09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

アーミッシュの里

2007/11/27
義父さんの住んでる所から、そんなに遠くない所にアーミッシュの人達の

住んでいる町があります。オールド・バーリン・ビレッジです。




以前にも紹介しましたが、アーミッシュとは信仰を同じにする人達が

集まって、1693年に創立されたグループです。アーミッシュの

人口198,000人、ペンシルバニアとオハイオ州に集中しています。

アーミッシュの人達は、現代的な物を使用せず昔ながらの生活をしてます。

電気も使ってないんですよ。冷蔵庫、洗濯機、テレビが無いって事です。

車も使わないので、今でも馬車で生活してます。



街中を馬車で行きかう姿が普通に見られます。

女性は長いドレスを着て、白い帽子(ボーネット)をかぶっています。

男性は若い人も、ひげ顔でした。洋服も昔ながらのシンプルなスタイルです。



道端で手作りのバスケットを売っているアーミッシュの人に会いました。

馬車も車と同じ駐車所に止めていました。

カントリースタイルやアンティークの好きな人にはお勧めの所です。



アーミッシュの手作りの家具のお店もあります。

昔と今が混合した不思議な空間です。



たくさんのお店を見て周り、最後は美味しいアーミッシュのレストランで

食事をして帰ってきました。

何故、文明がご法度になったのかは分かりませんが、文明を拒否して

生きてい人達。電化製品がなくても人間、生きていけるんですよね。


たった9日間なのに、PC無しの生活が辛かった私には想像もつかない生活です。

私は文明に感謝しながら生活してます。


海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!

23:43 不思議な人々 | コメント(30) | トラックバック(0)
コメント
はじめてアーミッシュの事を知りました。
伝統はとても大切なことだと思いますが、
あたしも文明に感謝しながら生活している方です。

アーミッシュの生活が近くで体験できることも貴重な経験ですね。
子供たちにとってもとてもいい経験だと思います。
おかえりなさい!
素敵な旅だったようで、良かったわ。
わー。なんで、イリノイには、日本人がそんなにいるのかしら?行って見たいです。でも、それよりも、アーッミッシュの村には是非いってみたいんです。主人は、べつにぃ~って、言うので行けそうに無いけど・・・。
便利になりすぎている今、この便利さがあたりまえになってしまい、どれだけありがたいかが麻痺してますよね。
1週間子供達をここでの生活を体験させてみたいです。
息子が先日アーミッシュについて勉強したんです。
興味深いものだったらしいけど、やはり経験がないので分かってるような分かってないような・・・。
ぽちぽち☆
私も初めて聞きました、アーミッシュ。ちょっと調べたら、カナダにもある
みたいですね。どこに住まうグループも、みんな文明の利器を使わないの
でしょうかね^^?

寒さが厳しくて、セントラルヒーティングなしでいられない、冬は屋内でも、
電気やガスが止まったら凍死するかもしれないような土地柄なのに、
それでもそういう物を使わない生活の大変さは、想像するにあまりある
感じです。

古い物と新しい物が入り交じった感じ、なんか素敵。
ゆずきさんへ
昔ながらの生活、女性には厳しいと思います。
アメリカでは一般的に洗濯、乾燥は全て機械任せですが、
アーミッシュの家庭では未だに手作業のようです。
一度楽をしてしますと、昔の生活は辛いですね。
現代の子供達にはアーミッシュの生活はキャンプ気分かも・・・。
みるきーさんへ
イリノイ州はシカゴがあるので、
日系の企業がたくさんあるのでしょうね。
日本食のレストランに入った時に
日本人のおじさん達でいっぱいでした。
私は「本物の日本食レストラン~!」と
喜んでしまいました。

アーミッシュの町では、雑貨の店が可愛かったです。
みるきーさんが喜びそうな物がありそうです。
reeさんへ
電気がない生活なんて、
現代の子供達には理解するのは難しいと思います。
大人でも大変です。私は電化製品なしの家事なんて
不可能です。洗濯物が乾かない・・・。
停電になってしまったら、パニックになってしまいそうです。
便利な生活に感謝しなくっちゃ!

