念。

恐怖で引きつった顔をしてます。

乗り終わるとみんなで走って、またロックボトムに向かってました。

子供達は怖いもの知らず。元気いっぱいです。


なんと私達、閉館時間までいました。見ているだけで疲れている母・・・。

この後、友達を自宅に送ってから私達も帰宅。長い一日でした。


次女が

「とっても楽しいバースデーだったよ。
マミー、ありがとう。」
   とギュとハグをしてくれた。

こんな一言で疲れも吹き飛んでしまいます。

私こそ、自分の所へ生まれて来てくれた次女へ

「幸せをいっぱい、ありがとう!」



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


10:13 ほのぼのとする話 | コメント(8) | トラックバック(0)

13才になる次女へ

2009/04/24
1996年4月25日、待望の次女が生まれた。

小さな子供に接する機会が少なかった私は、結婚しても自分が

子供の親になることは、あまり想像できなかった。

長女が生まれ3年後に長男を授かり、二人の子供の親となった。

三人目の子供を生むことなんて全く考えていませんでした。

女の子一人と男の子一人、これでいいんじゃないかな・・・。


utah 003


そんな私の考え方を変えたきっかけが母親の死でした。

悲しい経験を通して兄弟のありがたさを心から感じました。

自分を理解してくれる人の存在がありがたかったです。

私の二人の子供達はアメリカで生活・・・日本の親戚は無いも同然。

いざと言うときに助けになれるのは兄弟同士!

「私や夫に何か不幸があった時、
      兄弟が二人だけじゃ心細すぎる!」
 


と言う私の思い込みで、我が家に加わったのが次女でした。


california 001


長女、長男、そして次女・・・3人は仲良しでいつも一緒に遊んでいたな。

夫が留守がちで、子育てで苦しい経験も沢山あったはずなのに、

思い出す事は楽しかった事ばかり・・・・。

今となっては昔の苦労話も子供達と一緒に笑えるようになりました。


次女が2才になった日の写真を見つけました。


b-day 001


小さかった頃の次女はドレスが大好きで毎朝、私が洋服を着せると

自分で大好きなドレスに着替えなおしていた事を思い出しちゃった。


だから2番目の写真のような母が選んだ洋服を着せると喜ばなかった。


『わが道を行く!』 タイプの次女でしたが

次男が生まれると、次女がすっかりお姉ちゃんらしく見えるから不思議。


california 002
学校に赤い服を着ていく日です。次女も次男も学校には行ってないのに
なぜか赤い服を着ている・・・。



うちの子供達はプリスクールには行かなかったので、私が子供達の

学校に行く準備をしました。読み、書き、算数など学校で学ぶ基礎は

しっかり教え込みました。次女が4才から6才の間に2回引越して

学校が変わったので、私と同じようにホームスクールを

しているお母さん達と出会う機会がなかったせいもあって

生徒は次女一人で、次女の先生は母だったのです。


utah 002

5才になって学校に行くようになると 「友達がいっぱ~い!」

学校生活を楽しむ次女でした。

中学生になった今でも学校は大好き!

大好きが講じて将来は学校の先生になりたいと言っています。


明日で13才になる次女、

Happy Birthday~♪♪



明日からティーンエイジャーだけど、今日のままの次女がいいな。

同級生の中にはメイクをしている生徒がいて、とっても大人っぽく

見えてしまう。どう見ても次女と同じ年には見えない・・・。


あわてて大人になる必要はないです。

一生に一度しかない13才、いっぱい楽しもうね!



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


20:53 お母さんの独り言 | コメント(22) | トラックバック(0)

命を感じる春

2009/04/24
花や野菜を育てるのが好きな私にとって嬉しい季節の訪れです。

長い間、氷点下が続くミネソタではみんなが心待ちにしている春。

暖かくなってくると冬眠から目覚めたように、人間も一斉に

外に出て活動的になります。


今日、私も嬉しい事がありました。

梨の木の花のふくらみに気が付いちゃった。


pear tree 001


桜のように華やかではないですが、白い花が綺麗なんです。

満開が待ち遠しいな~!


春の訪れは、他にもあります。


tulips 001


春と言ったら、やっぱりチューリップ!


