07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

反省した一日

2007/04/01
もう一年前にもなるだろうか・・・・

車を運転してる時にラジオで聞いた話です。

思い出すだけで胸が詰まるのですが今日テレビを見ていて

思い出してしまった。



この母親は再婚していた。

その再婚した男っていうのが悪い奴で子供達を虐待していた。

この女の子は6才・・・満足に食事も与えられずいつもお腹が空いていた。

同じ年の子供達と比べると体は小さい。

体にあざが絶えなかった。

この日は学校を休んでいた。

お腹が空いて冷蔵庫からヨーグルトを取って食べた。

後でこの義理父に見つかりお仕置きを受ける。

体を何度も何度も殴られた後、冷たいお風呂の水に顔を

押し付けられ息が絶えた。




勿論、私は子供に手を上げたりしない。


このテレビの番組で話していた人はこう言った。

『言葉で子供を虐待』している親が大勢いる・・・と。

「バカ、のろま、怠け者、頭が悪い、デブ、・・・・」

あげれば山ほどあるに違いない。

このような否定的な言葉が子供達の心を踏みにじっている。

成長していく伸びやかな心を萎縮させる。

言葉で子供達の心の虐待をしていませんか?


私も思い当たる。

子供達がのろのろしてる時の私の口癖は 

『遅い!』
 (←日本語で) ときつく言ってる。

『のろま』と言う言葉は使って無くても意味が同じ・・・・・・反省ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

子供達、日本語は分からなくても私の口調で意味を把握してるだろうƒ}ƒW‚Å‚·‚©


私は自分の言葉が鋭い刃物にならないように

気をつけようと反省した一日でした。


children
  ↑    ↑  ↑      ↑
私が心から愛する子供たちです。

子供達はアッという間に大きくなってしまう。

私は今の時間を大切にしたい。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!
22:10 お母さんの独り言 | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
今の世の中、日本でも虐待、及び虐待死させる親が
多くなってますよね。悲しい事です。
うちの子供達は何度も同じ注意を受けたら部屋の
コーナーでタイムアウト。それでもダメな時、または
兄妹で喧嘩をした場合、どちらかが叩いたり蹴ったり
した場合はお尻ペンペンです。
言葉の暴力は小さな心にどれだけの傷を与える事か。
うちは実家が商売をしてるので『あっちへ行ってろ』
とか『邪魔だ』って言われる度に悲しい気持ちになりました。
忙しくてそんな言葉を吐いた母の気持ち、その時は
理解出来ませんでしたから。
だからこそ自分に子供が出来たら、時間を一緒に
過ごしたいと思ってたんですが、多分子供達を傷つける
言葉を、自分でも気づかないまま吐いてるんだろうな、
と読んで思いました。
これから気をつけなくちゃ。
日本でも「虐待死」多くなってきました。
義父母だけじゃなく実父母までもが・・・。
考えられないような理由でしつけとゆう名前だけの虐待。残念な出来事です。
言葉で虐待とは、言葉でのイジメにもなりますよね。
難しい問題ですね。
私も『自分の言葉が鋭い刃物』にならないように
気を付けていきたいと思います。
応援ポチポチです☆
虐待・・・この問題はニュースなどを見ていても
考えさせられる問題ですよね。言葉の虐待言葉の暴力・・・心が痛みますね。子供たちの間でも
平気で・・・死ねとか身体的な事を悪口を言ったり
してますし・・・親も気持ちいい言葉遣いをして子供と接しないとダメだと思います。
子供たちへの言葉の虐待・・・気をつけないといけないなっと感じました!ウチも子供たちがノロノロしてると言ってますね~。遅いことは誰でもできるぞ~早く正確に動こう!って(苦笑)
虐待・・・心が痛みます。素敵な笑顔の子供たちに応援ポチポチ!
これは....胸をうつ、すばらしい記事ですわ。
僕ね、ブログを通じて伝えたい事があるって言ってたでしょ?
こういうことなんです。
なんで、こんなにかわいい我が子に手なんか出すんだって。
最近はホント、暗いニュース、多いですよね。
同じ、親として考えられない事が毎日のようにどこかでおこってます。
なんとか、ならないのか。
僕は、記事を書くとき、いつも思ってます。
ホント、すばらしい記事でした。
お友達でよかった(^_^)
応援ぽち
虐待 本当に多いですね。むか~し仕事をしていた時にもありました。児童相談所の職員の方から聞いた話は 相当な物ばかり。そういった虐待ではなくても、「遅い!」「何やってるの!」等々。自分の言葉で子供を傷つけていますね。
深く反省。いい記事をありがとう。
reeさんへ
私も自分では子供を傷つけるつもりが無くても
気がついたらキツイ言葉を発していた事に気づかされました。
これからは気をつけていきたいです。
一度発した言葉は元に戻すことが出来ないのですから・・・・。
ひよっこままさんへ
義理の父母だけじゃなくて実の父母もですか・・・・。
日本でもそんな悲しいニュースがありますか。
心が痛くなります。
全ての子供達が安心して暮らせる世の中になって欲しいです。
ポチありがどうございます。
仁愛さんへ
子供達は言葉使いを大人・・・親から学んでキツイ言葉を
友達の間で、ぶつけ合っているのかもしれませんね。
親は発する言葉に責任を持って欲しいです。
そして子供達のいい模範になるべきですよね。
『死ね!』ですか・・・本当にキツイ。
心がズタズタになります。
応援のポチありがとうございます。
m.まーくんへ
暗い悲しいニュースを聞くたびに私もいつも
何とかできなかったの?
誰か助けて上げられなかったの?
特に小さい子供達が犠牲になった時などは
本当に心が痛くなります。
このヨーグルトの話も未だに心のしこりになってます。
全ての大人に考えてもらいたい問題だと思います。
こちらこそお知り合いになれてよかったです。
ポチありがそうございます。
なっちのままさんへ
そうなんです。
ニュースになるような大きな虐待じゃなくても
ごく普通の家庭で起こる小さな言葉の虐待・・・
親達は気づかづに繰り返しているでしょうね。
私もその親の一人です。
自分の言葉に責任の持てる親になりたいです。
子供達の心を守ってあげられるように・・・・。
本当にニュースを見ているとなんでこんな事が起こるのかと考えさせられてしまいます。私もつい子供にひどいこと言ったりして反省させられることが多々あります。昨日テレビを見ているとある人が天使のように子供達に話すということについてお話をしていて本当にそんな風にいつも子供達にはなせたらどんなにすばらしい世界が築けるかなと思ったりしました。努力はしていますがなかなか。毎日気をつけて進歩するのみですね。お互いがんばりましょう。
MAXさんへ
私も毎日子供達が寝てから反省ばかりしてます。
幾つか心に残ったお話がありましたが
この『言葉の虐待』についてのお話が一番ハッと
してしまいました。
ホントに天使のように子供達に話しかけられたら
いいですが・・・。
努力あるのみですね。
コメントありがとうございましたv-410
私も言っちゃいます ^^;
私も「早くしなさぁーい!」って毎日言ってます。^^;

