10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

着付けに挑戦!

2007/10/13
今日は16才の長女の話です。

彼女の時間割には「スピーチ」のクラスがあります。

人前で自分の考えを表現する事はアメリカの社会においては

大切な事なので、高校生の授業にも組み込まれています。

毎回、違った課題を与えられ、スピーチをするのですが

なんと今回の課題は「How To・・・」、何かのやり方を説明する事です。

先生の指示は、

みんなの知ってる事を選ぶな!

クリエィィブにという事なんだろうが、トピックスの選択は簡単じゃないです。

悩んだ末に、長女が選んだのが着物の着付けです。

ちょっと難し過ぎるんじゃない?

ハッキリ言って、母は手伝って上げられませんよ~!


長女は浴衣の着付けは経験済み。学校に持っていって自分で着てました。

なんと、本物日本人の母より積極的です。

今回も浴衣にすればいいのですが、レベルアップをはかりました。

母の絹の着物で挑戦する事にしたんです。出来るのかな~?半信半疑の母です。

スピーチしながら、自分で着るのは大変なので、ベストフレンドにモデルを依頼、

彼女は自分のクラスを抜け出して長女のスピーチのクラスに来てくれます。

こんな時に頼りになるのはやっぱり友達ですね。ありがたいです。

この練習の日も、長女は部活を終えて、友達も演劇の練習を終えてからです。

遅いのに頑張ってました。



襟元は大切、すっきり着付けて下さい。

横からコメントを言うのは簡単です。



浴衣の帯と違って、厚みのある帯は大変そうです。

苦労しながらも、真剣そのものです。



この段階での母のアドバイスは、

誰も分からない!
適当に自分の感覚で創作しなさい!


と優しい母の言葉・・・理解してるのかな?



という事で、なんとか出来たようです。

お友達は背が高いのですが、着物が似合ってる!

遅くまで我が子の為に、ご協力ありがとうございました。


今日も感謝の日です。


長女の長い一日が終わりました。

ゆっくり体を休めて明日の事は明日に考えよう~!



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!


22:11 アメリカの学校 | コメント(24) | トラックバック(0)
コメント
すごいすごい、上出来じゃないですか!!
私が着付けを覚えたのは18歳の時だったんですよ。
すごく難しくて、帯が堅くてなかなか上手に締めれなかった記憶があります。
今じゃダンナに最初の締めをやってもらうけど・・・。
最初の写真の帯板を腰に巻いて準備、なんだかファッションショーかなんかを
してる?って思っちゃいますね~。ポチポチ☆
すばらしい~!
Krabsさんが言い出したのではなく、お嬢さん自らが言い出したのがとっても素敵だなと思います。

いつも思うのが、お子さんたちアメリカ人のお父さんと日本人のおかあさんということをとても誇りに思っているみたいですね。
学校に行かれるときに「皆がお母さんと会うのを楽しみにしてるよ」とか、日本食を作るとみんな喜んで食べているし^m^
(納豆まで愛しているし・・・ね)

それにしても、お嬢さん見事 着つけてしまいましたね!
すごい。

それにしても、ご長女はとっても大人っぽくなられましたね!(*^_^*)
わ--娘さんたち素敵だわ。
小さいときの写真しかしらなかったのでびっくり
しました。
上手に着物 着ていますね。
お二人とも日本とアメリカの良いところを
吸収しているのだと思います。
娘が中学生や高校生になったら
私負けちゃいそう(笑)
アメリカの子達はみんな大人っぽいですよね!
私もポチです。
すごいですね!
今や日本の子供やその親の方が着付けできない人って
多い気がします。
着る機会、少ないものね。。。

