03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

手作りバッグ

2008/01/16
13才の長男が今学期、家庭科の授業で洋裁をしてました。

課題はダッフルバッグを作る!

今まで針にも触った事もない子供が、

いきなりダッフルバッグを作るなんて、それもミシンを使って・・・。

以前に上級生のお母さん方から、噂には聞いていた恐怖のクラス。

今週の金曜日で学期末、成績発表なんです。

勿論、課題のバッグを終わらせなければなりません。

今週は2度、早朝登校、学校が始まる前に登校して

遅れを取り戻すのです。家に持ち帰りは禁止!

親は信用されてないようです。
私も見てられなくて手伝ってしまう方だろうな・・・。


苦労した長男のダッフルバッグが出来上がってきました。



一応、バッグの形はしてます。

ストラップもついているし、自分の名前までステッチしてある。

母はチョッと感動してます。

我が息子が作ったダッフルバッグ、悪くない!

bag 003

縫い目も悪くない。ジックリ見てあげて下さい。

ジッパーも縫い付けたんだね。凄いよ~!

母でさえ、ジッパーは苦手で、ぐちゃぐちゃになるのに・・・。

bag 004

問題の成績は、こんなに上手に出来ているのに B でした。

A が一番いい成績、F は落第です。

1点足りなくて、A を逃してしまった長男は悔しそうです。

その気持ち、母にも分かるよ~!

一生懸命頑張って、それが認められなかったら、がっかりだよね。

母の目からは十分に A のダッフルバッグ

頑張ったね~!

こんなに上手にできるとは想像もしてなかった。

お母さん達の噂に惑わされ、取り越し苦労をしていた母です。



家族みんなで、長男のバッグを絶賛していた
変な親と子供達でした。


時には、親バカでもいいですよね~。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます!


08:44 アメリカの学校 | コメント(28) | トラックバック(0)
コメント
すごい!!
きっと家に持って帰ってたら、手伝ってしまいたくなりますよね。ハラハラして、見てるほうが、つらい!!かえって、
学校で全部やってくれて、よかったですね。長男さんも、このダッフルバッグを見る度にがんばったことを思い出して、誇りに思うことでしょう。私からも是非Aプラスをあげたいと、長男さんにお伝えください!応援!!
え~~~!!なんでAじゃないのさ!先生!!
私だってこんなに上手に作れないよ、先生!!
すっごい意地悪ぅ~~。
それにしてもすごい上手ですよね。
本当に絶賛です。
きっとこの写真を見たみなさん、Aプラスを長男君にあげると思います。
☆☆
これはすごい!
もう拍手100ぐらい押したかったです。

もって帰らないっていうのは、いいかも。やっぱり親が手伝ったら意味がないから。

でも私もきっと不安でどうなってるか心配で仕方無かったと思います!

でも、この出来上がり…、A+です!!

自分でこんな大作を完成させた長男君、きっとこれは自信にもなりますね。

不器用な私…絶対こんなの作れません~!!!

応援ぽちぽち♪
とっても上手に出来てますよ!!!!!
ホントに素晴らしい出来で、感動です!!
だって、ダッフルバッグですよ!
四角くただ縫えばいいってもんじゃないです。
マチもあるし、ジッパーだってある!
A+++++を差し上げたいくらいです♪

