09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

救急処置

2007/08/28
色々な職業が存在する中で、私がどんなに頑張っても出来ない仕事が

あります。そして、それを職業にしてる人達を心から尊敬してます。

医療に関わっている人達です。私は血が苦手・・・

そんな私が子供が小さい時、擦り傷、かすり傷、どんな事でも子供の為に

頑張っていました。長女が7才の頃、友達の家で長女の指が塀のドアの

金具に挟まれ、怪我をした時も、そこのお母さんは血が怖いって

怪我をした長女をそのままにしていました。

10分後、私が車で駆けつけた時、長女はキッチンタオルを持って

立っていた。私は傷口を確かめ、包帯できつく巻きつけ止血をしてから

痛み止めのクスリを飲ませて緊急病院に向かった。

小さな中指に7針ぬう怪我でした。

嫌だ、苦手だと言っても我が子の為なら、頑張る。

母は強し!愛は偉大です。

そんな我が家には救急処置をする資格を持った者がいる。

長女はライフガードの資格を取得した時の必須で訓練を受けている。

長男はボーイスカウトで救急処置の過程を終了した。


今日、次男が工作をしていてハサミで手を切ってしまった。

血がドクドクと流れてきたので、本人もパニック気味で

「血が止まらないー!

どんどん流れてくるーー!」


と泣き声交じりでキッチンに来た。


私は次男の言葉に動揺していて、傷口を見てない。

ペーパータオルで傷口をきつく抑えていると長女、長男が来た。



次男はよっぽど怖かったらしく、顔中に冷や汗をかいていた。

ソファに横にして落ち着かせる。後は長女にお任せ!

次男は長女のアシスタントで役に立ってました。

買ってから初めて開けた救急箱です。



初めて中を見て驚いてる長男。

長男曰く、大学病院とかでは、実際に治療をするのはインターンで

偉い医者は指図をするだけだって・・・。そんなものでしょうか?



二人の子供達を見ながら、感無量の母です。(大きくなったんだ・・・)

次男もやっと落ち着いてきたようです。

キッチンに来た時には真っ青な顔をしてました。

擦り傷は慣れっこの次男も、流れ出る血の経験は初めてでした。

切り傷はたいした事、無かったです。


何を切ろうとして手まで切ってしまったのか・・・、

詳しい成り行きは、後でゆっくり次男に聞いてみます。

4人子供育てているけど、ハサミで手を切るなんて初めての経験でした。


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!


22:22 子供達の話 | コメント(27) | トラックバック(0)
コメント
立派に成長されていますね。
子供たちがこうして助け合って、そして学んだことを実践して(次男くんは気の毒でしたが・・・)またまた自信がついたんじゃないでしょうか。
頼もしいお子さんたちに囲まれて、大きく元気に育っていく姿を見るMrs.Krabsさんの目じりが下がる姿が見えるようです。
今日も応援、ポチポチ★
お久しぶりです! 読んでて涙でてきちゃいましたよ~!
長男くん長女ちゃん頼りになりますね~! 私も血は苦手ですが、子供が怪我した時は苦手だからって考えてる暇もなく止血に必死でした・・・。 怪我がたいした事なくてよかったですね! ぽち
シカゴのボンです
私は結構“血“は平気なんですが、
以前ウチの息子が日本語補習校でドアに手を挟んでツメがはがれかけて指がポンポンに腫れ上がったことがありました。
学校から電話があり急いで学校に駆けつけ指を見て・・・・。ココで私が動揺してはいけない。
子供は泣くのを我慢していたみたいなのですが私の顔を見て初めて泣き出したみたいで
ドクターの所に行くまで"大丈夫だから"とコレを繰り返し子供に言っていたのですが実は私自身に言っていたのだと今思えば思います。
Mrs.krabsさんのところは頼もしいお子さんでいいですね。
ウチは一人っ子なので兄弟が多いとこうなんだぁ、といつも楽しむ読ませてもらっています。



私は血は平気なんですよ。
チャー坊が頭を切った時もパニックのダンナを尻目に落ち着いてましたけど(傷は大した事なかったです)、自分が爪をはがした時はパニックになりました。
家庭内に1人でも応急処置が出来る人がいると安心ですよね。
それはダンナには求められないので、チャー坊が成長して覚えてくれるのを待つのみです。
それにしてもそのお友達のお母さん、気持ちは分からなくはないけど、人のお子さんなんだからもっとしっかり、とも思いますね。
傷が大事に至らなくてよかったです。ポチポチ☆
頼もしいお姉ちゃんとお兄ちゃんですね。
立派、立派!!
私はきっと、大騒ぎすると思います。
無駄な動きがやたら多くて、
子供を動揺させるばっかりな気がします。
血は怖いよ~~~。
次男クン、なぜそんな大怪我になっちゃったの!?
お久しぶりで~す!

