05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ボランティアを考える(2)

2008/05/23
皆さん、ご心配ありがとうございました。

心優しいコメントにほろっときてしまいました。

ブログッて困った時こそ、心の助けになる素晴らしい場ですね。

皆さんの友情に心から感謝してます。


最近、子供にパソコンが独占され私は思うように使えません。

普段だったら、子供達が寝てから私はゆっくり皆さんの所へ

お邪魔していたのですが、今は学期末で子供達も様々なプロジェクトの

締め切りに追われていて、夜遅くまでパソコンを使っているんです。

昨夜なんて、パソコンを使い終わるのを待っていたら

ソファで寝てしまった母、目が覚めると午前1時半、しまったー!

慌ててパジャマに着替え歯を磨いて寝ました。

長女、起してくれなかったよ・・・。

こんな日があと1週間ぐらい続くかも知れません。 

子供の隙を見つけたら、皆さんの所へ訪問しますね~!



昨日は学校のボランティアに行ってました。

次男と一緒に学校に登校する日です。今日は担任の先生は

お休みでした。来週の月曜日は休日のアメリカ、長い連休で

旅行にでも出かけたのでしょうね。

子供達は学年末でテストに追われているのに、

次男の先生は余裕がある。ちょっと辛口になってます。

そんな気分になった理由があります。

今回もテストの採点が主な仕事でした。

数学のテストなんて、ノートに答えだけ書いた答案用紙

問題がどんなのかも分からない。

2箇所だけ2ポイントと書いてあるだけ。

分数のテストなんですが、採点していくうちに分数の図式を

2つ書いて2ポイントがもらえるのだと気がつき

1つだけ書いていた子供達から1ポイント減点したりと

担当の先生がいないと、疑問があっても質問できず

テストの採点は非常に苦労します。

国語のテスト2種類、社会、数学(分数)と計算問題の採点

何でこんなにたまっているんだろう?

国語のテストは筆記体で書いていて、生徒達の字が読みにくい。

3時間以上かかって採点終了。

この後、次男の眼科の予約があったのですが、電話を入れて

時間を変更しました。

と言うのは正義感に燃えていた私、

校長先生に面談を申し込んだのです。


計算問題の採点をしていて、心が痛くなりました。

簡単な一桁の足し算100問題テスト、引き算100問題テスト、

掛け算、割り算も100問題です。殆どの生徒達は足し算から始まり

100全問、正解すると引き算、掛け算、割り算と進み、

100問題テストは終了しているのですが、未だに足し算や

引き算のテストを終えられない生徒がいるんです。

一人の生徒は

4-0=0

6-0=0

9-0=0

1-0=0

2-0=0

と驚くようなミスを9回も繰り返していました。

他の生徒は

4+0=0

0+4=0

5+0=0

9+0=0

6+0=0

こんな間違いを9回です。4年生ですよ。

計算100問題の採点をしたのは初めてでしたが、

この結果を見て怒りがこみ上げてきました。

この生徒達は同じ間違いを何度も繰り返してきたはずです。

誰も気がつかなかったと言うのですか?

テストを採点していると、生徒達が同じ問題で失点してる事が多いです。

こんな場合は、もしかしたら生徒ではなく先生の方に問題があるかも・・・

と感じてしまう。


次男の眼科の予約をキャンセルして、校長と話したかった事は

この事です。4年生の学年末にもなって、生徒達のこんな

つまずに気がつけない先生・・・勿論、親にも問題はあります。

こんな事があってはいけない!

