08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ミネソタの秋とスクールバッグ

2009/09/29
        今朝はうっとりする様な日の出に遭遇しました。

sunrise 001

                太陽が大きい!

          車を運転しながら思わずカメラを取り出した私。

      対向車のない田舎道、ハンドルを握りながら美しい日の出を

                  カメラに収めました。



子供達の学校が始まってからの私の生活は追われています。

日の出前から車を走らせ、子供達を学校へと送っています。


そして今日の夕暮れ時です。


sunset 001


長男が運転しています。車の中から写しているのに綺麗に写っていると

写した本人が感動しています。

午後7時ちょっと前、すっかり日暮れが早くなってます。

これから長男、次女と共に学校に向かっています。

この2週間、毎晩のように学校では、子供達が参加している活動の

ミーティング、スポーツの試合、父兄が生徒達の授業体験できる日が

あったり、なんだかめまぐるしい日が続いています。

次男は真っ暗になるまで週4日アメフトの練習中、毎回のように

迎えに行く時間に遅れている母です。

時にはコーチやチームメートの帰ってしまったフィールドに次男一人、

待っているんです。ごめんね。

母も走ってはいけないと思いながらも次男の元へ一秒でも早く

たどり着けるように学校の中を駆け抜けています。

そんな母の姿を想像できるのか、遅れて行っても文句も言わない次男

本当に、本当にありがとう!



先週の日曜日、9月も下旬なのに暖かいと喜んでいた。


watermelon 001


我が家の最後の畑の恵み、スイカを収穫したりして

暖かい時間を楽しんでいました。

ミネソタでは今年最後のポカポカ日よりだったかもしれない。



だって今日は長袖、ジャケットが無いと寒いぐらいだった。

慌て者の母は、勿論ジャケットなんて持たないで外出してました。

銀行で用事を済ませてから知人の家に向かう。

ボランティアでスクールバッグを作っている知人のお手伝いです。


次男が学校から帰ってくる前に帰宅、短い時間にもう少し

スクールバッグを作ろう!


school bags 001


恵まれない子供達が学校へ行けるようにと、私達が作っている

スクールバッグが寄付されます。洋裁は得意じゃないけど

世界の何処かで、このスクールバッグを使ってくれる人がいると思えば

頑丈なバッグを作ってあげようと頑張れる。


school bags 002


一つでも多くのスクールバッグを作るぞ~!



バッグのハンドルを縫い付けるのに子供の定規を使って計っていたんです。
気が付くと、そのブルーのプラスチックの定規がアイロンにへばりついて
溶けていた。  超危ない状態でした。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。

スポンサーサイト
00:25 ミネソタ州の話 | コメント(4) | トラックバック(0)

長男の腰痛と長女の大学生活

2009/09/24
15才の長男、4年生の時から始めたアメリカンフットボール、

シーズンオフの筋トレや夏休み中の練習が効果を上げてか

今年のシーズンは好調な滑り出しだったのに、2週間前の試合で

腰を負傷してしまった。打撲や筋肉痛は当たり前のスポーツ、

今回も冷やしたり暖めたりと腰の手当てをしていたのに一向によくなる

気配がなかった。念の為にと医者に連れて行った。レントゲンに加えて

ボーン・スキャンの検査を受ける事になった。


そして検査の結果が今日出ました。

長男の腰の骨にヒビが入っていた。

新しいヒビだったら3ヶ月程で治療できるらしい。

もし古傷だったら、どんな治療でどのぐらいの日がかかるのだろうか。

長男、去年だって打撲したりして腰に痛みがあったんです。

来週、詳しい検査をまた受ける事になってます。

今年はもう練習もできないし試合にも出場できなくなった長男です。


先週は友達の子供がアメフトの練習中に鎖骨を折ったばかりだった。

気の毒と思っていたら今度は自分の息子の番か・・・。



さて大学の寮生活を始めて、ほぼ一ヶ月になる長女の生活ぶりは

大学のキャンパスは楽しそうです。

一つ苦労している事があるとすれば食事作りです。週に何度か

5人のルームメートと一緒に食事をするらしい。そして2週間に一度ぐらい

長女の順番が回ってくるのです。一度目の食事当番の時は、

「コロッケってどう作るの?」

とレベルの高い質問をしてきた。

説明しながら、「長女一人では無理だ。」とあきらめている私がいた。

美味しいものを作ってルームメートをあっと言わせたかったのだろう。

でも長女の実力を知っている母は

「もっと簡単なものを作ったら!」と言ってしまった。

そして今日また長女から料理の質問。

「スパゲッティーの麺がくっつかないように
するにはどうするの?」


と超初歩的な質問をされた。

長女、大丈夫か~?