ニョキニョキと硬い地面を押して出て、春一番乗りです。

花が咲くには、もう少し時間がかかりそうです。


そして去年、種から植えたデイズィー(Daisy)が、今年も元気に

成長しています。白い可憐に見える花だけど寒さには強いんだ。


daisy 001


力強い植物の命を感じ、心浮かれている私です。

また花壇の手入れが始まります。綺麗な花が楽しめる~!

虫が苦手な私が、花壇の手入れ・・・ありえなさそうなんですが

虫の恐怖より花の美しさの方が優先してます。


ミミズにご対面しないよう願いながら土いじりをしようっと!


今年の野望は 「大根を植えてみたい!」 なんです。

甘~い青首大根で大根おろし、魚の付けあわせで食べてみたい。

想像してみるだけでも美味しそう~!



大根栽培の名人の方がいましたら、アドバイスお願いします。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。

00:00 Mrs.Krabsの花壇 | コメント(8) | トラックバック(0)

木登り名人

2009/04/22
次男のカブスカウトの活動の日でした。

数日前は暑いぐらいと言っていたのもつかの間、今日は寒い日でした。

子供は風の子ですが、私は一度しまったウインタージャケットを

取り出して着てました。一度暖かい気温を経験してしまうと寒さに

めっきり弱くなってしまいます。



夜7時から始まったのですが、最近日が長くなってきたミネソタ

外はまだ明るいです。日が長い=冬の終わり、最高に嬉しい!

今日は次男の新しい才能を発見しました!



カブスカウトのボーイ達、木を見つけると登りたくなるようです。

それぞれ自分の木を見つけ登ってます。


cubscout 001

次男は一番高い木に挑戦中です。

そんな次男を見るためボーイ達も木の周りに集まって来ました。

腕時計をしていたので時計が枝に擦れてしまい痛くて

一回目は失敗。 う~、皮膚が赤くなっているじゃない。

それなのに時計を外して再度挑戦した次男です。

足場がない大きな木、苦労しながらもあきらめないで登りました。


cubscout 002

次男の満足そうな顔を見てやって下さい。

この木に登れたのは次男だけでした。←我が子を自慢している母

たかが木登りですが、次男はこの木登りを通して大切な事を学べます。

最初に失敗した事でも、何度も挑戦する事で
いつかは達成できるゴールがある。


そんな事に気が付いてくれるだけでいい。

子供にとって遊びは、楽しいだけでなく人生の学び場なんですよね。




カブスカウトの活動ではキャンプファイヤーの始め方、わらや小枝、

木の並べ方、火の後始末、火の回りの安全について学びました。


cubscout 003


活動の最後は子供達の大好きなマシュマロをローストして

スモアを作って食べました。

スモアとは
グラムクラッカーで板チョコとローストしたマシュマロをサンドした物。
アメリカのキャンプファイヤーでは欠かせないおやつです。


寒い日に火を囲みながら、みんなでおやつを食べる。

火が強すぎてマシュマロを真っ黒に焦がしている子供達もいて大笑い。


こんな些細な事が子供にも大人にも嬉しい・・・。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



09:31 ミネソタ州の話 | コメント(13) | トラックバック(0)

主婦にも休暇あり

2009/04/20
週末の朝は手抜きの母と活躍する子供達です。

土曜日の朝は、子供達がそれぞれ好きな物を作って食べる事が

多い我が家、子供の自立を助けるなんて言いながら、

実は母が楽をしているだけかも・・・。


今日の次男はパンケーキを作ってます。


breakfast 001


じっくりと裏返すチャンスを待ってます。

作りながら味見をしてみたりと朝食作りを楽しんでいるよう。


breakfast 002


そんな次男と一緒に朝食を作っているのは、我が家で一番料理好きな長男。


今朝は野菜がたっぷり入った大きなオムレツを作ってくれました。


breakfast 003


オムレツにしょう油・・・こちらは母の為。

たっぷりチーズをかけて次男用も出来上がり。


breakfast 004


長男は料理をするのが面倒じゃないようです。

「奥さんに料理を作ってあげたら喜ばれるよ。」

と15才の長男に気の早い話をしている母です。


夜は夫と二人でデート・・・と言っても食事に出かけただけなんですが

ミネアポリスにある和食レストラン、不二家に行って来ました。


以前に来た時は待ち時間2時間なんて言われ、あきらめた事のある

人気レストラン、期待が高まってます。


30分ほど待っている間にお客の観察・・・日本人のお客がいないじゃない。

ちょっと心配になっていました。また偽物の和食なの・・・?