確かお正月には、日米協会のイベントがあったはずです。
その時に来ても行ってもいいかもですね~
実は・・・
私、着付の看板持ってます。
自分で着るばっかりで、
人の着付けは全然しませんけどね。^^;
お嬢さん、帯板を腰に巻いて用意するなんて、なかなかです。
人に着付る時は、背もたれ付の椅子を横に置いてするといいですよ。
道具を使う順に椅子に並べて置くと取りやすいです。
着物を押さえている手もずれません。
紐類は背もたれから椅子の座席部分にまたがるようにかけておけば、
宙に浮いてるところへ、すくうように手を入れてサッと取れます。
このようにすると、
所作がとてもキビキビとして、観客からの見栄えもいいですよ。
頑張ってねん♪
日本人の若い女性だってユカタならともかく、着物の着付けを選ぶなんて、やっぱりお母さんを誇りに思っていてお母さんに近付きたい、との思いがあるのでしょう。もちろん一般的な選択ではなく、親の日本文化を愛しているし、知って欲しいとの思いもあるのでしょう。
いつもこのブログで感じることですが、Mrs.krabsさんご一家の生き方そのものが、丁寧に一日一日を送られているのですね。
生きていることは、日一日と死へ近付くことで、一番大事することなのに、忘れてしまっていることを再確認させていただきました。

私も茶道をやっていて、着物は好きですが、最近の住宅事情・生活スタイルに合わない部分が多く、ましてや茶室でなどといっていては、ますますやりたいと思う人も少なくなってきますので椅子で行ったりして楽しんでいます。
reeさんへ
自分で着付けが出来るなんて、尊敬します。
私は着物は苦手・・・。
長女の方がずっと着物が好きです。
着付けの本を見ながら、頑張ってました。
一人で着るなんて、私には出来ない業です。
応援ありがとうございます。
ブレックファーストさんへ
最近、長女も日本のシンガー達を見ていて、気づいた事です。
日本人は前髪があって、若く見える~!って・・・。
丸顔に前髪があると、子供っぽく見るのでしょうね。
うちの長女は面長に前髪がないので、もっと面長に見えます。
ヘアスタイルで感じが変わりますよね。
納豆が好きなのは不思議です。
納豆を食べる時は、肩身が狭かったですが、
私の仲間が増えて嬉しいですが・・・。
ちいこさんへ
着物を着せているのがうちの長女、
モデルは友達なんです。でみ二人は「姉妹」とお互いに
言っている間柄です。
とっても仲良しです。
13才ぐらいになると、背もグーンと伸びますよ。
私も長女、長男に13才で背を抜かれました。
寂しいです・・・。子供の方が大きくなります。
Teenagerになると、ホントに大人顔負けです。
子供が小さい時期を楽しんで下さい。
応援ありがとうございます。
kayoko-mn さんへ
そうゆう私も着付けは出来ません。
本があったので、何とかなりましたが、
完全ではないと思います。創作してます。
日本人が着物が切れないのは、やっぱり寂しいですよね。
無くなってしまうのかな・・・・。
大切にしてもらいたい文化です。
スピーチのクラスって、日本にもあればいいのにって思います。
とっても大切なことですよねぇ?!
でも、
日本にあったら、「00について、調べて発表しなさい!」って感じに
なるのかしら?
何に対してスピーチするのか、先ず、そこから
自分で見つけるのが、いいですよー。素晴らしいわ。
テーマを見つけるのって、結構大変なことだもの!

最近着物きてないわー。
浴衣でさえ、ご無沙汰です。

大きな声では、言えませんが・・・一人で着られるのは、
浴衣だけです。  グッスン
ルーシーさんへ
ルーシーさん、着付けの看板を持ってるなんて素晴らしいです。
日本にいる時は、不自由に感じなかった事でも、
アメリカに住んでいて、日本について知らなくって
困った事が多いと思います。
着付けはその一つです。着物は苦手な私・・・。
長女に言われたって、「ホイ、よっと!」とは助けて上げられないです。
日本の知識を持って、外国に出るのって大切ですよね。
椅子の背もたれでしたか・・・。
スピーチは昨日だったんです。次の機会には使いますね~!
なごばあば さんへ
私に近付きたいかどうかは分かりませんが
日本の文化が好きな事は確かです。
長女は自分がみんなと違って、特別だと知っています。
これは長女だけではなく、アメリカで教えている事です。
子供達は「みんな違って、みんなスペシャル(特別)」と
小さい時から、言われ続けてきています。
その点は、アメリカの教育に感謝してます。
茶道も素敵ですね。
絶対残していきたい日本の文化です。
これからも茶道を続けて下さいね!
一人でも多くの日本人に伝えられる事を願ってます。
みるきーさんへ
みるきーさん、私も仲間です。
着物は一人で着るの難しいですよね。
私は母を見ていたので、何となく覚えています。
着物の好きな人で、いつも自分で着付けしてました。
小さい頃はお琴を習っていたので、着物は着せられていました。
その反動で、大人になってからは、着物を着てません。
シッカリ、母から学んでおけば、今頃、苦労してなかったですね。

浴衣だけでも、自分で着られたら立派です!
本当に着物、似合ってますね~。
お友達も嬉しそう。
長女ちゃん、頑張りました。
いつ、どこで覚えたんですか?