家にいる頃、長女が作っていた料理はスクランブルエッグ、

インスタントラーメン、ツナフィッシュサンドイッチ・・・・。

料理とは言えない様な物ばかり。

何度も、何度も料理の練習をしようと誘ったのに嫌がっていた長女、

今になって苦労をしている。


今年高校生になった長男だって家を出る日はそう遠くはない。

「料理の特訓をするからね~!」

と言うと、いやに自信ありげに

「僕は料理が得意だから心配ないよ!」だって。



一人前の大人になるには、学校の勉強だけでは不十分。

生きていく最低限の知識、一人で生きていける能力が必要です。

我が子が、それらの能力を身に付けられるように手助けするのが

私の務め。長女の経験を振り返りながら反省している母です。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


00:47 苦労話 | コメント(6) | トラックバック(0)

最後の歯の妖精

2009/09/16
長女が5才の時、初めての乳歯が抜け、それ以来、我が家では

4人の子供達の乳歯が抜けてきた。


弟や妹の歯がグラッとすると、何故かほうっておけない長女。


baby tooth 001


長男、7才にして初めての歯が抜けそうな時も長女の手が出そうです。


「私に抜かせて~!」との長女の思いが伝わってきます。


そして次男が5才の時には、まるで歯医者さんのような長女です。


baby tooth 002


グラグラしている歯を見ると黙っていられない性分なのです。

そんな長女も今では大学の寮生活、次男の最後の乳歯が抜けた

瞬間を見逃してしまいました。

アメフトの練習に出かける直前、抜けそうな歯があると不便だと

長女の助けなしに抜いてしまいました。



子供達の最後の乳歯が抜けた時は、特別なプレゼントを持って

来てくれた歯の妖精さん、今回は次男の最後の乳歯・・・。

そして我が家では歯の妖精さんの最後の訪問になります。



次男をアメフトの練習に連れて行った後、次女と長男を迎えに行く。

二人に夕食を食べさせから早めに家を出る予定でした。

次男を迎えに行く前に、店に立ち寄るつもりだったのですが

いつもはついて来ない次女が、今日は一緒に来ると言っている。

「宿題はないの?テレビでも見ていたら。」

家に残るようにすすめたのに次女の心は変わらなかった。

お店を素通りして次男のもとへ、帰りも行きたかったお店を横目に

家に帰って来ました。次女はまだ歯の妖精を信じているのです。

閉店する前に何とか店に行かなくっちゃ!


次女と次男が寝る準備を終えたころ、私はこっそり家を出た。


本が大好きな次男、本を手にとってみる。普通すぎるか~。

以前、次男が欲しがっていた大きなフットボールの貯金箱を思い出した。

今では全てのお金は銀行に預金している次男、もう貯金箱はいらないか。

お店の中はハロウィーンの商品で楽しい。

何か次男の好きな物を見つけられるかも。

フランケンシュタインのナットクラッカーを見つけた。

ナットクラッカーと言えばクリスマスなのに、ハロウィーンのは

初めて見かけた。小さい頃からナットクラッカーが好きな次男には

ぴったりなプレゼントかも。

でもこんな大きな物をもらっても、しまう所に苦労しそう。


ふわふわの熊さんのぬいぐるみなんかも手にとってみたり・・・・。

人に喜ばれるプレゼントを探すのって、本当に大変です。


最近、次男の話していた事を思い出していた。

買い物のヒントがあるかもしれない。

オ~~!、あった、あった。

新学期が始まってから、目覚まし時計事件があった。


clock 001


フランス旅行のお土産に長女が長男に買ってきた時計です。

それまで長男は20年前、夫が日本で買った古いドラえもんの

目覚まし時計を大事に使っていたのです。


clock 002
「おはようございます。僕、ドラえもんです。」
と長男に日本語も教えてくれた目覚まし時計です。



「目覚まし時計、二つも必要ないよね。

古いドラえもんの時計を次男にあげたら~!」

と言っていたのですが、お土産の時計の使い心地が悪いらしい。

使い慣れた古いドラえもんの目覚まし時計を手放したくない長男でした。



次男は目覚まし時計を欲しがっていたんだ!



clock 003

あ~、ピンボケ!