お子さん達 いいですね!素敵な子供たちです!
さすがですね~♪
血って 見るとコワイですよね。
その場にいたら アセってます(汗)
前記事も楽しく拝見しました。
             応援ポチポチ
クリスタルさんへ
変な話なんですが、ホントに痛いこと、血が苦手な私、
長女が大きくなってからは、すっかりお世話になってます。
歯を抜く時などもそうです。長女は得意なんです。
他人の歯を黙って見てられないタイプの子です。
臆病な母は勇気のある子供に助けられてます。
本心、凄いな~と感心してみてます。
応援ありがとうございます。
ピンクドルフィン さんへ
母だからできる事ってありますよね。
子供の為なら、命がけです。
次男はリアクションが大げさでした。
私もすっかり、巻き込まれて動揺してしまいました。
でも頼りになる子供達がいるので、ホントに助かります。
応援ありがとうございます。
ボン さんへ
爪は大丈夫でしたか?
話を読んでるだけで私はパニックになってしまいます。
我が子の為なら、母は強くなれるのですね。
私も最初から4人も子供を生む計画はしてませんでした。
母を病気で亡くしてからです。兄弟姉妹の大切さに気がついたのは・・・。
もしも私や夫に何かあったら、4人の子供達だけです。
だから、いつも仲良くするように、助け合うようにと
言い続けてます。
大人になった時にも仲良しでいて欲しいです。
reeさんへ
このお母さんの話をしたら本が書けるぐらい長く
なってしまいます。
reeさんは血が怖くないなんて、勇気のある人なんですね。
一家に一人は強い人、絶対必要ですよね。
うちは夫が平気なのですが、何か起こるときは
いつも私一人の時です。夫は役に立ってません。
頭の怪我って出血多いですよね。
チャー坊、無事でよかった!
応援ありがとうございます。
頼りになる
お子さん達ですね~
すばらしい!
子供は予想外の怪我をよくするので、
びっくりすることが多いですね。
うちの子も、擦り傷から骨折までしてしまいました。。。
命に関わることにはなったことが無いけれど、
そうならないように祈る毎日ですね。。。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ドキドキしました。
ハラハラしながら読みました。
あー、良かった。頼もしいお子様に成長されましたね!

うん、いざとなったら、母は強ですね!
そんな立派なお母さんだったから、子供達も立派に育つんですよー!

救急箱が、アメリカっぽくてびっくりしました。
大きいですね!なんでも入ってそう!
たのもしいですね。
長男君と長女ちゃん。

私も”血”昔は大丈夫だったんですけど、
(実はタトゥーのライセンスも持ってるんですけどね)
年と共に、駄目になっちゃいました。
擦り傷くらいなら大丈夫かな?
子供に怪我は付き物ですからね。