chopsticks 001


テーブルに置いてあるこんな箸袋を見てしまうと、もっと不安になってしまう。

日本人は箸でこんな事はしないだろう。


寿司バーには4人の板前さんが寿司を握ってましたが、

日本人と思われる板さんが一人いました。。

遠目に職人さんを眺めながら、「きっと日本人だね」 と妙に嬉しい母でした。


何気なく隣のテーブルで枝豆を食べていたカップルが

目に入ってきました。枝豆をまるでお寿司のように

しょう油をつけて食べている。外の皮も食べてしまうのかと

心配になってしまい、お隣の枝豆に釘付けになってしまいました。

皮を口から取り出した時は、ホッとしました。

私が驚くほど寿司や和食がミネソタでも流行っているけど

せっかくなら和食の正しい情報が伝わってほしいです。

インスタントラーメンにサワークリームを入れて食べているアメリカ人にも

驚いてしまったけど、枝豆にしょう油もびっくり仰天でした。


いつも和食レストラン運が悪い私達にとって不二家さんは

和食器も素敵で味もまあまあ~、アメリカ生活が長い私には満足です!


誰かに作ってもらって食べる食事って美味しいです。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


10:47 Krabs家の食卓 | コメント(22) | トラックバック(0)

シャボン玉とんだ~♪

2009/04/18

暑い・・・暑過ぎる。

今日の気温、一気に20℃です。


数日前、やっと氷点下を上ったばかりのミネソタなのに

急に20℃だなんて・・・。

嬉しいような嬉しくないような・・・体がついていってません。



学校から帰って来た子供達もこれだけ暑くなると、何かしたいようです。


bubbles 003


シャボン玉が空を舞い始めました。


う~ん、夏のイメージです。


bubbles 001


茶色い芝生に葉っぱが落ちた木々、夏どころか春らしくもないな・・・。


bubbles 002


今週に入ってから待ちきれずショーツで登校していた次男、

初日の休み時間、外で友達とバスケをしたいたんです。

母の予感が命中しました。ゲーム中にころんで膝に擦り傷です。

長男と次男、やっぱり似ている。



今日は、日が暮れるまで外で遊んでいた次女と次男です。


hopscotch 001
夕焼け小焼け~で♪と童謡が聞こえてきそうな風景です。

これだけ真剣に遊んでくれると母も嬉しいです。

そうそういしけりって、日本もアメリカも同じですね。

私が教えたわけでもないのに、いしけりを知っている。

全世界共通の遊びなのだろうか?


hopscotch 002


こんな小さないしけりだと、ひとまたぎで終わってしまいそう。

10才と12才の子供達が、昔ながらの遊びで過ごした時間です。

ゲーム機やパソコンが無くても楽しく遊べるね。


外で体を使って遊び。母は大賛成です。


子供は寒さにも暑さにも強いです!


暑い、暑いと言っていたのは私だけか・・・。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



00:21 ミネソタ州の話 | コメント(14) | トラックバック(0)

学校を建てよう!

2009/04/16
はじめまして~!

初登場の次男の貯金箱です。



piggy bank 001


次男が赤ちゃんの時からお世話になってます。 

最近、我が家では貯金箱が大活躍しています。


次男の学校で募金活動が始まったのです。

次男のリーディング(Reading)のクラスで

グレッグ・モーテンソンとデヴィッド・オリバー・レインが書いた

『スリー・カップス・オブ・ティー』 を読んでました。


Three Cups of Tea: One Man's Journey to Change the World... One Child at a TimeThree Cups of Tea: One Man's Journey to Change the World... One Child at a Time
(2009/01/22)
Greg MortensonDavid Oliver Relin

商品詳細を見る



パキスタンの小さな町に橋を建てた著者の経験が書いています。

その後、アフガニスタンやパキスタンで学校を建てています。

次男のリーディング(Reading)クラスの生徒数は11人、

彼らが先生や生徒達に訴え、著者グレッグモーテンソンが

主催しているペニーズ・フォー・ピースの募金を始めました。

日本の一円玉のような小銭、ペニーも全校生徒が参加して集めたら

子供達が学べる学校が建つ!


