10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

クリスマス・ツリーを飾る

2009/11/29
感謝祭が終わるとアメリカでは一気にクリスマスムードが高まります。

我が家でもクリスマス・ツリーを飾ってました。

最近ではクリスマス・ライトが付いた便利なツリーが売ってます。

うちでもそんなツリーがあると短時間でクリスマス・ツリーがセットアップ

できるから来年は新しいツリーを買おうねと言いながら、毎年

枝を一本一本差し込んでいく古い型のツリーを使ってます。



子供達が小さかった頃、この役割は夫だったのにミネソタに

住み始めてからは子供達が分担してツリーを飾ってくれている。

毎年、クリスマス・ライトは長女が中心になって飾り付けしていたのに

今年は長男と次男の二人で終わらせた。


christmas tree 2009 001


そんな子供達の邪魔をする者が・・・・。


christmas tree 2009 002


ルナです。大きなツリーに興奮気味なルナ。


最初は恐る恐る眺めていたツリー、じりじりと近づいて来てます。


そしてクリスマスライトを取り出すと、ひも状のライトにじゃれずには

いられない猫の性でしょうか。興奮状態のルナはクリスマス・ライトと共に

大きなジャンプ。とうとうツリーに乗っかってしまいました。


christmas tree 2009 003


下から上へ、上から下へと駆け回るルナ

最高な遊び場ができたと思っているのでしょうね。



いつもなら子供達のオーナメントで埋め尽くすツリーなのですが

今年はどうしようかと心配気味な次男です。

ルナが上ってゆらゆら揺れているツリー・・・倒れてしまうかも。


christmas tree 2009 004


日が暮れると子供達の飾ってくれたクリスマス・ツリーがキラキラしている。

ちょっと傾いている天辺のスターも味があっていい感じ!


christmas tree 2009 005


そして私はポーチに小さなツリーを飾ってました。


道行く人達へ、メリー・クリスマス!




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


スポンサーサイト
11:07 Krabs家のクリスマス | コメント(12) | トラックバック(0)

HAPPY THANKSGIVING

2009/11/25
11月も下旬、アメリカでは感謝祭の時期を迎えています。

ミネソタ州に引っ越して来てからは、夫の家族と共にオハイオ州で

感謝祭を過ごすのが恒例になっていたのですが、

今年はミネソタ州で感謝祭を過ごす事になりました。


感謝祭と言うと、

たくさんの料理を食べてお腹がいっぱいになるのですが

今年は私が頑張らなくてはいけないんだ・・・。 

結婚して19年8ヶ月、自慢じゃないけど感謝祭は親戚の家で

過ごしていた私達家族・・・今年はチャレンジの感謝祭になりそうです。



この時期になるともう一つ、我が家の恒例があります。

サンタクロースに手紙を書くので新聞に入ってきたおもちゃ屋さんの

チラシやカタログをチェックしています。

普段の生活ではお店に行く機会があまりないうちの子供達は

最新の情報に疎いのです。

christmas wish 001


年に2回、自分の誕生日とクリスマスの時にプレゼントを買ってもらえる

子供達にとって、この時がチャンスとばかり真剣です。


そんな子供達に母は提案がありました。

毎年、ミネソタではテレビを通して恵まれない子供達の為におもちゃの

寄付を呼びかけます。学校や銀行など多くの場所が窓口になって

おもちゃを集めます。うちの子供達も毎年、参加してました。

他の団体でも低所得者の人達が少しでも楽しいクリスマスを

過ごせるようにと活動をしています。

今までは親の考えで参加してました。

今年は子供達の意思で行動してほしい。


子供達一人一人と話して了解してもらいました。

我が家の子供達はサンタさんからの特別なプレゼントの他に、

親からもいくつかプレゼンがもらえます。

自分のプレゼントを一つ減らして、その分、見ず知らずの子供の為に

プレゼントを考え買う事。


末っ子の次男も快く同意してくれました。


次男がプレゼントするのは9才の読書が大好きな男の子。

次男も読書が大好きだから、きっといい本を選んで上げられるね。

次女は5才の女の子の為に楽しいおもちゃを買うそうです。

長男の目を引いた7才の男の子・・・おもちゃでなく洋服が欲しいと。

洋服が欲しいと言う子供を放っておけない母の影響があったかも・・・。


そしてもう一人、長女の為に母が選びました。

他にも大勢の願い事が書かれてあったのですが、

”帽子と手袋、セーターが欲しい。”(7才の女の子)

これを目にしたら胸がキュンとしてしまった。

こんな寒いミネソタに住んでいて、帽子や手袋がないなんて・・・。

あったかい帽子と手袋、セーターを見つけてあげよう。


子供達に、

「自分のプレゼントを他の子供に上げてくれて、ありがとう。」

と言うと

「欲しい物はあまりないから、いいよ。」

と言ってくれた。


子供達、心からありがとう!