いつも応援ありがとうございます。
とくだいままさんへ
北アメリカとカナダにアーミッシュに人達は
住んでいます。みんな同じ生活をしていると思います。
アーミッシュから分裂した人達だと思いますが
信仰は同じで、文明を取り入れているグループもあるそうです。
彼らは、また違った名前で呼ばれてます。
開拓者の生活を考えただけでも、ミネソタの冬の寒さ
夏の暑さをどんな風に乗り越えたのか想像もつきません。
現代人はひ弱になってるのかな?
アーミッシュ
アロハ~!
アーミッシュの町に行ったら本当に不思議な感覚でしょうね~。
私もテレビでしか見たことないんですが、興味深い。。
今は自然派が強調されてきてるから、アーミッシュ的生活、脚光を浴びるかも。。
でも、本当電気なし、車なし、PCなしのないない生活には戻れません~。。

ホノルル・ワイキキはオアフ島で、私達は離島のマウイ島に住んでいます。
ホノルルやワイキキに行くには飛行機で飛ばなくてはなりません。
以前ワンコを飼う前はよく買い物に行ってたんですけどね。。
ワイキキは日本人観光客でいっぱい。
まさに日本です。
マウイは日系人は多いのですが、日本人はオアフ島ほどではありません。
だから、日本スーパーもないんですよ。。(悲)
うちも親戚がペンシルバニアにいるのでアーミッシュのお店に連れて行ってもらったことがあります。
文明の利器から離れた生活。
大草原の小さな家の時代ですよね。
あまりにも色んなものに慣れすぎてしまって、依存しがちな今の世の中。
昔ながらのスローな中に時々身を置いてみることも必要ですよね^^

応援、ポチポチ☆
こういう生活をしてる方々が今の時代にもいらっしゃるのですねぇ。
でも、家は現代的だったりして・・・
ワタシも家電のない生活は『廃人になること』です・・・
慣れすぎてるけど、抜けられない・・・
モリーママさんへ
日系人の方が大勢いても、日本スーパーが無いんですね。
日系人の方々はどんな食事をしているのかな?
もうスッカリ、アメリカ的なのかな?
それともハワイアンフード?
でもそんなに遠くない所に、日本そのものが
あるなんていいな~!

私もモリーママさんと同じです。
便利な物無しの生活は不可能ですよね。
アーミッシュの人達も、いつまで今のような生活を
続けられるのかな?
彼らの生活圏に現代人が多すぎます。
クリスタルさんへ
私達現代人とは違った価値観を持った人達の
生活ぶりを見てきました。
自分の力で生活している人達は、大きな災害などの時は、
たくましく生き抜いていかれる人達なのかもしれません。
確かに現代人は機械類に頼り過ぎかも・・・。
停電したら生活が成り立ちませんよね。
生活の知恵を貯えて置くのも、大切ですね!

いつも応援ありがとうございます。
ルーシーさんへ
昔ながらの家は、シッカリと建てられているようです。
アーミッシュの建てる家や家具は評判がいいです。
電気が無いので、ランプやローソクを使ってます。
暖房は暖炉でしょうか・・・。
馬車を見ただけでも、冬場は寒そうです。
女性は冬でもドレスを着ているのかな?
私もアーミッシュの生活については、知らない事が
いっぱいです。
一般のアメリカ人は乾燥機を使っているので、洗濯物は
外には干さないのですが、アーミッシュのお宅だけは
たくさんの洗濯物を干してます。
家事が大変だろうな~。
夫がペンシルバニア出身なので アーミッシュの
話はよくします。ペンシルバニアのランカスターという町にアーミシュの人々がコミュニテーを造り、
生活しています。ランカスターというところは 土地の質が大変良いので いい作物ができるそうですよ。私も ペンシルバニアのサウスセントラルの
ヨーク市のホテルに泊まるといつも アーミシュの家具、レストラン、ツアーなどの新聞宣伝を読みます。ワシントンポストで読んだのですが 家の改築する時にアーミシュの建築法で建てると 体に良い何代も持つ家が建てられるそうですが 建築には日数をかなりかけるし 技術を持っている建築士も少ないのが 現状だと 確か読んだことがあります。うろ覚えでスミマセンが 急に思い出した
ことです。文明にどっぷりつかっている生活の自分は 物を所有したり、消費する仕方について
考えされられます。
特異なこととしてではなく 歴史から学べますね。