日本でも幼児虐待が多くなってきていますね。
まぁ、私も子供の頃、竹の定規で叩かれたことがありますけど。みみず腫れができました。^^;

そんな幼少を過ごしたせいもあり、私は極力子供には手を上げない、もし上げてしまっても、その後は抱きしめて、「叩いてごめんね。痛かったでしょ?」って、仲直りしてました。

子供は宝ですね!子供のことなら、何で分かってやれる母親を目指したいです♪^^/
kaorukoさんへ
kaorukoさんの

「叩いてごめんね。痛かったでしょ?」

を読んで、いいお母さん・・・って思いました。
お母さんも人間・・・時には間違いもするけど
その時に「ごめんね!」の言える大人がいいですね。
娘っちさんにお母さんの愛、必ず伝わってると思います。

ホント『子供は宝』
私は子供達の純粋さに癒されてます。
子供達はアッという間に大きくなってしまう。
私は今の時間を大切にしたい。


こんな宝石のように光ることばが、無造作に散在する、KrabsさんのBlog・・・訪ねていると、歌ができそうです

今回の写真もかわいくて、素敵ですね~ ^^

僕も、knife-like words 使わないよう、気をつけます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
DJ JAKKさんへ
すごい照れてしまいます。
難しい日本語は忘れているので結構、苦労しながら
書いているんですよ。
小学生程度のレベルかも・・・・。
でも素直な気持ちを伝えるのに必要な言葉って、
簡単な言葉の方がまっすぐに伝わりやすいのかもしませんね。
私も言葉を大切に使いたいと思ってます。
いつもコメントかりがとうございます。
はじめまして。ランキングから来ました。
4才と1才の母で、NY在住です。
私も彼女の事、覚えてます。名前も顔もきっと忘れられないと思います。
月に1度と言っても過言ではないほど、NYでは虐待死のニュースを聞きますが、このニュースの悲惨さ
はじめまして。
↑ENTER押してしまいました。
はじめまして。ランキングから来ました。
4才と1才の母で、NY在住です。
私も彼女の事、覚えてます。名前も顔もきっと忘れられないと思います。
月に1度と言っても過言ではないほど、NYでは虐待死のニュースを聞きますが、このニュースの悲惨さには言葉もありません。
義父から毎日のように「Do you really want to live like this?」と言われながら虐待を受けていたとか。
その前に2度もチャイルドサービスに連絡もあったのに、もっと踏み込んで行れば、防げたのではないかと思うと残念でなりません。お仕置き部屋みたいなのもあった様ですし。
私も、朝の忙しい時などは、ついつい怒鳴ってしまったり・・・その後は謝るようにしてますが。言葉の虐待、気を付けたいですね。
マドレさんへ
私はラジオのトークショーで聞きました。
だからあまり細かい事は知らないんです。
このお話には書きませんでしたが
私が一番心にうたれたのは、
この女の子がとても友達に優しかった事です。
自分もお腹が空いているのに給食の時間、
友達の好きな食べ物が出て、
『もっと食べたいな~!』と言ったら
この女の子がそれを『食べて・・・』と言って
友達にあげたと言うのです。
こんな純粋な子供に危害を加える大人は許せないです!
二度と同じ被害が起こらない事を強く願っています!
子供達の保護に携わっている人達は、
子供達の命を守る為に真剣に取り組んで欲しいです。
コメントありがとうございました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。