09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

子供達の畑仕事

2007/06/28
スノーピー(Snow Pea)の収穫です。

実がなってると気がつきませんでした。

今日、草むしりに畑に出て行って見つけたものです。



最近、雨が降っていて、草むしりをしてませんでした。

garden2

雑草の大きくなるのは早いですね。畑中を覆っていました。

garden1

子供達はそれぞれに畑の担当があり、自分の場所の手入れをします。



小さなトマトの実がなっています。赤くなるのが楽しみです。

私は取り立てのトマトの香りが大好きなんです。

我が家では家庭菜園を通して、家族の助け合いを学んでいます。

みんなで作る畑です。




草むしりをしてる子供の写真を見ていて思った事・・・。

知らない人がこれを見たら、強制児童労働?

東南アジアあたりでは、児童労働がひどいってテレビのドキュメンタリー

番組で見たのを思い出しました。子供が稼いだお金を家計に入れる。

親達はそのお金を当てにしている。

そんな話を聞くたびに、

親は、親は何をしてるんだ!

って心の中で叫んでいます!

実際はテレビに向かって大声で叫んでいました!

同じ子供なのに生まれてくる国によって、こんなにも待遇が違うんです。

子供達は親を選べない!だから親には親の自覚を持って欲しい!

親には子供を養う義務があることを忘れないで欲しい!

世界中の子供達が安全に幸せに暮らせる世の中は、

何時になったら来るのかな?


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!


22:59 家庭菜園 | コメント(23) | トラックバック(0)
コメント
どんどん野菜を収穫できるようになって
楽しみですね♪

生まれてくる国によって随分違いますよね。
食べ物が食べられなくて餓死していく子。
予防接種を受けれなくて病気になる子。
犯罪を犯してまでしないと生活できない子。
戦争の犠牲になる子。
世界中の子供が不自由なく安心して暮らせる日が待ち遠しいです。

ポチ☆
我が家でも野菜達が成長していますよ~!水やりは子供と一緒にやったりします! 子供と一緒に育てるのってめちゃ楽しいし、勉強になるし、おいしいし最高ですよね~! でも、産まれた国が違うだけでこんなに差があるっていうのはつらい現状ですよね。    ごく普通でいいから、みんなが穏やかに暮らせる日がきてほしいです。

ポチっと☆
あ~、うちもね、トマトをしようかって考えてます(^_^)
娘と嫁と一緒に、育てたいなぁ(^_^)

生まれた国がどうであれ、親が子を守るっていうスタンスは同じですよね(^_^)
でも、それがどうしてもできないってところもある。
僕自身もそれがすごく歯がゆいですね(^_^;)
応援ぽち2
ひよっこままさんへ
畑に行くのが楽しみです。
いつも何か収穫が出来るようになってます。
世界中に恵まれない子供達がたくさんいます。
食べる物もない子供もいるんですよね。その事実を見る時に
ホントに辛い気持ちになります。
子供を傷つけない大人になりたいです。
応援ありがとうございます。
ピンクドルフィンさんへ
ピンクドルフィンさんがおっしゃるように、普通でいいから、
みんな穏やかに暮らせるのが一番です。
こんなささやかな望みもかなえるのが難しいなんて・・・。
大人、一人一人が自覚したら出来そうですよね。
「子は宝」・・・子供を大切にしない国には
将来の繁栄は無いと思います。
美味しい野菜が早く食べられるといいですね!
応援ありがとうございます。
m.まーくんへ
日本のお母さんのイメージは、
「自分の身をすり減らしても子供を守る!」
これって古いんですか?
私はいつもそんな母親になりたいと思ってます。
応援ありがとうございます。
うわぁ~!!
着々と収穫されてますねぇ!!!
トマト、家庭菜園のは完熟してから収穫すると
本当に甘みが濃厚で美味しいんですよね!
お子さんたちも、
擬似育児って感じですかね。
得がたい経験をしていらっしゃるように思います。
収穫
したての野菜は美味しいですよね~
ましてや、自分で作ったのなら格別!?
それにしても、よく働くお子さん達ですね。
日本の子供は大抵何もしなくても
お小遣いがもらえる。。。
それをミネソタの人と話していたら、
うちの子に「お手伝いをしなきゃだめよ」
と言われたことがありました。
実はお手伝いをさせるほうも、それなりに
考えたりしなくてはならなくて、
自分でした方が楽!って思ってしまいます。
きちんとお手伝いをさせてるMrs. Krabs さんは
本当に良いお母さんですね。
素敵~。
これは、"強制児童労働"ではなく、"教育"!ですよ~。^_^; 土の温もり、汗水流して栽培した物を収穫する喜び、糧が与えられる喜び、そして協力し助け合う心..
全て"学び"ですよね!? Mrs. Krabsさんのお子さん達がこんなにも優しく、素直なのは、お母さんの愛に包まれてるからですよね。
児童虐待に売春.. 子供に関する事件は後を絶ちません。本当に悲しい世の中です。だからこそ!親が体を張って、子供達を守らなければならない。私もそんな母、大人になりたいです。いや、年齢だけはもぉ大人なんですけどね。^_^; もっと心と頭を磨かなきゃなぁ。