私もアメリカに来る、だいぶ前に着付けは習っていましたが、
すぅっかり忘れてますね。きっと。
だいたい、着物を持って来てないですから・・・。
これを見て、持って来たくなりました。
マミータにも教えてあげなくちゃ。

PS 「糸巻き巻き」の他にも、「結んで開いて」など、
子供達と手遊びはよくやってます。
長女ちゃんスゴイですね!
うちの母親は着付けの看板もってるんですが
私はさっぱりダメです。。。
母に甘えっきりで、覚えられませんね。汗

襟元・裾、あとは芯をしっかり中心にもってくる。
このポイントを押さえておけば大丈夫かと思います。
あと、帯のとこの着物のシワ。ここをピンと張っておけばOK!

発表が楽しみですね♪
ポチ☆
先ず!お詫びを!
ごめんなさい。

トイレットペーパーで作ったかぼちゃ、あったでしょう?
きょうは、それを作ってみよと思って
「Krabsさんに教えてもらった・・・・」って、ブログに
書いてしまいました。
アップしてから、 「あ!先にお断りもせずに・・・」と、
気づきました。
事後承諾になってしまいました。ごめんねー。
できあがったものは、まだ、アップしていませんが
後日する予定です。
順番が逆になってしまって・・・失礼いたしました。
凄い!!!!!!!!!!拍手☆
おぉ~~~っ!凄いですね!着物の着付けですか!
・・・私娘の頃、母から着付けを習ったんですけど、もう完璧に忘れてしまいました!ぴくぴく。。。^^; 娘が学校の行事で、民族衣装を着ていくときには、浴衣に、長めのスカーフを帯の替わりにして後ろでリボン結び!(爆)って笑えません。(大汗)

長女ちゃん!さすがです☆尊敬いたしますです!ぽちぽちぽち☆
(*^∀^))こんばんは
スピーチの授業って実践的でいいですね。
役に立ちそうな感じしますよね。
着物の着方を説明するのなんてすごくむずかしそう。
日本語でも無理です私( *´艸`)



応援♪( ´∀`)σ凸凸
Madre さんへ
着付けの本がありました。
着物を合わせる段階で、右、左どっちが上になるの?
こんな状態です。
本があっても、長女風にアレンジされてます。
そうそう、マミータちゃんにも着物の着付け、
教えてあげて下さい。
日本の大事な文化ですよね。

小さい子供の手遊びは楽しいです。
私も子供達とよく遊んでました。
ひよっこまま さんへ
親が出来ると子供が甘えるの、分かります。
私の母も、一人で、すいすいと着物を着る人でした。
私は着せてもらう人・・・。
私の場合は親が出来ないので、子供が頑張ってます。
ひよっこままさんも、長女さんと姫ちゃんをお母さんの
所で、着付けを習ったらいいですね。
応援ありがとうございます。
みるきーさんへ
気にしないで下さい!
平気ですよ。ご紹介してもらって嬉しいです。
今から早速、みるきーさんの所にお邪魔しに行きます!
いつもコメントありがとうございます。
kaoruko さんへ
バリ島でも民族衣装の日がありんですね。
こちらでも長女が中学生になってから
毎年、浴衣着てました。
一日中、大変じゃない?と私の方が、心配するぐらいです。
浴衣にスカーフとはモダンな着こなしになって、
きっと素敵だったと思います。
さすがは kaoruko さん、着こなしが違う!
長女も帯の部分は本人の創作結びなってます。v-388
応援ありがとうございます。
美肌コスメ さんへ
短い時間での実践付きスピーチでは
着付けは難しいトピックスです。
本人がやりたいと言うので、やらせましたが
どうなる事か・・・。
私は見守るだけです。
応援ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。