07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

不思議な行動

2007/10/28
昨日、夫と長男はボーイスカウトでキャンプに出かけました。

長女はお友達とハロウィーンコスチュームを探しにショッピング。

残された次女、次男と私・・・のんびりした夜を過ごしてました。

そんな時、次男が突然、私が想像しえないような不思議な行動に出ました。



何だと思います?ハサミを使ってます。


9才の男子が縫い物ですか・・・?

sewing1

出来るの~?

そう言えば夏休み中、おばあちゃんとキルトの一部分を縫っていたんだ。

初めての縫い物ではなかったんです。

何を縫っているの~?



このぬいぐるみのコスチュームを作っていました。

この犬をスーパーマンのように変身させるようです。

針を持ってこんなに真剣になってしまうんだ~。

次男の目が一生懸命です。



出来上がりました。スーパーウイニーです。

出来上がった後で、このスーパーウイニーを高く飛ばせて遊んでました。

こんな事を考える次男が不思議でしたが、親バカな私

息子が可愛くって、にんまりしながら眺めていました。



13才の長男は家庭科の時間に洋裁があるそうです。

成績が良くたって、こればかりはね・・・どうなるものか心配してます。

私も中学生の頃は家庭科が苦手だった。長男、ガンバレ~!

次男はこの調子で行くと、その心配もしなくてよさそう~!


アメリカでは、男子もミシンと針を学ぶ時間があるようです。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!

22:45 子供達の話 | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
次男君、アイロンかけしたり、手先が器用なんじゃないでしょうか。
物を作るのがきっと好きなんでしょうね。
これもきっとお母さんの姿をしっかり見てるからでしょうね~。
いいこと、いいこと♪
自分で切れた靴下を縫ったり、ボタンつけしたり、ちょっとしたものを作ったり。。。そんなことが出来るようになると後々とって便利ですものね。
もう少し大きくなると自分のコスチュームまで作っちゃったりして^^

応援ポチポチ☆
Mrs.Krabsさんのところもキャンプなんですね。
風邪と疲れで、今朝は10時近くまで寝てた私達家族です。

すご~~い。お裁縫も出来るんですね。
この前の編み物といい、すごくステキな男の子ですね。
やっぱろこれからの男はこうじゃなくちゃ!!
スーパードックに変身したウイニー、かっこいい~!!ポチポチ☆
クリスタルさんへ
どんな物でも、作るのが好きなんでしょうね。
家族の事を観察して、真似をしているかもしれません。
自分のコスチュームを作る日が待ち遠しいですが、
そんな時、私は寂しくなるのでしょうね。
人間として何でも出来たほうが便利な事は確かです。
応援ありがとうございます。
ぬいぐるみまでハロウィンを楽しむなんて!
次男クンって、器用ですよね。
家庭的な面が生まれながらあるように思えます。
アイロンもお料理もよくお手伝いしてくれるし。
ミシンは日本でも5年生から始まります。
雑巾の手縫いから始まり、
ほとんど直線縫いのエプロンをミシンで作り、
そのエプロンを着て、後期は調理実習だそうです。
学校によっては多少違いがあるとは思いますが。
ウチの息子は家庭科を楽しみにしてますよ~~~。
reeさんへ
まだ風邪が治ってなかったんですか?
それでテントじゃ大変でしたね。
ゆっくり休んで元気になって下さい。
次男にとっては、全て遊びの延長です。
縫い物も、編み物もほんのちょっとだけです。
それでも自分でやってみようと考えるだけでもいいと思ってます。
自分自身に限界を作ってほしくないです。
遊んでる子供はイキイキしてます。
応援ありがとうございます。
ルーシーさんへ
5年生からミシンでエプロンを作ったりなんて
なかなか高度な家庭科の授業だと思います。
うちの子供達の行ってる学校では、小学校では
家庭科の授業はないです。
家庭科の好きな男子もいるんですよね。
私は頭が上がらないです。
今、考えてみれば、生きて行く為には必要な教科だったんですよね。
もっとシッカリやっておけばよかったです。
今時は何でも出来る男性、魅力的ですよね。
次男君・・・発想と行動力が、ちゃんと伴ってますね~。
私は、考えるだけで行動がついてこないので、ダメだわー。
どんな「男」に成長するのか、ず~っとみていたわ!
  あら!ストーカーみたいだわ。イカン!

