07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ハロウィーンの夜

2007/11/01
我が家では毎年、キャンディーを山ほど買います。

近所の子供達が来た時に、十分にキャンディーが足りるようにです。

小さな子供用にフルーツスナックをたくさん用意しました。

色々な種類のチョコレートも揃えました。

キャンディーが苦手と言う子供達の為に、ハロウィーンの鉛筆も準備しました。



うちの子供達もたくさん頂くので、私もいっぱい用意します。

キャンディーはこの入れ物↓に入れます。



暗くなる前から、1年ぶりに使うフォグマシーンを確認してました。

無事にモクモクと霧が出てきます。ホントはポーチに起きたかったのですが

外が寒いので、玄関の所に置きました。

子供達がピンポーンとして、ドアを開けると霧がモクモクとドアから

流れ出てくる・・・なかなかいい演出だと思う!



子供達の今日のコスチュームです。

長女は家に残り、キャンディーを配る人になりました。

モクモクの霧の中に立つ人です。



長男は去年行かなかったTrick Or Treat、今年は友達と出かけました。

長男のコスチュームは狩人です。このベストは私の手作りです。

サングラスをすると、ちょっと怖そうー!



次女と次男は、早々と準備が終わり、出かけるのを待ってます。

このコスチュームだけでは寒い夜です。次女と次男は下に重ね着してました。



次女はマスクを持つ手がとても冷たくなって、途中で手袋を取りに

家に戻りました。


日が暮れて、ジャック・オー・ランタンにキャンドルを入れると、

ハロウィーン気分が盛り上がります。ポーチもライトアップされます。

例年だったら、この季節、花は枯れているのでフラワーポットの上に

ジャック・オー・ランタンを飾るのですが、今年は花が、まだ元気・・・。



↓このジャック・オー・ランタンは今日、学校から帰ってきた長男が

素早くカービングしてくれた物です。

この二つの手作りジャック・オー・ランタンが近所の子供達を迎えます。



6時半にTrick Or Treatを始め、1時間ちょっと近所を回った子供達は

こんなにたくさんのキャンディーをもらって帰ってきました。



これはキャンディーを確かめているところです。

きっといい人ばかりだとは思いますが、100%の確信はないので、

しっかり口が閉じたキャンディーしか子供達に与えません。

簡単にラップが開けられるキャンディーを取り除いてます。

子供の命を守る為に、必ずする事です。


今年も楽しいハロウィーンでした。


ご近所のみなさん、ありがとうございました。


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!

22:47 Krabs家のハロウィーン | コメント(24) | トラックバック(0)
コメント
待ってました~
うちは札幌ですが、昨日の夜にハロウィンパーティーをしました。

住宅街を簡単なコスチュームで歩くだけですが、近所のおばちゃんたちが
おせんべいや、かまぼこなど、ある人は何もないからとおにぎりをくれました。
(*^_^*)

アメリカは本格的で楽しそうですね。
一度は体験してみたい!!

お子さん達のコスチュームも玄関の演出もパーフェクト!

今度はクリスマスですね。

記事 毎回楽しみにしています。(*^_^*)
私もこれからキャンディーのチェックです。

長男君、めちゃカッコイイ~!!
絶対女の子が放って置かないタイプですよね~。

うちはここに引っ越してから、キャンディーを買わなくなりました。
来る子もいないのでちょっと寂しいけど、家族で留守に出来るので、夕べは
子供達と楽しんだところです。

寒かったんですね~。
風邪をひきませんように。ポチポチ☆
お疲れさまでした~♪
そちらは寒かったんですね。
しかし、ものすごい種類と量のキャンディー用意されたんですね。
それもみんな私の好きな種類ばかりだわ!(笑)

長男くんのベストまで作ってしまったなんて、素晴らしい!
ホントに母の鏡です。

うちもreeさんと一緒で今の家に引越してきてからは(サブディビジョンではないので誰も来ないんです)キャンディー買いません。
いただくばかりで申し訳ないのですけどね。
夕べは子供たち、1時間半くらいで歩きつかれて、帰ろうよ~ということになりました。
心配していた雨もなく、無事楽しい夜となりました。

Mrs.Krabsさんのお子さんたちも楽しい夜を過ごされたようで何よりです♪

ポチポチ♪

Mrs.Krabsさんちのあたりはきっと、たくさんお菓子がもらえると噂の
住宅地ではないですか^^?