朝目覚めた次男が2階の部屋で喜びの声を上げている。

自慢げに歯の妖精のくれたプレゼントを見せてくれました。


clock 004


「ラジオも付いている時計だよ!」 

新しい時計が嬉しくて朝ごはんを食べ忘れている。


「早く食べないと学校に遅刻してしまうよ!」 



13年前からお世話になってきた歯の妖精さん(Tooth Fairy)

我が家への最後の訪問を終えました。


長い間、子供達に夢を与えてくれてありがとう!



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。
23:26 お母さんの独り言 | コメント(7) | トラックバック(0)

負傷者続出

2009/09/14
新学期がスタートして1週間、新しい先生達やクラスメート達にも

なれた様子の子供達です。何故か次女も次男も1時間目の

授業は体育の時間です。授業と授業の合間の時間はたったの5分

この短い間に生徒達は自分のロッカーに立ち寄り、次の授業に必要な

教科書やノートを取り出し、それぞれの教室に向かいます。

次男の場合、校舎のはずれにある体育館から2時間目は全く反対側の

外れにある数学の教室へ向かいます。

「毎日、遅刻しそうだよ。」と言いながら時間短縮に努力している

次男・・・自分の子供ながら真面目なんだな~と感心してしまう。



今年の秋、今の家に引越しして来て3年目。

我が家のリンゴの初収穫です。


apple 002


初めてのリンゴはまだ小ぶりですが、自分の家で果物を収穫できるなんて

この日を待ちわびていた私と子供達は大喜びです。


DSC05148.jpg


2009年のリンゴ収穫、全部で20個でした。


洋ナシの木も植えてあります。今年は全く実のなる気配は

なかったけど、いずれ梨も収穫できるといいな~!



学校が始まり私が毎年心配する事は、アメフトをしている息子達です。


football 001


長男はシーズンが始まって早々、試合中に腰を痛めてしまった。

ボールを持って走る事の多い長男はタックルの標的なのです。

アメリカの高校生、特にアメフトをしている生徒達は体が大きい。

そんな巨体に体当たりでタックルされたら細身の長男はたまりません。

今まで無事だったのが奇跡なのかも・・・・。

夏休みも返上して練習に明け暮れていた長男、悔しいだろう。

あせらず無理をせず、一日も早く腰の痛みを治してほしいです。


そして5年生、6年生のチビッ子アメフトチームに参加している次男も

名誉の負傷です。


football 002


チームの中では背が高い方の次男、ヘルメット着用して試合をしてますが

あごの部分は無防備。小柄な選手のヘルメットが長男のあごを直撃!

氷を当てていますが、相当痛そうです。


あごは腫れて青あざ、腕も足もあざだらけ。

それでもアメフトをしたい息子達の気持ちが理解できない。 


アメフトシーズン、毎年怪我人が出ます。

我が町で高校のアメフトの試合がある時は必ず救急車が待機してます。


備えあれば憂いなしですが、この救急車が使われない事を願ってます。



試合の度、選手達の安全を心から祈っている母です。





海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。
08:56 アメリカの学校 | コメント(3) | トラックバック(0)