いつも「素敵だなぁ~。」と思いながら拝見させていただいてますが、この間、Mrs. Krabsさんの夢を見ました。Mrs. Krabsさんとreeさん、そしてブログに時々いらしてくださるもう一人の方が、私の担任の先生なんです。(3人も!^_^;) それで、家庭訪問で我が家にやって来る!という内容でした。何故なら、Mrs. Krabsさんのブログでは、学ぶ事がいっぱいだからなんだと思います。子供との接し方は、本当に尊敬しています。 ポチポチ♪
ルーシーさんへ
マーケットで買うトマトとは全く違いますよね。
トマトだけは毎年植えていたんです。
そろそろ青い実がいっぱいなっています。
子供達も大きくなった時に、自分で家庭菜園が
出来るようになって欲しいです。
食べ物を感謝して食べられると思います。
kayoko-mnさんへ
長男は今のところ一番働き者です。
スカウトに行くキャンプのお金を貯める為に
庭の芝刈りを手伝っています。子供達に
体を動かす事を教えています。
特に夏休みの間は、何もしないでいたら
一日ダラダラ過ごしてしまいます。
私だって自でした方が早いと思う事もありますよ。
でも夏休みの間は時間の余裕があるので、
子供達に色々な経験をさせています。
「黙って座っていてはお金は入って来ない」と言うことです。
jumeeさんへ
家庭菜園には利点がたくさんあります。
まずは美味しい野菜が食べられる。
子供の生物の実験になってる。
野菜の成長が自分の目で確かめられる。
子供に労働する機会が与えられる。
家族みんなで助け合いが出来る。
収穫の喜びを味わえる。達成感がいいですよ。
ざっとあげてもいい事ばかりでしょう!
子供達が土に触れて成長するのって大切な気がします。
jumeeさんに夢でお会い出来るなんて光栄ですよ。
私もそろそろreeさんが懐かしくなってます。
ブログでしか接点がないのに、たくさんの人達と
心が通じ合っているように感じてます。
こうしてまたjumeeさんとブログでお話できて嬉しいです。
応援ありがとうございます。
家庭菜園いいですね~~。
ウチ 今年はしてないんですよね。
去年はしたんですが トマトを楽しみにしてたんですがウマクできませんでした。少しだけできただけでしたね~。なにかが悪かったんでしょうね。
国によっていろんな事情があるんでしょうね~
正直・・・あんまりピンとこない自分がいてるんです。ほんとにダメだな~っと思います。
実際自分の目で見て感じでみたいな~って思います。一般的になにが幸せなのかわからないですが。せめていろんな事情を抱えた国でも子供たちが笑顔で暮らせる環境であればいいですよね。応援ポチポチ♪
種類が豊富で立派な菜園ですね。
さやえんどう美味しそうですっ
うちはマンションだからこじんまりしてます。
子供にも野菜を育てさせることは教育上すごくいいし、いい勉強にもなると思います。親のエゴの犠牲になるのはよくないし。甘やかせ過ぎるのも駄目ですよね。子育てむずかしいです 。
(ノ*>□<)ノ{応援していますっポチポチっと~凸〕
はじめまして
二児の娘の母です
 確かに国によって待遇は違いますよね。
でも それは一概に 何とも言えないのが現実だと思います。
その親も 子供の頃は そうだったんだろうし。

いかに 自分たちが恵まれているか・・
娘たちと話すことがあります。
何事も「当たり前」ではないということを・・
感謝を忘れないこと・・

簡単なようで 難しいです

また のぞかせて頂きますね
 
生きていくということは、とても大変なことだと思います。
ここでは小さな子まで家事労働に出されたり、物乞いを親と一緒にしていたり・・・
中には真面目に働くより割がいいというだけで物乞いしている人もいますが、実際にまともな仕事がみつからない親たち・・・がたくさんいます。
上を見てはキリがありませんが、下を見てもまた同じくキリがありません。
今の平穏な生活を感謝したいと思います。
仁愛さんへ
子供が安全に暮らせる環境がいいです。
オトンが言ってるように子供達が笑顔で生活
出来るのが一番だと思います。
トマトどうしたのでしょうね。私は水をあげて雑草をとるだけ!
手抜きでもトマトは毎年収穫できたます。
オトンも、またトマト作ってみて下さい!
応援ありがとうございます。
美肌コスメさんへ
子育て難しいですよね。
私も少しずつ、親として成長してます。
子供と共に学んでいます。
子供の為にと始めた野菜作り、私も楽しくなっています。
応援ありがとうございます。
ままさんへ
はじめまして!
何事も「当たり前」ではない・・・。
感謝を忘れないこと!
それをシッカリ子供達に伝えているままさんは
素敵なお母さんですね。
今日は訪問&コメントありがとうございました。
また遊びに来てください!
お気楽ママさんへ
お気楽ママさんの住んでる国には色々な経済状態の
人達が住んでいるんですね。
ミネソタに引っ越して来てからは物乞いを
された事が無いですが、カリフォルニアに住んでいた時には、
様々な年齢層の人達に物乞いされました。
いつも小銭をポケットに入れて歩いていた事を思い出しました。
えらい!
えらいですね♪娘につめの垢を煎じて飲ませてやりたい!子供たちにぽちぽちぽち☆

畑!毎日楽しみですね♪

・・・そう言えば、前に住んでいたところで、鳥の糞から芽が出て、マスクメロンとプチトマトが出来ました!メロンは甘くなかったけど、トマトはヒヒ孫まで育てて毎日楽しく食べてました♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
kaorukoさんへ
鳥の糞から芽が出たなんて凄いですね。
うちの畑も鳥の被害にあってると思います。
イチゴとかベリーは鳥も好きなんですよね。
私達の口に入る前に無くなってます。
せめて糞から芽が出てくれれば、許せるのですが・・・。
そのマスクメロン、プチトマト、kaorukoさんの
お宅に元々あった物じゃ無いんですよね。
何も無いところに突然生えてきたんですか?
植物の生息力の力を感じますね。
バリは太陽サンサン、果物が美味しそうです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。