>簡単にラップが開けられるキャンディーを取り除いて

なるほど、これはあまり考えた事なかったな。reeさんも書いて
いらっしゃるってことは、これは一般的な注意事項なんですかね???
うちの方では、手作りのお菓子は失礼だけど食べずに置きましょう、
という程度です。

お姉ちゃんはもう出かけないんですね、配り係もまた楽しいですもんね。
ご長男くんは出かけたとうかがって、なんかほっとしました。
13、14歳でトリックオアトリート卒業じゃ、私ちょっとさみしいですもん。

しばらくはいただいたお菓子でワイワイ出来そうですね。
楽しそう!
ご家族で楽しんでおられる様子がよくわかりました。
次男君のランタンは、まだキレイでしたね。
次女ちゃんの手が冷たくなってしまうなんで、やはり気温が低いのですね。
子供達の衣装ばかりでなく、お宅の飾り付けや演出を見るのも楽しみの一つです。

こちらは蚊が多くて、虫除けをつけながら歩いて回りました。
ランタンは、もうカビが生えてしまって・・長く持ちませんでした。
帰宅してからの、キャンディーを分けている子供達の様子、同じですね。
ほほえましいです。お疲れさまでした!
とても素敵で楽しい一日でしたね♪
ハロウィーンの習慣は全くないところですが、Krabsさんのブログで本当にみなさんが楽しんでいる様子が、しっかりつかめました。
その反面、もらってきたキャンディーの包みを確認しなくてはいけないという現実。
そうですね、そんな世の中なんですよね。
過去に何か事件が起きたりもしたんでしょうか?
大人になったときに 素晴らしいハロウイーンの思い出が

残っていることでしょうね。

ご近所の子供達も 楽しかったことでしょうね。

Mrs. krabs おつかれさま!

霧がでたり、手作りのランタン、キャンデーと 物語ができそうですね。



私は 今日 英語の先生からスパニッシュ パンプキンを頂いて

きました。(クラスは 少人数で 3人から4人です。時間帯によって
違うようですよ。)
日本のかぼちゃに似ているかもしれないと 思って選んだのですが
どうかしら?
ゆずきさんへ
私はキャンディーより、おせんべいやかまぼこの方が嬉しいです。
札幌の人達も優しいですね。
ハロウィーンが広がってきているのですね。
お店に行くと、一気にクリスマス状態になってますが
我が家は11月の感謝祭を祝ってから、クリスマスの
飾り付けをします。
いつもコメントありがとうございます。
reeさんへ
このキャンディー代もいっぱい買っているので
バカになりません。
でも、うちの子供達ももらってくるので、お互い様ですよね。
reeさんの所は子供達のいない近所なんですね。
でも家族全員で出かけられなんて、楽しいですね。
うちは必ず、誰かが残ってキャンディーを上げてます。
寒かったけど、風邪はひいてないようです。
応援ありがとうございます。
クリスタルさんへ
雨が降らずに、子供達が楽しめてホットに良かったです。
クリスタルさんの住んでいる所は、自然の中での生活ですね。
私達も田舎のファーム生活も選びにはあったのですが
私が町の生活を選びました。
今でも時々、これで良かったのかな~?って思うことがあります。

私達も1時間半ほど歩いて、1年分ぐらいのキャンディーを
集めました。全部食べたら体に悪そうです。
応援ありがとうございます。
とくだいままさんへ
私達の住んでる地域は、のんびりした安全な所だと思いますが
やっぱり子供の安全を考えると、念には念を入れてです。
悪い人の話も聞いた事があります。
配るキャンディーもしっかりシールしてある物を選びます。

