06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

次女ののザリガニ騒動

2007/02/04
私のパソコンはキッチンにある。昨夜、夕食が終わってからパソコンに向かっていると次女がのぞきこんできた。普段だったら子供達が順番をきっそてゲームをしてるのに私がパソコン先取り!私は自慢げに新しく作ったブログを見せると次女も書きこみたいというので席をゆずった。(次女のお話を読みたい方は子供達のページ(English)を見てね)そうなんです。彼女のクラスには、ねずみがいて毎日、観察と実験をしているのですが、ねずみの授業が終わったらねずみを我が家に連れてきたいとたくらんでいた。

前書きが長くなりましたがここでザルガ二の話です。
次女が3年生の時です。この時のクラスペットは5匹のザルガ二。終業式の日、
次女大きなプラスチックのバケツある?
Mrs. Krabs:どうしてバケツ必要なの?
次女ザリガニがもらえるかもしれないの。
Mrs. Krabs: どうして大きなバケツなの?もっと小さくてもいいんじゃない?
アリ一番大きいザルガ二がいいから大きいバケツのほうが良い。

希望する生徒達皆で、くじ引きで決めるので私は心の中で当たらないと決めつけていた。するとその日の午後電話が鳴った。

次女Mom 今日学校まで迎えに来てね。
Mrs. Krabs: どうして?
次女当たったの!ザリガ二一番大きいの!先生が水の入ったバケツ持ってスクールバスに乗れないって言っている。


くじ運良いわけでもないのにどうして当たる。次女は自分だけのペットができ大喜び!

だから絶対ねずみも当たると思っているよ,この子は---これは親の感です

この話はまだ続きがあります。次回をお楽しみに。



いつもありがとう!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
こちらもよろしく!
04:14 笑える話 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
”ザルガニ”が結構、出てきているよ~。
まだ終わってないんですよ・・・このザリガニストーリー。
アッ!本当、なってるなってる、ザルガ二。気づきませんでした。ありがとう。直しておきます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。