でも、血を流してる7歳の長女ちゃんを放って置くなんて、ちょっと酷いと思うんですが。

ルーシーさんへ
話を聞いてみました。
直径3~4ミリの細い木を切ろうとしていたようです。
手で折ってしまえばよかったのに、ハサミを使っていたんです。
ルーシーさんにも怖い物があったんですね。
私なんてそのせいで魚料理も出来ないし(切り身になってるのは大丈夫)、
肉だって血が見えるのは全く駄目です。
次男の切り傷は2ヶ所です。手の甲・・・変な場所を切ってます。
仁愛さんへ
オトン、おかえりなさ~い!
帰って来ていたんですね。キャンプの話楽しみです。
オトンも血が怖いんですね。
私もホントに膝がザワザワしてしまいます。
でも長女は義務感って言うか平気で処置が出来るんです。
我が子なのに、血が怖くないなんて凄いな~って
感心してます。
応援ありがとうございます。
kayoko-mn さんへ
骨折だけは経験無いです。
ないままで育児を終わりたいです。
長男はフットボールをしていて、毎年、生徒達が
骨折してます。息子じゃないようにと祈る毎日です。
何処のお母さんも子供の無事を祈ってるんですよね。
うちの長女、長男は臆病な私の子とは思えないぐらい
シッカリしてます。
みるきーさんへ
普段、見慣れない救急用の物とかたくさん入ってました。
それで、長男がみんなに来て見て~!と呼ぶので
私も行ったわけです。
この他にも救急箱があるので、普通には、この大きな救急箱は使ってないんですが、足りない物があって長男が探し物をしていたんです。
私が出来る事は、消毒して傷薬をつけキズバンを
はるぐらいです。
立派なんて言われる事は全くないです。
Madre さんへ
タトゥーのライセンスって、日本で、それともアメリカ?
やっぱり、血が出るんですか?
皮膚にちくちくと本物の針を刺すんですよね。
痛いんですよね。
お友達のお母さんには、あきれてます。
救急病院に行ったのは5時頃、治療が終わって帰って来たのは
10時近かったと思います。
遅いかな~と思ったんですが、心配してると思って
「7針ぬったけど、無事です!」と知らせるつもりで電話したら
その日に「長女がお泊りしていいか?」と聞いてきました。
何を考えているのか想像もつきません。
あ痛たたた..(ρ_;)
こんばんは。
次男君、本当にビックリしちゃったでしょうね。最初の写真では、顔から血の気が引いてしまったように見えます。でも最後のお写真では、少し笑顔が溢れていますね。お姉ちゃんの手当とお兄ちゃんの監視、そして遠くで見守る(?)お母さんのお陰かな。(*^m^*) でも縫う程の切り傷じゃなくて良かった。
お姉ちゃんが小さかった頃のお話し、ゾーッとしました。実は、私も痛いのと"血"が大の苦手です。怪我した時にはビックリ!血を見てワァーっと泣き出す子でした。なので、今まで大きな怪我をした事はないので、7針も縫うキズって想像もつかないです..と言うよりは、想像したくな~い。。。゛(ノ>_<)ノ これからは、お姉ちゃんとお兄ちゃんに手当を任せられるので安心ですね。
ポチポチ♪
母は強し☆でも、嫌いなものは苦手ですよねぇ。お子さん達、自分達で助け合って・・・☆なんて美しい愛情*次男君の顔が笑顔になって♪ぽちぽち☆

ウチは私が救急隊員です。子供は独りだけだし。^^;
・・・先日、スライサーで指もいっちゃったら、血がどくどく出てかなり焦りました。^^; 先日もカッターでざくり!私って・・・・。^^;
頼もしいですね~。
長女さん、素敵!!
血が苦手!たって、小さな子が血を流してるのに何もしなかった’そこのお母さん’に、首をかしげちゃいます。
我が子なら勿論でしょうけど、他人様の子でもいたいけなチビちゃんが怪我してるのに・・・・ちょっと疑問。
血はまだしも、傷口は苦手ですけどね私も。^^;
ゴキブリがでると椅子に飛び上がって逃げてた私ですが、今はスリッパで叩けます。
これも母の強さ所以でしょうか?
jumeeさんへ
次男はパニックになってました。
jumeeさんのおっしゃるように血の気が引いていたと
思います。額には冷や汗がびっしょりでした。
この子も血が苦手なのかも・・・・。
私も自分の傷でも怖くて見れません。
血が怖くない人もいるから、病院などで働ける人が
いるんですよね。ホントに尊敬してしまいます。

長女の怪我の時は、私も怖かったです。救急病院なのに長く待たされました。祈る気持ちで待合室に座っていた事を思い出しました。
子供が傷つくのを見るのが、親にとっては一番辛いです。
これからは長女、長男にお願いしたいです。
応援ありがとうございます。
kaoruko さんへ
kaoruko さんが怪我続きですね。
傷の方は大丈夫ですか?
主婦にとって手は命、切り傷なんてあったら
家事が大変になります。
これからも、子供達が助け合って生きていって欲しいと
願ってます。
応援ありがとうございます。
お気楽ママさんへ
ゴキブリを退治できるのも、やっぱり母だからですよね。
お母さんは強くなります。
私もいつの間にか母になっていたようです。
子供は可愛いです。
友達のお母さんは、私の常識では理解できません。
事故だったとは思いますが、友達に怪我をさせられた
長女、謝罪もありませんでした。
随分前の話なのに、思い出しても辛いです。
痛そう~!
大変でした!でも、そのことがあったので
今回、お子さんたちが頼もしく成長している姿が
確認できたんですね!!

大したものです!
頼もしい!
なんだか、胸が熱くなりました。
感動しました・・・。

私も、血は苦手ですが「どうしても助けなければ!」
と思ったときには人間大丈夫になってしまうんではないでしょうか?以前動物病院に勤めていていくつも手術の助手(ただ横でメスだの糸を切るだのしただけ)をしましたが
動物たちを助けなければ!と必死なので大丈夫でした。
ブレックファーストさんへ
ブレックファーストさんは動物病院で働いていたですね。
手術の助手なんて大変なお仕事です。
助けたい一心だと怖さを忘れてしまうのかもしれません。
この私が長女の傷の救急処置できたなんて信じられないです。
ブレックファーストさんは動物が好きなんですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。