07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

着付け本番!

2007/10/14
11時45分に学校に着物を持って来てと、長女に頼まれ、

学校に行って来ました。訪問者の記入をし名札を付けて

私も長女のクラスに向かいました。

長女の番は三番目です。長女のお友達も約束の時間に

スピーチのクラスに来ました。早速、長襦袢を着て、着物をはおって

出番待ちです。他の生徒達の邪魔をしないように、静かに廊下で待機です。

長女曰く、

「MOMはにぎやか!
みんなの気をそらさないでね~!
先生が嫌がると思う!
それと写真、写さないでね!」

って注文が多すぎる!


注文に忠実に従い、クラスに入るように言われたけど廊下にいました。

お友達の着物と私じゃ、「見ないで!」って言ったって見たくなります。


長女のスピーチは5分以内で終わらなければなりません。

それを知ったのは昨日、遅くなってから・・・。

知っていたら「着付け」の選びをOKしなかった。

最悪な事は15秒スピーチがオーバーするたびに1点、減点になります。

という事は1分超過すると4点の減点ƒ}ƒW‚Å‚·‚©

練習中にもかるく2~3分、オーバーしていた長女、私は心配です。



長女のスピーチが始まりました。

私はてっきり、即、着付けを始めると思っていたのに、そうじゃない!

前置き、イントロダクション、何故このトピックスを選んだか

説明している・・・。もうだめ!5分以内で
着付けなんて終わらない!
ŒŒ



それでも時間を短縮できるように、母から長女へのアドバイスを伝授してました。

いちいち紐などをテーブルや
床から取るのは時間がかかり過ぎる。


全てを自分の身につけておく事!

それを実践していた長女、ビックリするほど時間短縮に成功です。

私がハラハラしていたわりには、長女は気楽に手早く着付けと

スピーチを終えました。カメラは準備していたけど、遠慮して

写真は写してなかったんですが、先生にも気づかれず

スピーチが終わった時に廊下から1枚だけ写しました。




この時の母の目はうるうるでした。

長女のスピーチの結論は

「着物は素敵な文化です。みなさんも機会があったら、是非挑戦してみて下さい。

私はこんな素晴らしい文化を、家にいながら接する事ができ、感謝してます。

そして日本の文化を誇りに思ってます。」


立派なスピーチだったよ~!


ありがとう。



気になる5分ですか・・・?

この段階では、8分かかろうが10分かかろうが、どうでもいいです。



一生懸命頑張りました。私は結果より、過程を重視してます。

自分で出来る限りの事をしたら、それで十分。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!

23:14 アメリカの学校 | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
大成功おめでとう~~!!v-424v-424v-424v-424
短時間で一番時間のかかる帯を仕上げてしまうとは・・・すご過ぎです。
私もお正月には着物を着なきゃ!!
ポチポチ☆
想像しただけで、
泣けてしまいます。
子供が頑張ってる姿、、、。
うちはまだ赤ちゃんだけど
私、さらに涙もろくなったと思います。
ミネソタ州の女の子たちは
着物は珍しく関心が集まったのではと思います。
大成功よかったです。
私もポチ
いや~~~ん、泣けるぅうううう!!!

>そして日本の文化を誇りに思ってます

素晴らしい! 素晴らしい!! 素晴らしすぎる!!!

ウルウル来て当然です。遠慮なく行ってください!!!

ほんまにええ娘さんに育たはりました。
やっぱり親御さんの背中をしっかり見ていらっしゃるんでしょうね。
reeさんへ
reeさんはインターナショナルフェスティバルでも
着物を着てましたよね。
自分で着れるなんて尊敬してしまいます。
是非、お正月に着てみて下さい。
長女は私が想像していたより、落ち着いて
出来たと思います。とにかく終わってホッとしました。
応援ありがとうございます。
ちいこさんへ
私もちいこさんと同じです。
子供達の成長をみて涙もろくなってます。
着物については数人の男子からはコメントを聞きました。
「Amazing Japanese Dress」と言ってました。
西洋の洋服に比べると不思議な服ですよね。
映画のスターウォーズのイメージかな・・・。
頑張り屋の子供達をいつも、応援している私です。
いつもコメント&応援ありがとうございます。

とくだいままさんへ
↑ちいこさんに言いましたが、涙腺がゆるくなってます。
長女と私の残された時間はもう2年もありません。
親の元で生活できる日が少なくなってます。
楽しい、充実した高校生活、家族との生活をおくって欲しい。
巣立ちの前に、色々学んでいる長女です。
まだまだ手元に置いておきたいです。
>私はこんな素晴らしい文化を、家にいながら接する事ができ、感謝してます。
>そして日本の文化を誇りに思ってます。

素晴しいメッセージですね。
着物を着こなすアメリカ人。
カッコい~~~!

