05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

クリスマス・ストーリー

2007/12/23
クリスマスが近づいてくると、家族で一緒に読む本があります。

私がクリスマスのお話を集めるのが好きなんです。

その見つけてきたお話を子供達と一緒に読みます。

今日はそんな短いお話の一つを紹介します。


Pattern of Love  by ジャック・スミス

毎年クリスマスの時期になると、私達のチャリティークラブは

恵まれない家族の子供達を連れて、ショッピングに出かけます。

私の担当はお父さんが失業している9才のティミーと7才のビリーです。

一人4ドルずつ渡たし、そのお金で子供達は好きな物を買います。

どのお店に行っても、二人は買いたい物がなかった。

「次は何処のお店に行ったらいいかな・・・。」と聞いてみた。

するとティミーが、「靴屋さんに連れて行ってくれますか?」と尋ねてきた。

「僕達はお父さんの為に靴が欲しいんです。

お父さんは靴がないんだ・・・。

いい靴を買ってあげたら、仕事に行けるようになる。」

靴屋に着くと、ビリーがポケットから何か取り出し、ティミーに手渡した。

しわしわになった茶色い紙を一生懸命伸ばして、店員に見せると

「これはお父さんの足型なんです。お父さんが昼寝をしてる時に

こっそりと足型をとったんだ。これに合った靴ありますか?」

店員はその茶色い紙をジックリ見てから、店の奥へ入っていった。

数分して靴の箱を持って出てきた。「この靴でどうですか?」

ティミーは靴の箱についている値段を見て、

「その靴は16ドル95セントもする。僕達、8ドルしか持っていないんです。」

店員は「ああ~、この靴、定価は16ド95セントだけど

今日はクリスマススペシャルで3ドル95セントだよ。残ったお金で

自分達の好きな物を買うといいよ。」

「残ったお金で、お母さんに、そして二人の妹にもプレゼントが買える!

ありがとうございます!本当にありがとうございます!」



クリスマスの翌日、新しい靴を履いた二人の兄弟の父に会った。

「親切な人達がいる事をイエス様に感謝します。」

「私こそ、あなたの息子達をイエス様に感謝します。

彼らと過ごしは時間は、私が一生かかっても学ばなかった

クリスマスの本当の意味を教えてくれました。」



この短いストーリーは実話だと思う。この小さな子供達から

私の家族もクリスマスの本当の意味を学ぶことが出来ます。

クリスマスはプレゼントだけが全てではないです。

優しい思いやり、分かち合い、愛・・・

そんな事を考えて、この時期を過ごすと

今年のクリスマスがいつもと違ったものになるかもしれません。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらもクッリクよろしく!



土曜日の午前中、日本宛てのクリスマスカードを
出す為に郵便局に出かけました。




私が到着すると、たった今、営業時間終了だって・・・。

こんな運の悪い事あるんですね。閉まってしまった郵便局で

しばらくの間、考えてしまいました。切手はあるんです。

送料が分かれば投函できるのにな・・・。

適当に切手を多めに貼って出す事にしました。

日本に無事に届きますように!