応援ポチポチ★
すごいですね
最初文を読む前に画像を見たので
お買い物をされたのかと思いました。
ほんとう、よくできてますね。
売り物ですよ~~。
1人で仕上げたなんて偉いですね。
日本ではこんな高度なもの作りませんよね・・。
すごいです。
男の子がミシンでものを作るって
大変なことですよね。一生懸命頑張ったのでしょうね。アメリカの学校の課題って大変なものがたくさんあるんですね。
私も勉強になりました!★
ダッフルバッグって、
側面を本体生地に縫い合わせる時、角の処理が面倒なんです。
初めてだと、キッチリ隅までミシンを進められないと思うけど、
本当に器用に、上手に仕上ましたね!!
お母さんがスーパーAをつけてあげれば、もう十分ですよ♪
それにしても、アメリカって豪快だな・・・
いきなりダッフルバッグだなんて・・・
日本はまずは直線縫いでできるエプロンですよ。
世界に一つだけのバック
とても 素敵ですね。こういうのが作れるのですね。買うものとばかり思ってました。
長男さんの気持ちが出ている 若さの溢れるバッグですね。読んでいていろいろ教育について考えされられます。☆☆☆
とろこで長芋の話題から 農業高校生が長芋を販売していたのが 美味しかったのを思い出しした。友人のライブが 北海道の、名前が出てこないのですが、熊が出てくる町であってはるばると応援に行ったら テントで美味しい物を売っていて 夢中になって楽しかったですよ。
もう行く機会がないですが 友人の音楽、長薯、カサブランカ、有機卵、広い空を思い出します。
本当は もう一度いってみたいなぁと 思いますね。 
さりすけさんへ
自分のバッグ気に入ってるようです。
スポーツをしているので、このバッグを使うと言ってます。
洋裁、自信がついたと思います。
何でもやれば出来るんだ~と実感してるようです。
応援ありがとうございます。
reeさんへ
きっと厳しい採点リストがありのでしょうね。
本人はA じゃんくて、チョッとがっかりしてましたが
私は終わってくれただけで嬉しいです。
材料代の元が取れたようです。
応援ありがとうございます。
まーすぃ さんへ
私もジッパーのついている物は選びません。
いつも失敗ばかり・・・。
長男が結構器用にバッグを作ってたので
ハッキリ言って驚きです。
縫っている姿を見てみたかったです。
応援ありがとうございます。
クリスタルさんへ
長男は見かけによらず、器用だったんだ~と
この課題のバッグを見て思いました。
初めてにしては、いい出来です。
学校卒業するまで、自分のバッグを使うだろうな。
長男の自信作だと思います。
応援ありがとうございます。
ありーしゃさんへ
長男が喜びそうなコメント、ありがとうございます。
じっくり見ない限りは、上手に出来てます。
長男の洋裁のクラスでは、作るもの自分で選べるんです。
ダッフルバッグの他には、スキーやスノーボードの
バッグって言うのもありましたよ。
結構、初めての洋裁にしては高度な課題ですよね。
私も注文用紙を見て驚きました。
ちいこさんへ
初めての洋裁クラスがいきなりミシン・・・。
家ではミシンに一度も触れたことがなかったです。
学校のミシンは刺繍が出来る高度なミシンですよ。
長男はバッグに自分の名前も入れてました。
終わってホッとしてます。
ルーシーさんへ
洋裁の課題を自分で選べるのですが、
ダッフルバッグより大物がありましたよ。
スキーやスノーボードのバッグです。
それから考えたら、ダッフルバッグのほうが
まだ楽そうです。
日本では、エプロンですか?
エプロンも注文用紙に書いてあったかも・・・。
長男は最初からダッフルバッグと決めていたようです。
長男の新しい才能発見かな・・・?
おたふくさんへ
熊の出てくる町・・・って何処だろう~?登別?
北海道までお友達の応援、楽しかったですね。
おたふくさんも長芋が好きですか?
私は長芋でご飯を大食いしてました。
美味しかったな・・・・。
北海道、また行けるかもしれませんよ。
ご主人と二人旅なんていいかも・・・。
夢は大きくです。想像するだけでも楽しい!

何でも手作りしようと思ったら出来るんですよね。
世の中便利になり過ぎました。
すごく上手にできてますね!
私だったら無理かも・・・・・。汗

成績も大事だけど
やってる過程が大切です。
一生懸命頑張ったなら良しです。
そのくやしさをバネにまた次を頑張れますね。
ポチ☆
すんごく上手なのにBですか~!!!
うわぁ~。A取るのって、どんだけ難しいんだか(^^;)
私からもAあげちゃいますよ~+.(ゝω・)b.+゜+

私が高校生の頃、日本の高校でも平均評定が5段階の4.?だったけど、アメリカの高校でもB平均くらいでした。
日本は80点以上で5もらえますけど、アメリカではAとるのに90点以上必要なんですよね~。

アメリカの高校で成績もらうときは、「日本だったら5なのに・・・」と思いながらBもらって凹んでいました。

アメリカの学校は日本より評価基準が厳しいので、日本の学校と同じ成績を取ることが難しく、語学力か基準の厳しさ等の理由から日本にいたときよりも成績が下がります。って、留学前に念を押されたんですが、留学しても日本と成績が変わらず・・・アメリカでそれだけの成績とれるんなら日本でもっと頑張って良い成績取れなかったのかな?と思って、日本で頑張ってますが、やはり切羽詰まり度が違うのか日本での成績上がらず(^^;