パキスタンに学校をたてよう!

と生徒達が立ち上がったのです。


pennies for peace 001


募金は5月13日まで続きます。

少しでも多くのペニーを集めようと次男は真剣です。


ペニーズ・フォー・ピースのホームページはこちらです。


世界中の一人一人が思いやりの心を持ったら、学校に行けない

悲しい子供達はいなくなるはず・・・・。


子供達だけでなく、大人の私も何か出来そうです。


塵も積もれば山となる。 いい言葉です。


一人の力は小さくても大勢の力が集まれば、山も夢ではないはず!


みんなでパキスタンに学校を建てよう!


と次男と共に密かに燃えている母です。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


09:29 アメリカの学校 | コメント(13) | トラックバック(0)

春うらら

2009/04/14
北国ミネソタでもイースター (復活祭) を迎えると春がそこまで来ています。

そうして我が家のもう一つの春の訪れを知らせつ物は税金の還付金です。

追加税金を支払わなくてはいけない年もあったけど

今年は税金の払い戻しの小切手が届きました。


tax 001


金額はともかく、返してもらえるお金は嬉しいです。


2008年度の税申告の締切日は4月15日。明日が最後の日です。

インターネットを使ってない時代には、郵便局に長蛇の列ができ

ニュースになるほどでしたが、今ではそんな光景も見られなくなったかも。


今日の気温、午後には10℃を超えるようです。

次男が 「ショーツで学校に行きたい!」

と言っていたけど、今日はミネソタ州全市の統一テストが行われる

大切な日、長男の経験もあるし今日ショーツは止めておこう。


piano 001
T-シャツ 1枚だけ着ています。
上着も着ず、このまま出かけて行きました。
『子供は風の子』 本当のようです。



校長先生から生徒達の自宅にテストのお知らせの電話が入るぐらい

ミネソタ州統一テストは学校にとっては大切なテストです。

生徒達のテストの結果で先生や学校の評価になるようです。

力が入る訳だ・・・。

しばらくはこのテストが続きます。


周りの景色はまだ枯葉状態なのに、我が家の畑に小さな緑・・・。


vege garden


近くに行って見ると、ネギが成長している。


vege garden 001


凄い!ミネソタの寒さを生き延びたネギです。


春は命の力強さを実感でき、感動してしまいます。


ミネソタでは 5月31日に種まき が長い間の習慣のようですが

今から家庭菜園が待ち遠しいな~! 




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



長男の経験とは、たしか彼が5~6才の頃、気温が上がって
初めてショーツをはいた日、家を出たとたん自転車でこけてしまい
痛々しいぐらい両膝をすりむいてしまったんです。
私がNOと言えば起こらなかった事故・・・。
あの時、ショーツをOKした自分を後悔しました。

そんな経験があるので、ちょっと慎重になっている母です。
それに今朝の気温は5℃もあったのだろうか・・・。
どう考えてもショーツはまだ早過ぎ。
気が早い次男です。

10:06 ミネソタ州の話 | コメント(10) | トラックバック(0)

最後のイースター

2009/04/12
Happy Easter!


復活祭の日曜日でした。

今年もイースターバニーが我が家にやって来ました。


easter 2009 001


こんな風に子供達のバスケットにお菓子や小さなおもちゃなどを

置いて行きます。本が好きな子供達、大好きな本もあります。



朝早くに目を覚ました子供達、教会に出かける前にエッグハントを

する事になりました。まだ着替えてないのに・・・。

本当にパジャマのままでいいのかな~?


easter 2009 002


今まで小さい次女と次男を気遣って、遠慮気味にしていたエッグハント

「今年は本気でエッグハントをしたい!」

と宣言した長女に大賛成した母です。

長女よ、遠慮なしに卵をいっぱい見つけておいで~!