郵便局の帰りに、近くに住んでいる知り合いの家に立ち寄りました。

この女性とは今年の夏、知り合いになりました。

彼女は多分、50代ぐらいだと思う。一人暮らしをしてます。

話す時はゆっくりで声が大きい。少しだけ知能障害があるらしい。

そんな彼女がアパートで一人暮らし、仕事も毎日、歩いて出かけます。

彼女はミネソタの寒い冬も、夜遅くまで働いて、歩いて帰ってくるんです。


アパートに着くと、昨夜降った雪がそのままになっている。

家にいるな~と思ってドアをノックすると

「もう少しで仕事に出かけるところ・・・」と言って、気持ちよく迎えてくれました。

彼女のまん丸に太った猫がいなかったので、聞いてみると

アレルギーが酷くなり、手放してしまったと・・・。5年間一緒に暮らしていた。

猫だけが家族の一員だったのに・・・。

今日は私の訪問が嬉しそうで、よく微笑んでいた。

クリスマスのお菓子を渡し、雪かきをして帰ってきた。


頑張り屋で働き者の彼女の事を、凄い人だな~と尊敬してます。


10:08 Krabs家のクリスマス | コメント(18) | トラックバック(0)
コメント
涙でちゃいました
素敵なお話をありがとう!
プレゼントってのは形ばかりではないですよね。
似たようなお話ですが、クリスマスの日、
小さな女の子が自分のおこずかいを持って出かけたまま
帰ってきませんでした。その子はお父さんと貧しい二人暮らしでした。
お父さんは夜になっても帰ってこない娘を心配して街中を探しました。
すると、靴屋さんで一生懸命、靴を磨いている我が子を発見。 
「何をしているんだ」と怒鳴る父親に娘は
「いつも私の為に働いてくれてるお父さんに靴を買ってあげたかったの・・・。
でもお金が足りないからその分お手伝いさせてもらっていたの。心配させてごめんなさい・・・」
ってお話なんだけど、親子の愛情がすごく
伝わったのを覚えています。
長くなっちゃった! ごめんなさい! 応援ぽち
いいお話
素敵なお話ですね。

クリスマスにプレゼントをしあうことが意味する本当の意味…それを考えさせられますね。

家族で一緒に過ごせる幸せ、お互いを思いあう気持ち。そしし、思いやり、分かち合い、愛。

一番大切なことを教えてもらった気がします。

応援ぽちぽち♪
NoTitle
いいお話ですね。
ジ~~ンと来ちゃって涙が出ちゃいました。
この世の中、家族間での事件が相次いでます。
こう言った物語、特に親である人達に読んで欲しいですね。
愛情を持って接すれば、おのずと子供達も思いやりを持ったステキな人間になれるのに・・・。
☆☆
NoTitle
心温まるお話に感動しました。。
幸せを分かちあうこと、それが本当の意味のクリスマスですね。
そしたらもっともっと世の中がまるく、やさしくなれるのに・・・。
あまりにもマテリアル中心になっている今。
もう一度自分の周りにあるホントの幸せをかみしめて、周りへの思いやりの気持ちを
考え直す必要がありますね。
素敵なお話をシェアしてくださって、ありがとうございました☆

応援ポチポチ☆

ピンクドルフィン さんへ
ピンクドルフィン さんのクリスマスの話もいい話ですね。
親が一生懸命にしていると、子供も理解してくれる。
親の為に頑張る姿が涙を誘います。
日本のお話ですか?
私も読んでみたいです。
応援ありがとうございます。
まーすぃ さんへ
私が一番大切にしている事が、家族です。
家族の幸わせの為なら頑張ってしまいます。
冬の間、家族みんなで家にいる事が多いです。
暖かい居間で家族の時間・・・幸せなひと時です。
うちの子供達はサンタさんも嬉しいけど
クリスマスはイエス・キリストの誕生日として祝います。

応援ありがとうございます。
reeさんへ
親が頑張っている姿、苦労している姿を
子供達はしっかり見ていますね。
親が愛情を持って子供に接したら、
子供の愛も親に向かいます。
子供を幸せな家庭で育てたい・・・私の希望です。
応援ありがとうございます。
クリスタルさんへ
普通に生活している人達だって
優しい言葉をかけられたら嬉しいです。
小さな思いやりが、一日を明るくしてくれます。
ほんのチョッとだけ、自分の周りの人達に
優しさを分かち合える人間になりたいです。
こんな行為が伝染していったら、
みんな笑顔になれるだろう~な・・・・。
応援ありがとうございます。
NoTitle
いいお話ですね。
オー・ヘンリーの貧しい夫婦の話はあまりに有名ですが、
(夫は自慢の懐中時計を手放し、妻の美しい髪をすく櫛を買って、妻は髪を売って時計につける鎖を買う。という話ですね。)
この話は本当の話なんですね。涙が出ちゃう(゚ーÅ)。