旅行のいいニュースをありがとう。

夫は日本蕎麦が好きですので 私ははやく年末に
ならないかなーと待っていて、たしか蕎麦は痩せた土地にむいていると思っていたので そこから
ペンシルバニアは 肥沃な土地なのだ、ランカスターは
特にと その話題になった。
しかし 広大な自然を破壊している工業や他州の
ごみがペンシルバニアに埋め立てられているのです。ニューヨーク市からのごみもペンシルバニアで受け入れているとか。バージニア州でも同じだと この話題になったのでした。






映画で・・・
場面設定はかなり違いますが、現代の中で隔離された場所で、この様な生活をされている人の映画を観た事が有ります。

本当に居るなんて、思っても見ませんでした。

・・・現代社会で生きている私たち。バリ島でさえ、私はインターネットでブログをしている・・・。

う~ん。人って欲張りなんですねぇ。有ればあるだけ便利さを求める。。。ちょっと考えさせられました。
ぽちっとなぁ☆
お久しぶりです。私の朝の習慣はMrs.Krabs さんのブログを読む事なんですよ。
ア-ミッシュのことすごく興味があります。
お店かわいらしいですね。
確か写真を撮る事が禁止されるとか聞いた事があります。どんな方たちなんだろうなって想像していました。
Mrs.Krabs さんはご結婚された当初、ご主人との英語のコミュニケ-ションで大変だった事がありますか?私は今3年目、お互いに慣れてきてるので遠慮がなくなってしまい最近ミスコミュニケ-ションが起こるとム-ドが悪くなってしまいます。
もしよかったら夫婦円満の秘訣、簡単に教えて下さい!
私も毎日ポチポチ。
自分が選ぶ生活様式で暮らす方たち。
新と旧を、どれだけづつ混ぜるのかが難しい選択のような気もしますけどね。
居ながらにして、半サバイバルを経験してる私には、文明ドップリが希望!です・・・・
なんて、ひんしゅくかしらん??
Gennyさんへ
ご主人はペンシルバニア出身なのですね。
きっとアーミッシュの人達についても詳しいのでしょうね。
私はオハイオ州を訪れる度に、食事をしに行ったり
彼らの作ったチーズを買ったりと食べる物で
楽しんでいます。
ペンシルバニアに住むアーミッシュの人達は、肥沃な土地で
美味しい物をいっぱい作っているのでしょうね。
それにしても他州のゴミがペンシルバニアで埋め立てられていたなんて
全く知りませんでした。
文明はゴミも大量に発生させていますね。
みんなが物を大切に使うと、ゴミの量も減るのかな・・・。
アーミッシュの人達から学べる事がありそうですね。

いつもコメントありがとうございます。
今日もGennyさんにとって良い日でありますように!
kaoruko さんへ
アーミッシュの人達は現代人と混じりながらも
このような古い生活方法を自分の意思で選んでいるのだから驚きです。
手を伸ばせば、テレビやPC、便利な家電があふれている。
洋服だって大草原の小さな家の時代物を着てます。
若い人達も小さな子供達もです。

便利さを追求した結果が今の状態なのでしょうね。

いつも応援ありがとうございます。
ちいこさんへ
おはようございます!
私のブログを朝の日課にして下さっているのですね。
ありがとうございます。
お店には可愛い物がいっぱい、目の毒でした。

夫婦円満の秘訣・・・
うちの場合は喧嘩をしながら、お互いを理解してきたように思います。
結婚した当初から、こんなヅバヅバと言っていた訳では
ないのです。相手に察して欲しいかったのですが
アメリカ人の夫にはそれは期待できないと分かりました。
私は思った事を直ぐ出しています。
心の中にしまっておかない。
衝突もありますが、隠し事はないです。
知り合いの夫婦でも結婚してから喧嘩した事が
ないという夫婦がいるのですが、
私には想像が出来ません。
私の心の健康は、嫌な事をためないって事かな~。
夫にとっては喜ばしい事ではないかもね・・・。
言いたい事を言ったら、スッキリ!
私はいい例とは言えませんね。