近年、日本の大学でも優(80点以上)から優(90点以上)に評価基準をアメリカと同じ評価基準にしようって話しがでて、そうなりました。
ちょっと前までは日本の優(80点以上)を英語で成績証明書を発行してもらうとAになっていて、まるでA(90点以上)取ったように見える上げ底トリック?もできたんですけどねぇ~。

世の中、だんだん?評価基準が厳しくなってきてます。

某アメリカの大学の教授(日本人)が「僕はアメリカの大学で1点足りずにB評定をもらい、その科目だけがBでそれ以外は全てAでした・・・All Aの成績を取れなかったのはその1科目のせいです・・・アメリカは厳しい。ちなみに、その1点はレポートの英語のスペルミスの減点が原因でした。僕が学生の頃はパソコンのスペルチェック機能なんてありませんでしたが、皆さんは是非活用して減点には気をつけてください」と語っていました。

世の中、1点、されど1点(><)
でも、Bを取っても負けずに頑張れる精神がAをとるよりも大事ですよ☆
応援しています頑張って~o(^^)o
上手に出来てる~。
私からも、Aを差し上げます~。
自分で作ったバックは、愛着ひとしおですね。
自宅持ち帰り禁止・・って、
分かるわぁ。
子供の課題じゃなくて
親の課題になってしまいそうだものね!
息子が作ったエプロンも(小学生の時ね)
持ち帰り禁止でしたよ。
出来上がりは、悲しいものでしたが
でも、気に入って使ってましたよ。

豆腐、ドーナツ!ナイス!
私も、作りたいです!
バックの写真を見たうちの母が「生地は撥水加工してあると思うけど、されてないなら防水スプレーした方が保ちがいいよ~」と言っています。

なるほど。さすが家政科卒の母☆
うちの母、料理苦手ですが、裁縫上手です(笑
そんな母から「とっても上手☆」のお褒めの言葉頂きましたよ~+.(ゝω・)b.+゜+
ひよっこまま さんへ
私も今回は、成績より今までの努力を認めてあげたいです。
子供でも、やれば出来るんですね。
出来上がったバッグを見るの楽しみにしてました。
長男、自慢げにバッグを出してました。
応援ありがとうございます。
chinatsu さんへ
成績はハッキリした基準があるので
1点でも足りなかったら、やっぱりBなんですよね。
長男は他の教科は全てAなので、その教授さんじゃないけど、
1点でBだと、ちょっと悔しかったようです。
でも中2、まだのんびりでいいです。

日本の大学の方が、評価基準が低いとは知りませんでした。
これからは日本の大学も厳しくなりますね。


みるきーさんへ
長男、このバッグを使うんだ~と張り切ってますよ。
初めて実用的なものを自分で作って、嬉しそうです。
長女も同じようなバッグを作りました。
高校生になっても使ってます。
長男が最初からダッフルバッグと決めていたのでは
長女の影響があるのだと思います。

ドーナッツ簡単なので、作ってください!
chinatsu さんへ
わざわざありがとうございます。
たしかこのバッグは撥水加工してある生地だと
思います。
みるきーさんにも書いたのですが、長女も中2の時に
同じようなバッグを作ったんです。
このバッグは頑丈で、長女は今でも使ってます。
お母さんのメッセージ、長男に伝えますね。
ありがとうございました。
お見事!
とても上手に出来てます!長男君も器用なのですね。初めて自分で作ったバッグ、大事に使うのでしょうね。
それにしても・・ミシンが初めてというのにこんな難しそうな課題を出されるなんて、信じられません。生地も縫いにくそうだし、おまけにファスナー付きだなんて・・。我が子達がその年齢になっても、きっと無理だろうなあ・・。(私も自信ないです)
それでも自力で完成させた長男クン、お見事でした!
スゴイ~!
アロハ~!
スゴ~イ!!
自分で作ったなんて信じられないくらいですよ。
なのに1点違いでB?
何がー1点だったのか知りたいですね~。。
クラスにAの子いたのかしら?
takumarinaさんへ
作る物は、自分で選択できました。
バッグは長男が自分で選んだんです。
生地は結構、硬くてゴワゴワしています。
初めてにしては、よく頑張りました。
物を作る楽しみを実感してると思います。
モリーママさんへ
長男の話ではAを取った生徒が二人いたと
言ってます。
ストラップの付け方の箇所で減点が多かったです。
あとはマークを消さなかったとか・・・。
先生はシッカリ見てます。
成績より最後まで一人で頑張った長男を
褒めてあげました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。