長女は人一倍、仮装が大好きなんです。
今年初めて、家に残ったんですが、寂しかったようです。
夫が家にいたので、やっぱり長女も一緒に出かけるべきでした。
こればっかりは子供の時にしかできませんよね。
少しでも長く子供達には続けてほしいです。
長男はとても楽しかったようです。気分を良くしてました。
お菓子騒動、続きそうですね。
takumarinaさんへ
ご主人が頑張って作った、あの素晴らしいジャック・オー・ランタンに
カビが生えてしまったのですか・・・。残念です!
全部ですか?ハロウィーンの日には使えましたか?
ミネソタは寒いから、カビの心配は無いです。
虫除けをつけをつけながらのTrick or Treatingだったんですね。
同じ国なのに・・・アメリカの広さを感じます。
このキャンディーの山、子供には嬉しいですよね。
なかなか、寝付けない様子でした。
お気楽ママさんへ
気にしていない人達も大勢いると思います。
そうゆう人達が、簡単に開けられるキャンディーを
配ったりしているのでしょうね。
私達は、カリフォルニアに住んでいたので
未だに用心深さがあります。
過去に1度、怖いニュースを聞いた事を忘れていません。
大きなボールに山盛りになるぐらい、キャンディーを取り除いています。
それでも余るほどのキャンディーが残ってます。
お菓子だけじゃなく、夜に大勢の子供達が仮装して外に出て、
近所のドアをノックして歩くのが楽しいのだと思います。
普段話さない人達との会話もあります。大人も楽しいです。
Gennyさんへ
ドアを開けると、霧がモクモクと出てくると
小さい子供達ははしゃいで喜んでいました。
子供達をビックリさせるのが楽しいです。
玄関先が暗いと、子供達もノックしにくいので
ライトアップして子供達を誘っています。

生徒3~4人とは少人数制のクラスで充実していますね。
スパニッシュパンプキン・・・日本のかぼちゃに似ているんですね。
味も似ているのかな?
Gennyさんの先生は、かぼちゃやハロウィーンの
キャンディーをくれたり、親切な方ですね。
ラップの甘いものを取り除く・・・
こういう注意が必要なんですね。
思いもよりませんでした。
残念ですが、そういうキャンデーの破棄は
子供のためには必要悪ですよね。
エディの先生はアメリカ人で、30歳くらいですが、
今年もアメリカのお母様がハロウィンキャンデーを
息子のために船便で送ってきたそうです。
ジャコランタンのキャンデーポットに入れて!
『ボクの年を忘れてるのか!?』
なんて冗談を言ってましたが、
嬉しそうでした。いくつになっても子は子、親は親ですね!
お母様が遠くの国の息子を思う気持ちに熱くなりました。
ステキなアメリカのハロウィンを垣間見た気がしました♪
楽しく過ごせたようで、ウキウキします!
スモッグのたいて・・・本格的だわぁ。ドアを開けただけで
うわ~って感じですよね。
お菓子って一人一人に手渡すんですか?
皆で分けてね!って感じで、渡すんですか?

しっかりとした包装のものしか食べないっていうのは、
「あー、なるほど!」と、思いました。
来年は、そちらでやりたいので、そのことに気を付けて
おかしを購入したいと思います。手作りもやめておきます。
ナイスアドヴァイスです。ありがとう!
キャンデー
おはようございます!
キャンデーのことー子供を守る為の注意 とても勉強になりました。
東京では 行事としてキャンデーを子供にあげる機会が なかったのですが
アメリカでは 気をつけるべきことですね。

私は 普段 お菓子をほとんど買わないので
お菓子コーナーは 見ていないのですが
どんな物が売られているのかぐらいは 眺めてみようと思いました。
私の知っているのは 夫、お勧めのアニマルクラッカー位で
小袋入りか、小箱のを 英語教室の皆さんにあげることが
あります。ぺろぺろキャンデーみたいな物は 子供が好きですが
袋に密封されていない物は あげないほうがいいのでしょうね。
鉛筆や消しゴムもありというのが 私はいいなと思いました。
それなら 私にもできそうです。

今年のHalloweenは Mrs. Krabsの記事と
英語教室で 題材として1週間ありましたので
アメリカの文化を知って 楽しむことができました。

私の住んでいるアパートでは 子供達向けに
ロビーにキャンデーを取りにきてねと 貼り紙がありました。
今年は ドアをノックする子供はいなかったようです。
いろいろな人が住んでいるから もっともかなとは思います。
バーベキューやクリスマスパーテーの時は 親子で参加している
子供が けっこういました。
Halloweenの日は 菓子袋を持って歩いている子供達、
幸せな日ですね。


我が家は 当分かぼちゃ料理が。。。
種をローストしたことがないので 初めてやってみます。
11月は義母に会いに行き、3人で食事をするのが
楽しみなので あれこれと用意していきたいです。
夫が 義母のところで 私が用意したものを食べるのが
好きで 義母も大変喜んでくれます。