そういえば、先日ニュースをみていたら、
どこかのファーストフードのレストランのドライブスルーで、
次の人の分も払ってあげた人がいて、
そしたら、次の人も、次の人も・・・と
それが2時間程続いたそうです。
なんだか、クリスマスって暖かい気持ちになりますね。

そうそう、小切手をクレジット会社に送って貰い、確認しましたが、全く見覚えの無いサインがしてありました。
家計簿の情報はこちらです。有料ですが、キャッシュ、チェッキング、セービング、クレジット、等・・・一つにまとめて置けるので便利です。Due Dateが近づいてくると教えてくれたりもしますよ。
http://quicken.intuit.com/?src=www.quicken.com

NoTitle
素晴らしいお話でした。
子どもたちも、素晴らしい神の子だわ。
靴屋さんも、さりげなく・・・当たり前のこととして
押しつけること無く、
善意のプレゼントが出来たと思います。
そこは、私が目指したいところです。
感動!です。
いいお話を、教えてくれてありがとう。
お話の中の子供たちも、Krabsさんちの子供たちも、
素敵なご両親に育ててもらって、幸せです。
慈しむ心は、素敵ですね。
NoTitle
優しくて、暖かい小さなお話しって、大好きです。
子供たちの小さな世界には、たくさんの愛がころがってる気がします。
素直な子供たちの心に触れて、大人たちも多くのことに気付くのでしょうね。^^
今日は、クリスマスイブですね。
盛り上がっていますか♪

孝行話し
アロハ~!
↓インターネット支払いで2度払いなんてことが起きるんですか!?
我が家もこのところ、郵便局も当てにならにので、インターネットでの支払いに切り替え始めたところです。。
気をつけないとです。。

いいお話ですね。
子供が親のために孝行する話、古今東西かわらないですね。
今の子達には古い話に聞こえるかしら?
NoTitle
この物語、素敵なクリスマススピリッツですねえ。

それに、郵便局の帰りのMrs.Krabsさんの訪問も、
とっても素敵なクリスマススピリッツだと思えました。

楽しく温かいクリスマスになりますように♪
Madre さんへ
サインが違うのに、小切手が使えてしまうなんて
信じられないけど、実際に使えちゃうんですね。
もしMadre さんが気がつかなかったら、そのまま・・・・。
怖いですねー!

ファーストレストランの話、いいですね。
やっぱり優しい行為は伝染するんですね。
どんどん広めていけたらいいのに!

有料か・・・でも支払いの締切日を教えてくれるのは
助かりますね。
チェックしてみます。ありがとうございました。
みるきーさんへ
人助けは、しているほうもとても幸せになります。
だからボランティアの人達はやめられないんだと思います。
人に喜んでもらえると嬉しい。
小さな子供でも、それを感じる事が出来ます。
幸せになる一番の近道かも・・・・。
お気楽ママさんへ
今はクリスマスイブの朝です。
まだ我が家は静かです。
子供達はイエスキリストの誕生を感謝し、プラス
サンタさんのマジカルな世界を感じて
今日一日を過ごすと思います。
子供達の素直な気持ちに触れると、
私の疲れた心も癒されます。
子供から学ぶ事、いっぱいありますね。
そちらはどのような一日を過ごされるのかな?
遊びに行きますね。
モリーママさんへ
私もオンラインの支払いで、こんな事が起きるなんて
想像もしてませんでした。
まめにチェックしていれば、ミスがあった時に即座に対応できます。

こんな話を読んでは、心を洗われてます。
我が家の子供達も、何かを感じてくれたらいいな~
と思ってます。
とくだいままさんへ
私はこの女性から学ばせてもらってます。
見ず知らずの私にドアを開け招いてくれました。
猫もいなくなってしまったので、これからは
頻繁に顔を出そうと思ってます。

とくだい家でも温かいクリスマスになりますように!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。