新学期スタート2009

2009/09/10
ミネソタ州ではレイバーデー(Labor Day ・・・アメリカの祭日)の翌日

新学期が始まります。次女と次男のスクールバスの時間は7時10分

なんですが、学校初日、バスに遅れそうになって、早々走ってます。


first day of school 001


真っ赤な朝焼けの中、子供達が学校に出かけて行きました。


今年から高校生になった長男、バス停に一人だけ。

バスの中も空・・・一番最初のバス停のようです。


first day of school 002


長男は高校で初めて日本語の勉強をします。

初日を終えた長男が私に質問してきました。

「もし僕が日本で生まれていたら、どんな名前にした?」

って急に聞かれたって・・・考えた事がない。

先生が 

「日本語のクラスでは日本の名前を付けましょう。」

と生徒達に日本の名前を考えるように宿題を出したのです。


私と夫、赤ちゃんが生まれるたびに名前を決めるのに苦労しました。

私が 「こんな名前はどうお~?」と言うと、

「同じ名前で変な人を知っている。」 とか、

いい名前は夫のベスト・フレンドと同じ名前だったりして、結局選べない。


アメリカではファーストネーム、プラス、ミドルネームを付ける

習慣があるので、名づけの苦労が倍です。

長男のミドルネームを決めた時、アメリカでも日本でも通用する

名前にしようと夫と二人で考えました。

苦労したわりには長男のミドルネームは KEN  と超シンプル 

漢字を選ぶ時

夫は 剣 = SOWARD  がいいと・・・。

それを聞いた純日本的な私の亡き母は、ギョッとした事でしょう。

母の意見を受け入れ 賢い の 賢 に落ち着いたのでした。


これだけ苦労して考えたミドルネームなのに普段の生活では

全く使わないなんて残念!日本語のクラスでは KEN でいこう。


そして長男も  ソワード剣  がカッコいいと感じるらしい。




子供達のアフタースクールのスナックは食べきれないトマトを使って

ホームメードサルサです。


salsa 001


コーンチップと食べると、野菜たっぷりのサルサも、あっという間に

食べてしまいます。赤いトマトと黄色いトマトを使うと色合いも綺麗です。


夏の間、オーブンを使う機会が少ない私ですが、秋になると

子供達に嬉しい母に変身です。


muffins 001


チョコレートとレーズンがいっぱい入った欲張りなパンプキンマフィンも

焼いて子供達の帰りを待っている母です。


子供達が無事に帰ってきますように!



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。
10:08 アメリカの学校 | コメント(7) | トラックバック(0)

次男の夢の部屋

2009/09/07
夏の旅行中に次男の知られざるタレント(特技)を発見した。


街中に住んでいては、母の私でさえ気づいていませんでした。


きっと本人も知らなかっただろう。


summer vacation 2009 002


それは山登り、岩登りです。どんな急斜面でもよじ登って行く次男。

母がばててしまうような高温、40度に達していても

次男が本当に楽しんでいたのが印象的だった。


summer vacation 2009 001


11才になった次男は体力的にも逞しく見えてしまった。



そして今日、それとは全く違った次男の一面を見て微笑んでしまった。


生まれて今まで、ず~っと長男と一緒の部屋だった次男が

長女の巣立ちによって自分の部屋を得た。


長女の部屋に移動した次男は長女の大きな机や本棚を譲り受けた。

長女が使っていた古い夫のお下がりPCも今では次男の物です。

明日から新学期が始まるうちの子供達、準備が出来ているかと

様子を見に部屋にやって来ると、次男の姿がない。


bedroom 001


目に入ってきたものは、なぜか机に掛けられたブランケットです。


ブランケットからは薄っすらと明かりが漏れている。


bedroom 002


こっそりとブランケットを上げてみると、次男が机の下で本を読んでいる。


なぜわざわざ机の下に入って本をを読むのか・・・。

でもこんな次男を見ていると、体は大きくなっても心の中はまだ

11才の少年、夢と想像の世界が広がっているんだ。

机の下に秘密基地を作って、その空間を楽しんでいる次男を

見ているだけで私の顔が微笑んでしまう。



もう少しの間、今の次男のままでいて欲しいと願う母です。




明日から新学期、私と子供達の早起き生活が始まります。

目覚まし時計をしっかりセットして寝なくっちゃ!



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。

23:30 ほのぼのとする話 | コメント(6) | トラックバック(0)

黄色いトマトとウエブカメラ

2009/09/04
私達が留守中に収穫の最盛期を迎えたトマトです。

長男にトマトを収穫してもらい、「お友達家族に食べて頂いてね。」

と頼んでいたのです。

そして長男

「まだ熟していないトマトがいっぱいあるよ。」

と私に報告していました。

2週間もほったらかしていた畑へ向かう私・・・雑草の事を考えると

悪夢ですが、収穫物を考えるとウキウキします。

お友達に上げたと言っているのに、まだ山ほどなっているトマト。

実が重くなりすぎて金属の支えがあるにもかかわらず、苗自体が

地面に倒れている。

例の熟していないトマトって、↓ これのこと?


yellow tomatoes 001


黄色いトマトを植えた事を忘れていました。


食べてみると・・・普通のトマトより酸味が少な目のようです。

食べなれない私には・・・ちょっと寝ぼけたトマト味 

たくさん収穫してしまいました。

せっかくとれた黄色いトマト、無駄にはしたくない。

美味しい食べ方かあるのでしょうか?

黄色いトマトに詳しい方、教えて下さい。


そしてもう一つ、野菜の話です。

畑に出ると、ズッキーニーが枯れてしまっている。

去年、初めて挑戦してみたズッキーニーは栽培も簡単で

いっぱい収穫したんです。今年は多く収穫したら冷凍保存を

しておこうと楽しみにしていたのに・・・なぜ枯れてしまったのか?