我が家のクリスマスを少しだけ他の子供達と分かち合えたらいいね。





そしてみなさんへ


turkey clipart
      HAPPY THANKSGIVING !  





海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。




19:55 Krabs家のクリスマス | コメント(8) | トラックバック(0)

次男と子猫のルナ

2009/11/20
今年は12月を前に子供達のコンサートシーズンを迎えました。

例年、我が町では12月になると小学校から高校までの吹奏学部と

合唱部のウインター・コンサートでスケジュールがうまってます。

まずは次男達6年生の吹奏楽部のコンサートに行って来ました。


band concert 001


トランペットの次男は全ての生徒達がステージに上がってくると

見えなくなってしまうので、演奏が始まる前に写真を写しておこうっと。

5年生で始めた吹奏楽部のメンバー達ですが、たった1年で驚くほど

上達している。練習の成果が出ていました。

将来が楽しみな小さな音楽家達です。



我が家の新入りルナの面白い行動を発見。


luna 011


家事の合間にふと見てみると、ソファの上に座っている事が多いルナ。

何かジ~ッと見つめている。

その視線の先には・・・・。

次男の金魚、ジョーボブとアンクル・リッチ(Uncle Rich)が泳いでいる。


luna 012


ただ見ているだけではなく、金魚を捕まえようと狙っているのです。


luna 013


今にも飛び掛りそう。

本能でしょうか。野生の血が騒ぐルナです。


金魚を食べられては大変!

可愛いルナの為にもキャットフードを食料貯蔵しなくっちゃ。


cat food 001


36缶入りの箱、3つまで買えるクーポンをゲットした母はうきうきです。

14ドル以上の節約です。

クーポンのおかげで一缶33セント、日本円だと30円弱。

クーポン万歳! 



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。
00:53 猫の話 | コメント(6) | トラックバック(0)

柿が美味しい季節

2009/11/14
ルナが我が家にやって来て1ヶ月と2日がたちました。

日中、子供達が学校に行っている間は私の周りをウロウロしてます。

今日なんて私が写真を写そうとカメラを構えた時です。


luna 010


なんと突然、現れたルナの頭・・・・。

最近、めっきりジャッンプ力を上げた子猫です。


kaki 002


テーブルから何度下ろしても登場するルナ。


じゃあルナも写してあげましょう。


kaki 003


偶然、立ち寄ったベトナム人経営のマーケットで柿を見つけました。

秋と言えば絶対、柿を思い浮かべる私にとっては最高に嬉しい!

この喜びをブログに書こうと柿の撮影会をしていたのですが、

ルナの撮影会になってしまいました。


kaki 001


たった1枚の柿の写真を写すのにルナに邪魔されてしまいましたが

それでも可愛い。

すっかりペットには甘い母になってます。


我が家に来てくれてありがとう。


ルナからいっぱい愛をもらってます。



そうそう肝心な柿ですが、カリフォルニア産の柿、美味しかったです。

子供達と一緒に食べたのですが、食べなれない食感なのか

一口だけでいいって。

うちの子供達、柿の美味しさが分からない・・・。



子供達が食べない分、私の口に入るのだから柿嫌いでもいいか~。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



23:58 猫の話 | コメント(5) | トラックバック(0)

クリスマス・ライト準備中

2009/11/11
先週、友達が亡くなった。

4人のお嬢さんのお母さん。

上の3人のお嬢さん達は結婚されている。

末っ子のお嬢さんはうちの長女より3才年上の大学生です。

仕事上、留守がちなご主人を助けて州外に住んでいたお嬢さん達が

交代でお母さんの世話をするためにミネソタに帰って来てました。

脳腫瘍の手術後、アメリカではあまり見かけた事のない自宅での介護を

家族みんなで助け合いしていました。


私も母を50代で亡くした。

友達の死と心に引っかかっていた母の死。

私の心の中で重なり合い、沈んだ気持ちで過ごしてました。



子供をいつものように学校に送って行った帰りに見た朝日。


sunrise 002


まぶしい。


今日も新しい一日が始まるんだ。


私の心も久々に晴れになりそうです。



寒かった10月に引き換え11月は暖かい日が続いているミネソタです。

学校から帰ってきた次男が屋根の上、中腰で慎重に歩いてる。


christmas light 001


クリスマス・ライトを飾る為、屋根に上がってくれたのです。


christmas light 002


次男が手伝ってくれた部分のライトアップ大成功!