もし先生がテストの採点をしていたら、絶対に気がついたと思う。

親達のボランティアが採点した点数だけを見ていたのでは

見逃してしまいます。

自分の子供の事でないのに、ついついむきになってしまった母です。

校長先生もこのテストの結果には驚いてました。

ボランティアに頼っている盲点だったかしれません。


親も先生も子供に注意を払う事で、生徒達のつまずきに一日も

早くに気がついてあげて欲しいです。



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



あくまでこれは次男の学校の話です。
他の学校の先生達には当てはまらないかもしれません。



08:55 アメリカの学校 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
Mrs.Krabsさん、今日のは読んでてなるほど、と思いました。
私はクラフト中心のボランティアで希望を出してるので、採点はした事がないけど、盲点ですね。
でも不思議なのが、こう言った子の親はどうされてるんでしょう?
子供の持ち帰ったテストなどに目を通してないんでしょうか?
親の問題でもありますよね。
4年生末でこのミスはちょっと考えられない・・・。
息子のクラスでも、ボランティアのお母さんに採点して頂いてるのがあるんですけど、息子の答えが当たってるのに×だったので、どうして×だったのか聞いた時にそれが分ったんですが、私が腹が立ったのは 『私が採点してるんじゃないから気づかなかったわ』 だったんです。
勉強に関して熱心な先生ですけど、私個人の気持ちとしては、やっと先生が変わるとホッとしてます。

訪問とかコメントとかお返事とか、ぜーんぶ気にしないで下さい。
私はここに来るのが大好きで来てるだけですから。
無理しないでご自分のペース、大事にして下さいね。
☆☆
Mrs Krabsさん,私も同感ですよ!
家の息子実はADDなんです,だから薬を今は常用してるんですが過去はすごい物忘れが酷くって大変でした。
その時の先生がすごく良い先生で息子の事を本当に良く注意してみてくれました。すごくポジティブに息子の事考えてくれて今でもこの先生には感謝してます。
今の息子の先生は質問があってもなかなか返事くれないし。まあ最近の息子には問題は無いんですが。
もう少し先生として一人一人の子供達に目が行き届いて欲しいと思います。
このテストの問題先生は全然注意もしてなかったんですね~。
私がこのクラスのこの母親だったら校長先生に向かい合って話してくれたMrs.Krabsさんに感謝です。
正に私が恐れていた事が・・・
Mrs.krabsさんの正義の講義に拍手v-425!!!

それにしても、学校のせいだけでは無いですよね。
親は今まで気が付かなかったのでしょうか。
宿題とか一緒にすれば分かると思うんですけど。
キンダーの子でも二桁の足し算やってるのに・・・
この子達はこれから挽回するのに、
並大抵の努力じゃ済まないですよね。
かわいそう。

reeさんへ
次男の金曜日の単語のテストで、いつも
×がついてきます。
次男の書く筆記体の o  a に見えるらしいんです。
でも私や長女が見るとちゃんと o に見えます。
諦めて文句も言ってませんが、私が採点する時は
子供達の字体の癖も考慮して優しく採点してます。

チャー坊の先生の
「私が採点してなかった」は理由にならないですよね。
成績をつける生徒達はたまらないですよね。
ミコちゃん へ
本当は少しは躊躇したんです。
次男のドクターアポイントメントがあったので・・・。
でも今を逃したら、この気持ちを伝えられなくなると思って
アポイントメントをすっぽかしても、校長に談判です。
誰かが言わなければ、何も変わらないです。
教師も慣れてくると新しい事を取り入れたりする事が
少なくなっているように思います。
毎年同じ事を繰り返しているだけ!
算数の基礎でつまずいている生徒達、誰かが気がつかないと
この生徒達の将来はどうなるのでしょうか・・・。

息子さんも良い先生に恵まれたんですね。
本当に先生によって、ここまで違うんですよね。
子供達の将来を担った大切な仕事です。
先生達、そこまで認識しているのだろうか・・・。

ミコちゃんの息子さんはスポーツ万能でADDの問題が
あるなんて全く気がつきませんでした。
最近は元気と聞いてホッとしました。
Madre さんへ
この生徒達の悲劇は、先生も親も気がついてなかったところです。
何でこんな事になったのだろうか・・・。
3年生の先生も含めてです。
掛け算を学んだ時に混乱してしまったのかな・・・。
私は子供達のテストは、バツの箇所を集中してチェックしてます。
理解している事より、どんな所で子供がつまずいているか
それを知る事は大切です。

子供の宿題を全く見ない親もいるのでしょうね。
そんな子供の成績は良くないと思う。
親が教育に真剣な家の子供達は、学校でも成績が
良い生徒が多いと思います。
親の参加が子供の教育には欠かせないようです。
日本ではこういうボランティアがないですね。
テストの採点も先生がやってるハズです。
そもそもテストというのは
普段授業で勉強している事がわかっているかを
確認するためのテストですよね。
テストをすると、その子その子の
得意分野や苦手分野が一目瞭然になるはず。。。
先生方もお忙しいでしょうが
もう少しどうにかしてほしいですね。
そして、親ももうちょっとみてあげないとね・・・。
ポチ☆
はじめまして
はじめまして、こうたといいます。えっと俺は高校生なんですけど、海外での生活に興味があっていつもみさせていただいてました!