息子が学校で作ったエプロンは、
ちょっと「あれ?」って仕上がりだったけど、
たぶん、人生最初で最後のミシンがけだったと思います。
私が、アメリカに行ってる時に
ボタンがとれたのに、そのままになってました。
ボタンの一つくらいつけてよ~と、思いました。
ガッカリだわ。
みるきーさんへ
息子さん、エプロンを自分で作っただけ、偉いです。
私も子供達が巣立つ前に、ボタンのつけ方ぐらいは
覚えてほしいですね~。
大きくなると面倒な事も、小さい次男はまだ色々な事に
興味を示してくれます。
母としては今がチャンスです!
やってみたい事は、なんでもさせてます。
どんな風に成長していくのかな~?
お久しぶりです!

日本の小学校でも家庭科の授業でミシン使いますね。
うちの息子も「エプロン」「巾着袋」等など作ってました。
おもしろい失敗しながら作ってましたよー。笑
そういう息子も裁縫が好きみたいで
フエルトなどでいろんな物作ってます。
でも、裁縫よりも調理実習の時が大好きみたいです。笑
ポチ☆
チクチク
好きなんですね~♪
皆さんが言うように、日本の学校も今は男の子も
裁縫・料理を女子と一緒に学びます。
5年生のはじめに作った巾着型バックパックを、
今日から出かけた自然学校(林間学校)に、
全員が持っていきました~
授業で作ったものを有効利用しています。
ひらめき キラキラ
Good morning Mrs. Krabs!

次男くんは 想像性があって 遊びが豊かな子なのですね。
4,5歳の小さい頃は 何でも遊びにできるので 大人はびっくりしますよね。だんだん 大きくなるに連れて 遊びも変わってきますが
次男くんは イメージの豊かの子供で キラキラした感性があるのだと思います。きっと家庭環境や読んできた絵本などが 楽しい子に育ててきたのでしょうね。Mrs. Krabs お母さんの影響かな。
そういえば 次女さんも パペット劇場をして遊んでいましたものね。感性が豊かなのですね。

ミシンや編み物も 男女を問わず 想像性を養うものでもありますよね。アメリカのテレビで 若い編み物作家の変幻自在な編み物に
あらー 女の人には 見かけないアートだと思ったことがあります。

これからも 楽しく遊べるといいですね。
大人になってどんな方面に進むにしろ 脳のソフト分野が働くと
ひらめきがあるようになり、人とは違う仕事ができてしまうのでは
ないでしょうか。
成績の先をいくことですね。

焼きそばのこと 私も試してみたいです。
台所には とんかつソースもウースターソースもないので
そこから 考えています。
生めんについている粉末ソースは 少なめに使って
数回使っています。
紅しょうがに こだわらないで 何かアクセントになるものを
考えようかな。
美味しく食べたいですね。
今日は グロッサリーストアに行くので ヒントを探してみようっと。
今日も良い日でありますよう。 
ひよっこまま さんへ
なんとなく頭の中には、洋裁、料理は女性のイメージが
あったのですが、考えてみれば、一流のデザイナーもシェフも
男性が多いですよね。
長男君もフェルトで色々な物を作ってるなんて見てみたいです。
調理実習、うちの長男も去年は家庭科で料理を習っていたのですが
いつも楽しみにしてました。
そのせいかどうかは分かりませんが、長男の仲良しの男子が
将来、シェフになりたいと言っています。
最近知って驚いていました。

応援ありがとうございます。
kayoko-mn さんへ
作りっぱなしじゃなく、自分が作った物を
実際に使っているのが良いですね。
ましてやバックパック、いい加減に作ったのでは
自然学校に行くのに使えません。
物作りの喜びを子供達が学んでくれたらいいです。
Gennyさんへ
Gennyさん、おはよございます!
私にとっては、『編み物作家』と言う言葉自体も
聞きなれない日本語です。
女性だけじゃなく、男性もいられるのですね。
小さい子供達は、母親といる時間が長いから
やっぱり影響を受けるでしょうね。
長男の年頃(13才)になると、父親の背中を見始めるのか
少しずつ、興味を示す事が変わって来てます。

Gennyさんの所では、生めんが手に入るのですね。
羨ましい~!
大好きなんです。でも私の住んでいる所では、珍しいです。
だからパスタを使って、もどき料理を作ってます。

Gennyさんも、いい日を過ごして下さい~い!


管理者のみに表示
« Jack-O-Lantern | HOME | 朝の光 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。