06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

教育委員会からの手紙

2007/09/20
今日は子供達が行ってる学校について感じた事があります。

カリフォルニアに住んでいた時は、周りが農業をしてる人が多いせいか、

メキシコ人の子供達が目立っていました。

学校に行くと事務所には英語を話す事務員さんとスぺイン語を話す

事務員さんがいました。

ミネソタの私達の住んでる所はロシアからの移民が多いのか

学校に行くと英語のほかにロシア語の張り紙を見かけた事があります。

そして今日、教育委員会からの手紙が届きました。英語以外の11外国語で

「この手紙の翻訳が必要な場合は、子供の学校に連絡をして下さい。」

っと書いてあった。



アラビア語、ボズニア語、中国語、ラオス語、ルーマニア語、ロシア語

スペイン語、べトナム語、サマリ語(アフリカの国)マング語、

オロモン語なんて何処の国かも分からない。

私の素朴な疑問、日本語のサービスは無いの?

ここまでするのなら、公平を持って全ての国の言葉の翻訳サービスが

あるべきだと思うのですが、予算上、無理なんでしょうね。


私の友達が散歩をしてた時に、近所の犬にかじられてしまいました。

犬の飼い主の家族で英語を話せるのは、子供達だけだったらしいです。

昼間は勿論、学校に行っているので、飼い犬が近所の人に危害を加えても、

何の対処も出来なかった。言葉が通じないので話にならならない。

この近所は大きな家が建ち並び、貧しい人が住んでるエリアではありません。

アメリカに移住までして、アメリカの市民権を取った人達が、

何故、住んでる国の言葉を学ばずに何十年と、この地にいるのか

理解が出来ません。

短期滞在や駐在員さんの家族などは分かります。いずれは自分の国へ

帰っていくのだから・・・。

でもアメリカの国民になると宣言までした人達なのに・・・。

言葉を理解できなきゃ、国民になれないと思うのですが・・・。


なんか、こんな事をふと考えてしまいました。





私は日本は大好きです。でもアメリカに住んでいる以上は、


「郷に入れば郷に従え」

も大切だと感じてます。


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!


22:49 アメリカの学校 | コメント(18) | トラックバック(0)
コメント
フロリダのスパニッシュ人口は年々増え続けています。
オーランド方面に行くとまるで自分はメキシコに来ちゃった?と錯覚する位にスペイン語が飛び交っています。学校から来るお知らせ用紙も裏面は必ずスペイン語。
私も外国人だし、この配慮の意味はわかります。でも、こうしている間はちっともアメリカに馴染めないんじゃないでしょうかね。
自分と同じ人種でコミュニティを作って団結している気持ちはわかりますが、おっしゃる通り、「郷に入って郷に従え」が全く無視されていることに私もずっと疑問を感じています。国民性の違いなんでしょうかねぇ??(苦笑)
ポチポチ☆
同感です。
クリスタルさんのコメにあるように、スパニッシュの
人口が増え、英語は話せない。
そのせいでアメリカ人から軽蔑される。
軽蔑される事を自分達に原因があるとは思っていない。
英語を覚えようともせず、英語を話せる子供達に頼り
切っている。
私もこれにはかなり疑問に思いますし、やはり
学校からの通達には必ずスペイン語のが入って来る。
なぜに日本語がないんだ?と私も思ったけど、
いっそ英語だけのにしちゃえばいいのに、とも
思ってます。
お友達、犬にかじられてその後どうしたのでしょうか?
相手の方、きちんと誠意を持って対処したのでしょうか?
ポチポチ☆
ああ、すごく耳が痛いお話です。
英語さえなかったら、どんなに住みやすいだろう、って、
こんなに日本なまんまなのに、それでも日々思って暮らしています。
日本語くらいマイノリティだと、それでもやっぱり多少は英語
がんばらなくっちゃ!と思えるけど、人口が多くなると、
その言葉だけでも日常生活に差し支えなく暮らして行けるん
でしょうね。

それにしてもそんなにいろいろな国の言葉があるのに、
日本語がないというのもなんか寂しいですね。
でも逆に、それらの言葉を話す人の中に、英語を解さない人が多く、
日本語を話す人には、通訳の必要ながない場合が多いってことかな?
クリスタルさんへ
フロリダではスペイン語で生活、出来るようですね。
カリフォルニアでもそんな感じでした。
ミネソタではメキシコ人もいますが、
アフリカや東南アジアからの移住者が目立ちます。
何でこんな寒い所に来たの~?
と聞きたいぐらいです。
ミネソタ州は福祉が充実してるから、寒くてもこの州に住みたい人が多いようです。
援助をしすぎると、自立しにくいのでは・・・と感じてます。
応援ありがとうございます。
reeさんへ
私も何故、日本語のサービスは無いの?
って疑問に思ってました。
でも手助けが無かったおかげで、たくましく生きてきました。
良かったのかも知れません。
いつもスペイン語で書いてあったら
英語を学ぼうという気にはならないですよね。
必要性を感じないんだもの・・・。
私は友達から、後になって聞きました。
うやむやになったようです。
子供が通訳じゃ、こんな物でしょう。
かじられた人はいい人なので、裁判沙汰にしようなんて考えていませんでしたが、
外国人に対する不信感を持ったかも・・・。
意思の疎通って大切ですよね。
応援ありがとうございます。
とくだいままさんへ
同じ国からの移民が多いと
英語を学ぶ必要を感じなくなるのでしょうね。
マイノリティだから頑張る必要にせまられる。
とくだいままさんは英語の勉強頑張っていましたよ。
人間はもまれて強くなります。
常に努力を忘れないでいたいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
やっぱりその土地に居つく覚悟を決めたのなら、
寝食削って、言葉を習得しないと・・・と思います。
そこで子供を教育しようとすれば、なおの事だと思うのですが。