外にも卵を見つけた次女と長女、勢いのあまって裸足のまま

外へ飛び出して行っちゃった!


easter 2009 003


雪も解けて気温が上がってきているミネソタ、今年は家の中と外にも

卵を隠していったイースターバニーです。


バスケットが卵でいっぱいになるとバスケットを空にしてから

またエッグハントに走ります。


高校3年生でエッグハントをしているのは、うちの長女だけかも・・・。


easter 2009 004


物静かにエッグハントしていた長男ですが、獲得物を見てみると

頑張った子供達と同じか、それ以上にエッグを集めていました。


easter 2009 005


うちのプラスチック卵の中には、キャンディー、お金、そして

役に立つお楽しみ券が入ってます。



『お母さんと一緒にお出かけ』

『長女と映画を観に行く』

なんてペーパーを見つけると、「やった~!」と嬉しそう。

他には 『兄弟の部屋を掃除する』 とか 『サンドイッチを作る』 

などのサービス券も入ってます。

後で役に立つ、もらって嬉しいサービス券です。

可笑しなものでは、『2分間、サルのように踊る』 や歌を歌うなどの

エンターテイメント系のペーパーも入ってます。

これらのアイディアは全て子供達が考えています。

お楽しみ券を見つけ、読んでいるだけで笑顔になってしまいます。



この後、着替えて教会に出かけました。

孫にも衣装、うちの子供達も小奇麗に見えます。


easter 2009 006


今年の秋、大学に進学する長女、来年の復活祭にはいないんだ・・・。

兄弟4人、家族6人で過ごす最後の復活祭になってしまいました。


家族みんな揃っているからいいんですよね。

長女と一緒に過ごす復活祭、楽しい、楽しい時間でした。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。




20:31 ほのぼのとする話 | コメント(18) | トラックバック(0)

スウィートで幸せな午後

2009/04/11
キリスト教の祭日、復活祭が間近かです。

クリスマスに続く大きな祭日です。学校では宗教に関しての

休みはないのですが、先生達の『準備の日』として金曜日から

学校が休みになりました。子供達は土日を入れて3連休です。

学校から一番乗りで帰ってくる次女はオハイオ州に住んでいる

おじいちゃん、おばあちゃんからの小包を見つけました。


easter package 001


こんなにいっぱいの切手。なぜか$0.00の送料のステッカーが不思議だね。


普段、私が買ってあげないような甘~いお菓子がいっぱい入ってました。

次男や他の子供達が帰ってきてから、一緒に開けようと私は提案したのに

「開けて見たら、またテープを張っておくね。」

と言った次女、箱に詰めなおしたのに箱からはみ出している。


easter package 002


次に帰宅したのが長女、勿論、小包の中身をチェックです。


easter package 003


卵の飾りつけのキットも入ってました。エッグハントが楽しくなりそう!


復活祭は十字架で亡くなったイエスキリストの復活を祝います。

再び生きる象徴として卵は、復活祭には欠かせない物なんです。

ゆで卵に色をつけたり、シールを貼ったりと様々な飾り付けをします。

その卵を色々な場所に隠して、子供達が探して歩きます。

長女や長男が小さい頃は、我が家でも卵をゆでて飾り付けしたものですが、

今ではプラスチックの卵を使ってます。楽チンなんです。



さすがは長女、小包の中身を詰めてから、またふたを閉めました。


easter package 004


午後4時、次男の出番です。

この子はリアクションが大きくて楽しいですよ。

みんなと同じ物を見ていても、表情がこんなに違います。


easter package 006


中身を全部チェックし終わると、不思議な行動に出ました。


easter package 007


次男の性格なのでしょうか・・・・、それともただただ子供なのでしょうか・・・・。

親の私でも理解に苦しみます。


陸上部の遠征で帰りが遅くなる長男は待たずに、私達は頂いた

チョコレートを早速、味見です。薄情な母です。


easter package 008


子供も大人も美味しいと、いい笑顔になりますね。

おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとうございました。

と書いても私がブログしている事は知らないし、知っていても
日本語では読めないか・・・。
 



食べた後は、歯磨きを忘れずに!

easter package 009


と子供達に歯ブラシまで送ってくれました。

歯の治療費もバカにならないアメリカ、虫歯だけは避けたいです。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



01:32 ほのぼのとする話 | コメント(10) | トラックバック(0)

今日のおやつ

2009/04/09
今日は学校から帰ってきた子供達の様子を紹介します。

まずは次女の手です。


何をしていると思いますか?


onigiri 001


素早く動いているので、写真がぶれてしまってます。

こちらは次男の手~。



onigiri 002


この手つき、もう分かってしまいましたね。

我が家の子供達、学校から帰ってくると、いつもお腹がペコペコです。

次女は3時過ぎ、次男は4時に帰宅します。そして我が家の夕食は

6時半ぐらいに始まります。でも日が長くなってきて上の子供達の

部活が忙しくなると、だんだん夕食の時間が遅くなってしまいます。


今日も夕食まで待てない次女と次男、おにぎりがたべたいと言って

自分で作り始めました。


onigiri 003


これが次男が作った第一号のおにぎりです。

三角おにぎり、上手に出来たね~!