こんな次男を見るとつくづく、大きくなったな・・・と思ってしまう。



次男、お手伝いありがとう!






海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



10:04 お母さんの独り言 | コメント(5) | トラックバック(0)

ハロウィーン 2009

2009/11/02
  
みんさんのハロウィーンはいかがでしたか?


毎年ハロウィーンになると盛り上がる4人の子供達と母ですが

今年はちょっと違ってました。長女がいない初めてのハロウィーン・・・。

大好きなハロウィーンなのに少し寂しい。


すると次女が

「私がいるじゃない!」

と母を元気付けてくれた。

日中から次女はこんな姿で一緒にショッピングに付き合ってくれました。


halloween 2009 004


このカツラは次女のお気に入りなんです。

何故かブルーのカツラがよく似合っている次女です。

そんな次女、今年は妖精になりました。


halloween 2009 005


顔や衣装にGlitter をつけてキラキラしています。

親バカ発言ですが可愛い妖精です。


さて私がガッカリしていた原因その1は次男でした。


「今年はTrick or Treating に行かない!」と突然の爆弾発言。


11才になった次男、言葉には出して言わなかったけど

体が大きくなった事を気にしているのかも・・・。

「長女は13才まで Trick or Treating に出かけていたじゃない。」

と私が言っても次男の決意は固くって結局、次女が一人で

出かける事になった。まずはお隣さんへ・・・そしてお向かいさんのお宅へ。


次女が元気ない。

「一人でドアをノックして”Trick or Treat ”と言うのが寂しい。」


次女は友達グループに誘われていたのに、それを断り次男と出かける

予定だったんです。いままでいつも家族で過ごしていたハロウィーン

次女の思いが嬉しい母でした。


今年が子供達の最後のハロウィーンかもと、考えていたので

末っ子の次男が出かけないなんて言うと余計悲しい。

「一人では楽しくない!」と次女が家に戻って来た。

次女の事を考えると、母は次男にお願いせずにはいられない。

「ジャケットを着たらコスチュームは見えないのだから帽子だけかぶって

次女と一緒にTrick or Treating に行ってちょうだい!」

と言うと

次男が重い腰を上げてくれた。


halloween 2009 006


本当に帽子だけの次男です。

赤いシャツとオーバーオールも準備したのに・・・。

mario.jpg 次男はマリオになる予定だったのです。

もしかしたらマリオのコスチュームが嫌だったのかな?


次女と次男とそして母、3人でご近所を回ったのです。


嫌がっていた次男もやっぱり楽しそう。一緒に来て良かったね!



道を歩いていると、いつものハロウィーンと違うと気が付いた私達。

例年だと多くの子供達や保護者でにぎわっているはずなのに

人出が少ない。コスチュームをつけた犬も今年は見かけない。


やっぱりこの辺はカソリックの人達が多いのかな・・・。

バチカンの法王がハロウィーンは反クリスチャンな行事なので

子供達を参加させないようにとメッセージを送ったと聞きました。

私達も2丁ぐらい歩いたけど、ガラーンとした様子があまりにも寂しくて

Trick or Treating も早々と引き上げ帰って来ました。

うちでもたくさんのキャンディーを準備していたのに30人ぐらいの

子供しか来なかったと夫が言っていた。


確かハロウィーンの起源は2000年前だとか。

ハロウィーンの成り立ちはキリスト教と密接な関係があるはずなのに。

法王は悪魔や幽霊の行事と言いますが、うちの子供達は毎年

可愛いコスチュームを考え、楽しいハロウィーンを過ごしてきました。

いい思い出がいっぱいです。


古くから続いてきたハロウィーンが忘れられていくのだろうか。



新しい技術の発展で住みやすくなるはずの世の中なのに

何故か将来の子供達の事を考えると、

これでいいのかな~と、ついついため息が出てしまう母です。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。







12:03 Krabs家のハロウィーン | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。