夫は一人っ子です。お母さんのお母さんは出産後若くして亡くなったので お母さんも子供は一人だけだったそうです。
身近な親戚もいないのですが 夫は本当に両親思いで
両親が年老いてから 一人で沢山の手助けをしたようです。
高校を卒業してから 家を出て 大学、仕事と一人で生活して
きて 家には帰ってなかったそうですが 老いた両親を実に
大切にしてきました。義母が健康に長生きしているのは 夫の
優しさで 安心しているからかと 思えます。
夫一人の肩に 病気になった両親を支える日々が続き、
夫は よく頑張ったのだなあと 想像できます。

夫の故郷に戻る時は

ちょっと荷物が多くなるのですが もう行事となり 苦ではありません。

11月は いろいろ準備の時ですね。

風邪を引かないよう お体を大切にお過ごしください。

ルーシーさんへ
何才になっても親は子供の事を心にかけています。
30才になってもハロウィーンは嬉しいと思います。
子供の頃の楽しい思い出も頭に浮かんでくるでしょうね。
だから大人になっても、子供達の為に頑張ってしまいます。

田舎町ではそんな事、心配に及ばないのかも
しれませんが、キャンディーのチェックは欠かせません。

はじめまして。
2才7ヶ月の双子の母をしてます。

ハロウィンって、どんなことするのかなー?とか
思って拝見しました。
日本でも仮装がずいぶん定着したけど
行事そのものとしてはまだまだですよね。
どんなことをしたらいいのか分からなかったので
すごい興味津々で拝見しました!
グッズもすごいかわゆいですー!

また遊びにきます^^
みるきーさんへ
手渡してくれる人もいます。
うちでは大きな入れ物に入っているので
子供達に好きな物を取ってもらいます。
小さい手にいっぱい、取っていく子もいるし
遠慮がちに一個だけって子もいます。
遠慮している子には、もっと取ってあげます。
キャンディーで大盤振る舞いです。
以前は袋にお菓子や鉛筆などを入れ準備した事もあります。
子供達が悩みながら、どのキャンディーを決めるのを
見ているのも楽しいです。
知り合いの人だったら、手作りも良いですが
見ず知らずの子供達には、市販のキャンディーがいいですね。
Gennyさんへ
ぺろぺろキャンデーはうちの子供達も好きですが
袋に密封されていないので、子供達には上げられません。
お友達や知人からだったら心配は無いのですが・・・。
安全の為にしています。
歯ブラシを頂いた時もありますよ。
小さなおもちゃを上げる時もあります。

義母さんはGennyさんが大好きなんですね。
義母さんも日本食が好きなのかな?
ご主人は親孝行な優しい方なんですね。
親も子も独立しているアメリカでは、年老いた親の
面倒を見る人は、珍しいのではないのでしょうか。
幸せなご両親ですね。
感謝祭、クリスマスと家族のありがたさを再確認
する季節です。
べこまま さんへ
はじめまして!
私が訪問しているブログで、べこままさんの名前を
拝見した事があります。
今日は訪問ありがとうございます。
色々ある行事の中でも、ハロウィーンは
子供達にとっては、とても楽しいものです。
我が家でも、すっかり盛り上がりました。
9才の次男はもう、来年のコスチュームを決めたようです。
ハロウィーングッズは雑貨の好きな私には目の毒です。
可愛い物がいっぱいです。
今日はコメントありがとうございました。

たのしそう!
Krabsさんは、本当にすごいお母さんなんですね。
手づくりやアイディアが家に満ち溢れています。

お子さんが4人いらしたら、ふうふう言って髪を振り乱して・・・・という方もいると思いますが、もちろんものすごく
毎日忙しく過ごしていらっしゃるのでしょうが 心の余裕が
いつもあって。

お子さんたちが、自慢に思うのも分かります(*^_^*)

ハロウィン、日本ではあまり浸透していないので本の中やテレビの中のことです。
とっても楽しい~♪
ブレックファーストさんへ
私の髪も十分、振り乱れていると思いますよ。
子供には幸せになって欲しいです。
その為なら、私は頑張れます。
母親の使命だと思ってます。
子育てには限りがあります。終わりが来ます。
だから、今の子供達との時間を大切にしてます。
我が家の子供達も、ハロウィーン、ホントに楽しかったようです。
その姿を見てるだけで、私の苦労なんて吹っ飛んでいきます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。