だけどね、
英語流通度の薄い日本の地域社会にあって、
かたくなに英語を貫き通そうとする英語圏の人々も、
少なからずいるんですよ。。。
そして、そのほとんどがアメリカ人とイギリス人。
アメリカ人は世界一って自尊心が、
イギリス人は・・・イギリス英語に対するプライドかしら?
よくわかりませんが、滑稽です。
もちろん、積極的に日本を学ぼうとする外国人もたくさんですけどね。
こういう方々は大歓迎です♪大好き!
かつて、英語メニューがないといってキレたアメリカ人客がいました。
写真メニューは用意してあるにもかかわらず、怒鳴り通すのです。
帰っていただきました。
問答無用です。
『ワタシは失礼な客を好みませんので』と言って、追い出しました。
めったに怒らないけど、怒ると怖いのよ、ワタシ。
(((*≧艸≦)ププ…ッ


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ほんとにそうですよね。
「郷にいては郷に従え」
肝に銘じてる言葉です。

アメリカだと世界中から人が集まってきますから大変なんでしょうね。
ポチ☆
ルーシーさんへ
日本に住んでいる外国人が
英語で通そうとしている?
観光客なら理解できますが、
仕事または日本で生活してる外国人もですか?
滞在してる国の言葉や文化を学ぼうという努力をしてる人を見ると、
嬉しくなりますよね。
自分が日本語が読めないのに、よく強い事が言えると驚いてしまいました。
ルーシーさん、お客を追い出してスッキリしたでしょ!
そんな客には「日本語勉強して、出直しておいでーー!」って言ってやりたいですね。
ひよっこまま さんへ
私は日本人で、日本の文化が大好きですが、
アメリカに住んでいる以上は、アメリカの文化も尊重してます。
「郷にいては郷に従え」
自分を逆の立場に置くと、理解しやすいですね。
↑ルーシーさんの話を読んでそう思いました。
応援ありがとうございます。
教育委員会からの手紙・・・
日本語では書いてないんですね

郷にいては郷に従え・・・
ほんとそ~思います。
でも難しいことでも あるんでしょうね。応援ポチポチ☆
英語 勉強してみようかな~♪
なんて思ったりしてるんですよ!
娘たちの英語の勉強を見てると。
その通りでしょうね~。
多数になると、みんな気が大きくなって言葉習得の必要性を感じないのでしょう。
しかもアメリカには以前から積極的に移住者を受け入れてましたから規模が違うんでしょうね~。
私もK市で移住者の身となってますが、どれだけ頑張っても純粋P国人とは、言葉も感覚も違いがあるのを、事ある毎に痛感してます。
慣れる為には、違いを気にしないだけの開き直りもある程度大事かもしれません。
仁愛さんへ
学校から来るプリントは日本語じゃないです。
アメリカで日本人の占める割合は小さいです。
でも何故か、ミネソタの空港内の
表示は英語と日本語です。
日本からの旅行者が多いのだろうか?
オトンも子供達と一緒に英語の勉強
頑張って下さい!役に立つ事もあるかもしれませんよ!
お気楽ママさんへ
私達の中国人の知人に、アメリカ生まれのサンフランシスコの
チャイナタウン育ちの人がいます。
英語無しで育ったそうです。大勢の人がいるとこんな風になるのでしょうね。
私も自分を捨てる必要な無いと思います。違って当然!
でも住んでる国の文化や習慣を尊重しながら生活するのは大切ですよね。
お気楽ママさんは全く違った習慣の国で、ホントに頑張ってます。
本当ですね
日本に来て数年の外国の方が、けっこう日常会話からジョーク、敬語や謙譲語まで話す事ができるのをいつも驚きの目で見ています。

でも、きっと努力と”郷に入れば・・・”の気持ちが強いのですね。

私が時々いく教会でも、宣教師の青年達は1~2年だけ日本語を勉強して来ているそうですが、日常会話は問題なく話せます。
聞いたところでは、ひたすら日本語の会話分を暗記するとのことです。

私も、DVD聞いて英文を暗記して・・・頑張ろう。
でも、なかなか覚えられません(>_<)
ブレックファーストさんへ
相手の国、人達を理解しようと言う気持ちが努力につながるのだと思います。
外国人のそんな努力を見たときに自国の人達は嬉しくなりますよね。
どんな訳で外国に住むようになったかは、人それぞれの理由があると思いますが、
住んでいる国の言葉を学ぶ事は最低限するべき事だと感じてます。
1日ひとつでも新しい事を学ぶと、1年で365個の事が学べますよ。
努力は小さな積み重ねです。
頑張って下さい!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。