長男に聞いてみました。

ズッキーニーを収穫する時、きゅうりのように手でもぎ取った長男。 

根こそぎプラントまで引っ張ってしまい、ズッキーニーが枯れてしまったと。

長男は去年、母が収穫する姿を見てなかったのですね。


失敗をしながらも、母と子は野菜作りを学んでいます。



さて大学の寮で生活を始めて1週間がたった長女の様子です。

第一日目、家族との別れが寂しくって泣いていた長女なのに、

今では元気いっぱい大学生活をしています。

ウエブカメラで州外に住んでいる長女と動画で話が出来ます。

本当に便利な時代になりました。

私が学生だった頃には考えられないテクノロジーの進歩です。

今のところほぼ毎日、元気に暮らしている長女の様子が伝えられてます。


遠く離れた長女なのに、私達家族としっかりつながってます。


家族が私のノートパソコンに集まり、もみ合って話している状態は

可笑しいです。我が家の新しい家族団らんの姿です。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



~ お詫び ~

いつもコメントありがとうございます。
長い間、コメントのお返事が遅れています。
少しずつお返事を書いていますので、もうしばらく待っていて下さいね。
時間を見つけ遅れを取り戻せるよう頑張ります。

11:19 家庭菜園 | コメント(5) | トラックバック(0)

長男の手作りバースデーケーキ

2009/09/02
ミネソタに引越しして来て今年で7年目、お隣のサウスダコタ州に

行った事がありませんでした。

今回の旅行の帰り初めてサウスダコタ州を横断。


DSC04861.jpg


あの有名なマウント・ラッシュモアに行って来ました。


4人の大統領の顔を山の上に彫刻してしまうなんて、凄い発想です。


Mt. Rushmore 002
1927年から1941年の14年ががりで刻んだ巨大な彫刻。
写真左からジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、
テディ・ルーズベルト、アブラハム・リンカーンと歴代の大統領です。



サウスダコタ州のラッピド・シティ (Rapid City) では当初1泊の

予定だったのに2日滞在しました。



長男が私達の帰りを待っているだろうな。


旅行をしていた間、長男とは毎日のように電話で話してました。

友達の家で寝泊りしながらも、アメフトの練習の後は自宅に

戻っていたようです。それでも仲間と時間を見つけては映画に行ったり、

ボーリングに出かけたりと楽しく過ごしていたようです。


私達が自宅に到着したのは午後の11時半。

寄り道しながら帰って来たので、すっかり遅くなってしまいました。


帰るなり長男が夫に見せたのは、長男が作ったカップケーキ

birthday cake 001


よくよく見ると、カップケーキには Happy Birthday


と書いてある。

DAY の A が無くなっている理由は夫が食べてしまいました。



私達が旅行をしている間に夫の誕生日があったんです。

旅行中でも勿論、ケーキを準備して夫の誕生日を祝ってました。

それなのに・・・・長男も父親の誕生日をお祝いしたかったんですね。


後で長男、夫の大好きなアイスクリームケーキを買おうとしたけど

自転車で買いに行くとケーキがとけてしまうので買えなかったと

話してくれた。

自由気ままに友達と楽しい時間を過ごしながらも長男は家族の事を

考えていたようです。

ケーキを焼いて家族を待っていた長男が愛おしい。



今度は私達が長男を喜ばせる番です。

お土産だよ~!


home sweet home 001


長男の大好きなどら焼き。

早速食べてます。優しい長男は母にも一つくれました。

ありがたくぺろりと食べてしまった母です。あんこ、美味しい~! 


オリエンタルマーケットで日本の美味しいグミも買ってきました。

T-シャツ、長男が大好きなゲームなど。



たった2週間の別れだったのに私達家族、話したい事、

聞きたい事がいっぱいで話がつきません。



遊んで過ごした後の生活は超忙しくなってます。

旅行中に学校のオープンハウスが終わっていたので早速、次女と次男を

連れて学校に手続きに行って来ました。



毎年のことなんですが、新学期の書類を記入して提出すると

時間割とロッカーの暗証番号がもらえます。


back to school 001


今年から6年生になる次男も鍵付のロッカーです。

次女の指導のもと、何度が鍵を開ける練習をしてきました。


次男より体は小さいけど、頼りになる次女です。

11才になったばかりの次男ですが、今年の夏休み、
急激に背が伸び次女を追い越してしまいました。
そして母をも追い越そうとしている勢いです。



小柄な次女も今年からジュニア・ハイスクールです。


DSC05062.jpg


ジュニアハイになるとロッカーのサイズも大きくなってます。

次女がますます小さく見えてしまう。



長かった夏休みも、そろそろ終わりです。


今年の夏休みは長女の大学の入学準備で気を取られていた母

残された夏休み、3人の子供達といい時間を過ごしましょう。 




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。
09:09 ほのぼのとする話 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。