次女の作ったおにぎりは小さいです。


onigiri 004


気が向いた時しかおやつを作らない母なので、自分でおやつを

作ってしまう我が子・・・不憫な気もするのですが、これが私の子育て。

必要に迫られると子供達が能力を発揮します。


ついつい手が出すぎて過保護になってしまう時もありますが

これからも母は見て見ぬ振りをしておこうと思います。


生きる技を磨く!

は絶対、我が子に伝えたい大切なメッセージなんです。



ちなみに子供達のおにぎりには具が入ってません。

先日買ってきた貴重な梅じそのミックスを混ぜました。

これだけでもミネソタ暮らしの子供達にとっては豪華なおやつです。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。

08:01 Krabs家の食卓 | コメント(10) | トラックバック(0)

大豆の食文化

2009/04/07
10才って乳歯がぼろぼろと抜けてしまう年頃なんですね。

上に3人も子供がいるのに、細かい事は忘れています。 

今年になってから何本、歯が抜けてしまったのか・・・それも覚えてない。

また1本、乳歯が抜けてしまった次男、大人への道をまっしぐらです。


japanese food 009


歯の妖精が抜けた歯と交換に持って来てくれるプレゼントを、次男は

いつも楽しみに待っています。以前にもらったお金も大切に持っています。

今回も突然抜けた歯、歯の妖精さんもびっくりだと思います。


japanese food 013


小さなプレゼントでこんなに嬉しい次男。母も笑顔になってしまいます。

長い間、我が家にやって来ていた歯の妖精の出番も、

そろそろ終わりに近づいています。次男の乳歯は、残り1本(?だと思います。)

肩の荷が下りるような・・・寂しいような・・・複雑な気分です。



最近の次男、奥歯が無いので固い物を食べるのが大変なんです。

そんな次男がパクパク食べているのが枝豆です。


edamame 001


去年、我が家の家庭菜園で栽培していた枝豆です。

冷凍保存して大事に、大事に食べていました。

久しぶりの枝豆、美味しかったです。


edamame 002


塩味だけでさっと湯がいた枝豆、野菜というよりおやつ感覚で食べられます。

そして食べ始めると止まらなくなってしまう。

これだけ大豆を摂取したら体い良さそうです。


しょう油、味噌、納豆、豆腐、そして枝豆・・・。

日本の食文化は大豆なしでは語れません。

外国に住みながら、これらの大豆商品が手に入る時代になりました。

日本を知らない我が子も、日本の味に触れる機会があります。

世界中の人達が日本食の素晴らしさに注目しているおかげですね。

ありがたい事です。


今日も感謝の気持ちで一日を過ごせます。






海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



* お詫び *

拍手をクリックして応援してくださっている方々へ

応援ありがとうございます。
コメントを残してくださったみなさん、ありがとうございました。
長い間、チェックしていなくてお礼の欄がある事も知りませんでした。
昨日、最近のコメントからお礼を書き始めました。
皆さんの温かいコメント、心から感謝しています。


10:19 Krabs家の食卓 | コメント(6) | トラックバック(0)

褒めて育てる

2009/04/06
4月だと言うのに、今朝起きると雪で地面が真っ白・・・。

最近の天気予報は凄いですね。

本当に雪が降るなんて思ってなかったのに、ずばり言い当ててしまった。

日本では桜が満開だと言うのに、私だって緑が恋しい・・・。


そんな思いが募り、鉢に種を植えていたんです。


小さな種から芽が出てバジルが私のキッチンで育ってます。


basil 002


こんな小さな緑があるだけでも嬉しくなります。

そして食べておいしかったら喜びは2倍。

早く家庭菜園の季節が来るといいな~!