本当は相手の立場で物事を考えると、衝突も少なく、問題も解決するのでしょうね。
分かっていても、なかなか実行できない私です。
自分自信の弱点を知ると、相手の嫌いな部分を
攻める事が出来なくなります。

私も山あり谷ありで17年間、過ごしてきました。
ちいこさんはこれからです。
頑張って下さい。
応援ありがとうございます。
お気楽ママさんへ
テレビでニュースを見るたびに、お気楽ママさんは
大丈夫かなと心配してました。
実際にお気楽ママさんの生活圏の近くで、
怖い事が起こっているのですよね。
正にサバイバルの生活だと思います。
平和に生活出来るのが一番です。
人間が欲を求めすぎると、戦いも起きるのでしょうか。
お気楽ママさんご家族が、いつも安全でありますように!

アメリカ生活は文明ドップリです。

行ってみたいです
アメリカ映画などで取り上げられたりしているせいか、アメリカのことをそれほど知らなくてもアーミッシュはけっこう私たちも知っていますよね。

世界的にも有名なんでしょうか。

 最近はエコとかロハスとかが注目を集めるようになってきたりして
かえって人々の注目を集めるかもしれませんね。
こんにちは。
私もアーミッシュの村、行きたかったのだけど
叶わなかった。。。
でも馬車は見たんです。
ミネソタの北部、ミシシッピ川の源流へ行く時に
「馬車に注意」の標識を見たすぐ後に!
本当に馬車が走ってた~
夜だったから、本当に危なかった!
キルトも素敵なんですよね~♪
電気がない生活ですか。
今では何でも電気製品ばっかりですね。
でも、昔はみんな電気のない生活だったんですよね~。
テレビが見れないのは苦痛じゃありませんが
PCが使えないとなるとちょっと・・・・・。
ポチ☆
ブレックファーストさんへ
ブレックファーストさんは可愛い小物が好きだから
手作りの飾り物とか、気に入るかもしれませんね。
自給自足を心がけていると思います。
正にエコの世界ですよね。
美味しいチーズを作るとか、家庭料理が美味しいとか
よく聞きます。私達も今回の旅行で、たくさんの
アーミッシュの作ったチーズを買って帰ってきました。
ブレックファーストさんも機会があったら、是非訪れてみて下さい。
kayoko-mn さんへ
アーミッシュはペンシルバニアとオハイオが有名ですが、
ミネソタにもいるんですよね。ウィスコンシンから
ミネソタに帰って来た時、道端でアーミッシュの
レストランのサインに気がつきました。
ミネソタでもやっぱり馬車なんですよね。
そうそう馬車はとってもゆっくりだから、車の方も
十分注意しないと危ないです。
お店でアーミッシュの女性の作ったキルトが売ってました。
全て手作業・・・凄いな~と思いました。
ひよっこまま さんへ
私は洗濯機が使えないと、一番困るかな・・・。
ご飯を炊くのにも、炊飯器を使っているし、
私の生活全てが家電製品で成り立ってます。
掃除だって掃除機・・・。
電気が無かったら、家事が出来ない主婦になってる
と思う。
文明に感謝、感謝です!

応援ありがとうございます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
○○さんへ
コメントありがとうございます。
物を大切にしている事は確かでしょうね。
現代の私達のように、なんでも買って直ぐ
捨ててしまうような生活はしてないと思います。
洋服も手作りなのかな~と思ってます。
料理なども心を込めて作っているのでしょう。
電気がなかったら冷凍食品も使えないですよね。

私も『O Holy Night』は大好きなクリスマスソングです。
これから毎日のように、暖かいクリスマスソングを
聞いて過ごします。

もうすぐお誕生日ですね。
今年も素敵な時間を過ごせますように!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。