10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

長男の腰痛と長女の大学生活

2009/09/24
15才の長男、4年生の時から始めたアメリカンフットボール、

シーズンオフの筋トレや夏休み中の練習が効果を上げてか

今年のシーズンは好調な滑り出しだったのに、2週間前の試合で

腰を負傷してしまった。打撲や筋肉痛は当たり前のスポーツ、

今回も冷やしたり暖めたりと腰の手当てをしていたのに一向によくなる

気配がなかった。念の為にと医者に連れて行った。レントゲンに加えて

ボーン・スキャンの検査を受ける事になった。


そして検査の結果が今日出ました。

長男の腰の骨にヒビが入っていた。

新しいヒビだったら3ヶ月程で治療できるらしい。

もし古傷だったら、どんな治療でどのぐらいの日がかかるのだろうか。

長男、去年だって打撲したりして腰に痛みがあったんです。

来週、詳しい検査をまた受ける事になってます。

今年はもう練習もできないし試合にも出場できなくなった長男です。


先週は友達の子供がアメフトの練習中に鎖骨を折ったばかりだった。

気の毒と思っていたら今度は自分の息子の番か・・・。



さて大学の寮生活を始めて、ほぼ一ヶ月になる長女の生活ぶりは

大学のキャンパスは楽しそうです。

一つ苦労している事があるとすれば食事作りです。週に何度か

5人のルームメートと一緒に食事をするらしい。そして2週間に一度ぐらい

長女の順番が回ってくるのです。一度目の食事当番の時は、

「コロッケってどう作るの?」

とレベルの高い質問をしてきた。

説明しながら、「長女一人では無理だ。」とあきらめている私がいた。

美味しいものを作ってルームメートをあっと言わせたかったのだろう。

でも長女の実力を知っている母は

「もっと簡単なものを作ったら!」と言ってしまった。

そして今日また長女から料理の質問。

「スパゲッティーの麺がくっつかないように
するにはどうするの?」


と超初歩的な質問をされた。

長女、大丈夫か~?

家にいる頃、長女が作っていた料理はスクランブルエッグ、

インスタントラーメン、ツナフィッシュサンドイッチ・・・・。

料理とは言えない様な物ばかり。

何度も、何度も料理の練習をしようと誘ったのに嫌がっていた長女、

今になって苦労をしている。


今年高校生になった長男だって家を出る日はそう遠くはない。

「料理の特訓をするからね~!」

と言うと、いやに自信ありげに

「僕は料理が得意だから心配ないよ!」だって。



一人前の大人になるには、学校の勉強だけでは不十分。

生きていく最低限の知識、一人で生きていける能力が必要です。

我が子が、それらの能力を身に付けられるように手助けするのが

私の務め。長女の経験を振り返りながら反省している母です。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


00:47 苦労話 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
骨にヒビ、それも腰ですか!?
これは大事に治さないと、年を取るごとに影響しそうですね。
お大事に。

スパゲッティーですが、塩を入れるって常識だったでしょう?
それが随分前、日本のテレビを見てて目からうろこ!
大匙1杯の牛乳を入れると、麺の表面に膜が出来るような状態になり、麺がくっつかないばかりか、お鍋にもつかないんですって。
我が家ではそれ以来牛乳です。
味にも影響が全然出なくていいですよ。
是非お試し下さい。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
骨にヒビ....心配ですね。
それより試合に出れない事の方が辛いですね。
家の息子は今の所大丈夫ですが、腕が痛い、足が痛いと言われるたびビクビクしてます。
なんせ私も旦那も息子の試合を楽しみにしてるもんで...
長女ちゃんルームメイト5人とは楽しそうですね。
家の娘は今は家から通ってますが来年はユニバーシティーに移る予定なので、ルームメイト生活が始まりそうです...
母親としてはこのまま家に居てもらった方が安心なんですが...可愛い子には旅をさせろですよね...自分に言い聞かせてます。
長男さんの骨、うまく早く治りますように。

長女さん、頑張っているんですね。
買い物と料理は、生きていくための「勉強」ですよね。
少しずつ、やらせてみます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NoTitle
長男君、心配です。
本人も悔しい思いをしているでしょうね。

お料理…
私も長女さんと同じく家の長女も料理に全く興味がなく教えてませんでした。
今、アメリカで祖父母の家にいますが、日本食が恋しくてたまらない様子(元々超和食党なんです。)
今アメリカでも日本食の食材が手に入るから教えておくんだったとつくづく後悔です。
誕生日に祖父母にライスクッカーは買ってもらったらしいですけどね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。