せっかくの週末なのに外は雪・・・家の中で暖かく過ごしていました。

そんな時、キッチンでゴソゴソと忙しくしている子を発見。

我が家の丸秘レシピ、チョコレートチップスクッキーを作っていました。


cookies 009
半分になったクッキーがある~。


レシピが同じでも作る人によって全く違ったクッキーが出来上がります。

以前長女が挑戦した時には、

「本当にあのレシピを使ったの?」


と言うようなクッキーが出来上がりました。


今回の長男のクッキーのできは・・・見事に合格!


cookies 010

小麦粉と卵やバターの割合が微妙なのに上手に出来ました。


いっぱい焼いたのに家族に大好評だったので、残りはこれだけ。

自分が食べたくて焼いたクッキーを皆に分けてくれてありがとう!


「美味しい!」と言われて、嫌な気分の人はいないですよね。


人に喜ばれ、益々クッキングが好きになった長男かもしれません。



子供をほめてその気にさせる。


子育てには欠かせない技です。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


01:08 子供達の話 | コメント(12) | トラックバック(0)

ジョーボブの引越し

2009/04/04
長女のベストフレンドのバースデーパーティーに長男と次女も招待されました。

ティーンネイジャーのパーティーなので12才の次女は・・・と思ったのですが、

次女のベストフレンドは長女のベストフレンドの妹なんです。

そんな理由で次女も高校生に混じって参加。


パーティーを楽しんだ子供達、一人取り残された次男にお土産を

持って帰って来ました。


goldfish 010


金魚3匹。バースデープレゼントだったそうです。


うちで金魚を飼っていると知っているお友達が、次男にくれたのです。


でもジョーボブの金魚鉢は小さすぎる・・・。

その中に3匹も金魚を入れてしまったら大切に飼っていた

ジョーボブが死んでしまうと思う。


余計なお金は使いたくないのですが、母の決断の時です。


ジョーボブは引越しをする事になりました。


goldfish 011


金魚鉢が4000円、下に敷くカラフルな石1000円、

石の飾り物1000円、草200円なり。

金魚の引越しもバカになりませんね。
結構な出費になってしまいました。



大きくなった水槽でのびのびと泳いでいるジョーボブ、

仲間ができて良かったね。


引越しと言うと、お隣さんが今回の金融危機の影響でご主人の会社の

工場移転が決まり、引越しする事になりました。

小学生の子供が二人いるので、学校が終るまでは単身赴任となるご主人。

奥さんと子供達がここに残ります。その間に家を売りに出すのですが

家の価値がグ~ンと下がってしまった今、家を売るのは難しくなってます。

近所にも2軒、去年から売りに出している家が未だに売れてない。

今の住宅市場、買い手には有利ですが、売り手には厳しい状況です。


ご近所では一番親しくいているお隣さんが引越してしまうのは

残念ですが、一日も早く家を売却できる事を願ってます。


私自身も小さな子供達を抱えて家を売りに出した経験が4度あります。

そのうち3度は夫が先に移転していた。9月11日の同時テロが起きた時は

夫が一人でミネソタ暮らし。家を売ったら私も子供達を連れて

ミネソタに移り住む予定でしたが、ハイテックの株が暴落し

売却したい家が市場に溢れ、私達の家もなかなか売れなかった。


あの頃の事を思い出すと、精神的にも結構苦しかったけど

今になって言える事は、無駄になる苦労は一つもないんだな・・・って。

あの時代を辛抱して生きてきたので、今の自分と家族がある。

試練を乗り越えるたびに少しずつ学び、たくましくなってきました。


様々な状況で苦しんでいる人達が世界中に大勢います。

目の前が真っ暗で途方にくれてしまう事もあります。

でも必ず日は昇ります。静まらない嵐はないはず・・・。


心に希望を! もう少しの辛抱です。





海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。

23:27 苦労話 | コメント(10) | トラックバック(0)

ああ~どら焼き!

2009/04/03
日本では桜が満開なのでしょうね。私が一番日本が恋しくなる季節です。

何千本もの桜が一斉に咲き誇る光景は最高に美しい。

昔から日本人の別れと新しい門出を見守ってきた桜、本当に特別な花です。

なんて子供達に日本人の桜に対する思いを熱く語っていたら長女が

「フランスにも桜の花、咲いていたよ。」

それって本当なの?フランスにも桜はあったの?