で、Momもがんばらないと。
『1人でできる着付け』(笹島寿美)
おすすめです。
便利道具を使わず、紐だけで着崩れしない着付けです。
『ホンモノの日本人の着付』は、
現代においては笹島先生が第一人者かな。
素晴らしいです!!!
自分に流れる日本の血を誇りに、しっかり受け継いでいく姿。
うちの娘も最近自分が半分日本人であることを意識して、誇りに思っていてくれているようなので、母としてはとっても嬉しいです。

今回も娘さんがどんな気持ちでいてくれているのか・・・というのがわかっただけで、とっても嬉しいですよね。

感激しました♪

ポチポチ☆
無事終了・・・良かったぁ~。
落ち着いて立派にできたようですね。
わかります。ウルウルきちゃいますよね。
私も、年々、涙もろくなってます。
お友達も、本当にいい子ね!
いい子には、いい子のお友達がちゃんと、いるのね!
Krabsさんちは、アメリカと日本いいとこ取りで、
両国の交流に貢献してますよねー。
とっても、嬉しいです。

事後承諾・・・ご了承ありがとうございます。
作ってる時、とっても楽しかったです。
素晴らしいアイディアに感謝!です。
ルーシーさんへ
ホンモノの日本人の着付って、偽物の着付けが
出回ってるのですか?
私にはきっと区別が付かないでしょうね。
便利な道具には飛びつきそうです。
便利・・・大好きな言葉です。
着物はやっぱり、昔ながらがいいのですね。
クリスタルさんへ
日本語もあまり話せない環境で、ここまで日本の文化を
好きになってくれて嬉しいです。
クリスタルさんのお子さん達は日本語も話すのですか?
日本が好きになってから、長女が日本語を勉強したいと
思ったようです。始めたのが遅いので片言の日本語を話します。
これからも勉強を続けてくれると嬉しいです。
応援ありがとうございます。
みるきーさんへ
そうですね、とっても小さなレベルで日本の文化を伝える機会が
あります。長女の影響で日本語のクラスを取ってる生徒さんもいます。
勿論、漫画が好きで日本語勉強してる生徒さんも多いそうですが・・・。
少しでも多くの人に日本を理解してもれえたら嬉しいです。
長女は学校にいて日本の親善大使をしているかもしれません。
みるきーさんのパンプキンを拝見するのが楽しみです。
着付けは結婚する前に少し習いましたが
着る機会もなくすっかり忘れてしまい
浴衣ですら着れないです(^^;)
長女さんはすごいですね。
着物は日本から持ってこられたものなんですか?

あと2年ということですが、ご自宅から大学に
通われることはないのですか?
私の娘も高1ですが、県外の大学に行きたいと
言ってます(・・;)



kumi さんへ
母が亡くなった時に、日本から持って来ました。
着る事など一度もなかったのに、長女のおかげで
この着物も日の目を見る事ができました。
絹の着物は大切にしていたんですが、使わないと意味が無いですよね。
ミネソタにも州立の大学がありますが、長女は州外の大学を
目指しているようです。
私も母親にやりたい事をさせてまらいました。
長女にも好きな事をさせて上げたいです。
kumi さんのお嬢さんも県外だったら、うちと同じですね。
こんにちは、えいと@です。

すばらしい!
なんかうれしいですよね。
こうやって多文化の紹介をして、理解を深めていくって。

着物って日本の誇れる文化だと思います。
帯を締めることで姿勢がピンと伸び、歩く時に着物の裾がはだけないように歩く。
背筋が伸びるから、気持ちも引き締まり、表情にも凛とした美しさがでますものね。

5分でも10分でもいいですよね!
結果より、過程ですよね。
着物をスピーチに選んだ…っていう、その気持ちがうれしいですね。  ぽち☆

 えいと@
えいと@ さんへ
簡単なトピックスではなかったと思いますが
長女が着物の事を選んでくれて嬉しいです。
最初はもっと簡単なことがあるんじゃない~?
とあまり乗り気じゃなかった私なんです。
着物は、ホントに日本の誇りですよね。
綺麗な民族衣装です。
私は日本人一世としては着付けは、
身に付けておきたいと思いました。
応援ありがおうございます。
感動ですね。
やっぱり、アメリカで育ってると、
人前で話をしたりするのなんて緊張しないのかな?
長女ちゃん、いい表情してますね。

Madre さんへ
日本の子供達よりは人前で話す機会があると思います。
パピート君もShow & Tellの時間がありませんか?
好きな物を学校に持って行っては、みんなの前で
お話しする。こんな風にアメリカの子供達は大きく
なってます。
長女はスピーチが終わりホッとして、
大きなスマイルになったのでしょうね。
泣けますねぇ。。。

日本で生まれ育っていたら、きっとそういう風には感じてくれない
触れててあたりまえの日本の文化。
アメリカに住んでいて、自分の国の文化を誇りに思ってくれる
娘さんがいるというのは自分の娘じゃなくてもうれしいです。

私も実際、アメリカに着てから着付けなど覚えました。

なんだかとってもよい親子関係を築いているのだなぁととっても
感激です。 そしてスピーチがんばった娘さん、よくやった!
ケリーさんへ
そうそう、ケリーさんもお嬢さんも、日本の文化を
大切にしていますよね。
着物は勿論、お琴や日本舞踊もしていますよね。
いつも凄いな~ってブログをお邪魔するたびに感心してました。
DCに引っ越してからも続けていますか?
子供達が日本の事を好きになってっくれると、
自分が肯定されているような気分にはなります。
嬉しいです。
母が私の為にと用意してくれた着物があります。
娘達に譲る日が楽しみです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。