今日の記事をみて本当にショックをうけたのでコメントさせていただきます。
アメリカの学校が全部こうだとは思いませんが、俺も本当に腹がたちました。
俺の親がちょうど小学校で教師をしているんですけど、夜遅くまで仕事をして、家でも仕事をもちかえってしていてます。ましてや学校を休んで旅行にいくなんてもってのほかですよ。

本当に生徒たちがかわいそうです。

小学生の時点でかなり学力の差がでていそうですよね。
こういっちゃなんですが、本当に俺がその学校でなくてよかったと思いましたorz

俺は絶対同じミスを繰り返す方ですから(爆)

ひよっこまま さんへ
先生やクラスを助けるボランティアは素晴らしいと
思いますが、テストだけは大変でも先生に採点して欲しいと
校長先生にも話しました。
全てのボランティアが細かい気配りで採点していれば
先生にも報告が行くかもしれませんが、そうでない場合もあります。
私の訴えが何かの形で反映される事を願ってます。
親も子供の教育に興味を示して欲しいです。
知らなかったでは済まされないと思う。
こうたさんへ
はじめまして~!

訪問ありがとうございます。
実を言うと、このテストの結果は私もショックでした。
こんな事はあるはずがない!あってはならない!
採点を終えた私は校長室に向かってました。
日本の先生達はこうたさんのお父さん(?)のように
頑張っている先生の姿が浮かんできます。
少なくとも、うちの子供達の学校では仕事を家に持ち帰る
先生はいないように思うのですが・・・。
高校の先生は別かもしれません。
特に小学校では多くの役割をボランティアが
受け持っています。
私なんて、もう来年度の4年生の為の準備まで手伝いました。
今回の先生の旅行も、生徒達と言うより個人の生活を
先に考えている結果でしょうね。
高校2年の長女の期末テストの1週間前に数学の先生が
海外旅行に出かけ、代理の教師が来てましたが
その代理教師は音楽専攻だったそうです。
普通、そんな時期に旅行に行かないだろう・・・
と常識を疑ってしまいました。

アメリカの先生でも個人で違うと思いますが
先生は子供達に大きな影響を与える職業だと
認識して欲しいです。

今日はコメントありがとうございました。
うちの高校(アメリカの高校)では学生(成績のいい高校生)が先生のお手伝い(ボランティア)でテストの採点をしていました。

でも、先生はちゃんと点数以外にもちゃんとサッとではありますが、点数の悪い生徒の回答に目を通していました。また、ボランティアも先生に対して「この生徒の回答(同じミスを何度も繰り返しているの)は指導が必要だと思います。」とか話し合っていました。

ボランティアに採点してもらっていることにかまけて(?)生徒の回答を見ない、生徒の弱いところを教え直すことをしない、というのは大変なことですね。。。4年生でかけ算と足し算を間違うなんて。でも、アメリカは高校までが義務教育なのにもかかわらず、日本より識字率が低いです。まぁ、移民を受け入れていることも識字率の低さに影響しているかもしれませんが・・・まともに読み書きできなくても、かけ算や足し算ができなくても高卒だなんておそろしいと思います。

Mrs.Krabsの校長先生との話し合いが教育の改善につながるといいですね☆こんな風に意見を述べてくれる保護者の存在はとても大事だと思います☆
chinatsu さんへ
長女の高校でも3年生の成績の良い生徒が
先生のアシスタントをしてます。
ボランティアと先生がコミュニケーションをとって入れば
問題は少ないと思います。
あくまでも生徒中心に教育が進んで欲しいです。

移民はこんな田舎町にも多くいます。
アフリカや東南アジアから来る人は、あえてこんな寒い
ミネソタを選ぶのだろうかと、不思議に思っています。
ミネソタは福祉が行き届いた州なので、移民達の憧れの州かも・・・。
言葉も理解できないで学校に行くのは大変だと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。