日本が桜をプレゼントしたのはワシントンDCだけのはずだし・・・。


「とにかく桜を一番愛しているのは日本人なの!」 


と断言した母、ちょっと傲慢な発言でしょうか・・・・。


4月のミネソタ、今週末にも雪の天気予報が出ています。

花はまだまだ先の話です。

夫にもらった花束の中で、日本の春を想像させてくれる白とピンクの

花がありました。他の花は枯れてしまったのに、これだけはまだ元気。


hanami 001


日本の桜を思いながら、これが私のささやかな花見です。

いつか夫と二人で日本の桜を見に行きたいな~。


こんな時、桜餅があると最高なんですが、そんな貴重なものはありません。

でも昨日買ってきた どら焼き があります。

子供達と一緒に早速、食べよう。



美味しい物を食べている時って、いい顔をしますね。 


dorayaki 002


次女もジックリとあんこを味わっているようです。

このどら焼き、高かったので一人一個しか当たらないんです。


dorayaki 006


我が家では一番どら焼きが大好きな長男、二つのどら焼きを持っている。


一つは母の分!食べないでね~!



「これ何~?」って・・・。


dorayaki 004


「栗だよ、くり。」

アメリカではあまり馴染みのない栗をどら焼きの中に発見した長女です。

家族でどら焼きを食べなたら、大いに盛り上がっている我が家。

小さな事でハッピーになれる私達は本当に幸せ者です。


アメリカで生まれ育った子供達と、こんな風にどら焼きを一緒に

食べられるとは想像もしていなかった母です。


嬉しいです。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


09:54 Krabs家の食卓 | コメント(12) | トラックバック(0)

こんな授業もあり!

2009/04/02
昨日のエイプル・フール・デー、楽しく過ごしましたか?

我が家では普通の4月1日でしたが、長女が可笑しな話を聞いてきました。

あるお母さん、ティーンエイジャーの子供が寝ている間に

マスカラでひげと眉毛を太く描いたんだって・・・。

朝、トイレに行って鏡を見た時の姿を想像するだけで可笑しくなります。



私は朝から長女の日本語クラスのフィールド・トリップに同行しました。

高校卒業まであと2ヶ月、きっと今回が長女との最後の

フィールド・トリップ (Field Trip) になるかもしれません。

「今年は何処に行くの~?」

日本食品をを扱っているオリエンタルマケーット

美術館、ジャパニーズレストランですって。

と言うことは、マーケットで買い物してレストランで食事のフィールドトリップ。

授業がないこんな一日は高校生には嬉しいですよね。

「買い物もしたいし・・・。」 

と母も自分の欲だけでついて行って来ました。


自分で作ったエコバッグ持参でショッピング気分のフィールド・トリップでした。


japanese food 011


自作のエコバッグは色々なサイズの物を作りました。

これは特大サイズですが、いっぱい物が入って便利です。

中身は和食の必需品、しょう油、味噌、キューピー、とんかつソース。


japanese food 012


そして きず海苔 を発見!

30枚入りで6ドル以下、お得な価格です。

おにぎり用の梅じそを頂いてから大好きになってしまいました。

今日も同じ商品を見つけたので、早速買ってしまいました。

う~ん、美味しいおにぎりが作れます!



出かける前、子供達に

「オリエンタルマーケットで一つだけ買えるとしたら何が欲しい?」

と聞いてみました。

お土産を買ってきてあげようと母心です。


japanese food 013


「どら焼き、柿の種、シュワシュシュワのあめ」 ですって。

これだったら聞かなくても母にも想像がつきました。


久々のミネソタ州の大きなオリエンタルマーケットです。

去年に比べて品揃えが減っているし価格も高くなっていました。

ハウスのバーモントカレーの素が4ドル99セント・・・高くて買えなかったです。


我慢しながら買い物したのに、今日の出費は100ドル。


日本食が益々、遠のいて行ってます。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



ちなみに美術館では日本の展示物を見て回りました。
茶室や茶道の道具、陶器や磁器、版画、浮世絵など江戸時代から近代の
作品まで展示されてました。日本刀の前で足を止めている生徒達が大勢。
本物それともコピーなのか、仏像や仁王の彫刻までありました。
しっかり学ぶ時間もありました。


10:15 アメリカの学校 | コメント(18) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。