08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

トランペットを吹く!

2008/08/14
次男の小学校では5年生になると吹奏楽部に参加出来ます。

4年生の学年末に生徒達の希望を取り、実際に楽器に触れてみて

最終的に担当の先生と相談して楽器の選択をします。


次男が一番最初に興味を持ったのは打楽器でした。

打楽器を選択する為には、最低2年のピアノの経験が必要です。

次男もピアノのレッスンは受けていたので資格はありました。


そんな時、長男から来年度は吹奏楽部を休みたいと報告してきた。


・・・と言うことはトランペットがあまるって事~!


ちょっとだけ次男を説得してみようか・・・。

話してみるとあっさりトランペットでいいと言った。

楽器のテストを受けた時は、トランペット、トロンボーンとサックスを

試したようです。先生から次男への推薦はトランペットとサックスでした。



次男はトランペットでいいよ~喜んでいる。


ちょっと後ろめたい母は次男に聞いてみる。

「本当にホント?」

「サックスが好きだったらサックスでもいいんだよ!」

と言っているのに、トランペット一色になっている次男です。





長男がトランペットを始めた時は、音を出そうとすると顔が真っ赤になり

どう見ても苦しそうだった。

絶対、楽器の選択を間違えたと思ったぐらいです。

その点、次男は自然体で音が出せるようです。





長男の古い教本を持ち出して、簡単な曲を吹いてます。





末っ子の特権は

お姉ちゃん、お兄ちゃんのおかげで色々な経験ができる。

次男は長女のフルートも、次女のサックスも上手に音が出せるんです。


時々、 「これって凄い才能なんじゃない!」 と思ってしまう母です。



夏休み中、学校では新5年生を対象に楽器のレッスンを行ってます。

準備のいいお母さん達は、子供にレッスンを受けさせています。

母は超ケチだし、次男の才能を信じて独学で頑張ってもらってます。



夏休みも残り2週間だと言うのに、今日は気になった事あった。

今まで 『子供達には平等に!』をモットーに子育てしてきた。

長女はフルート、長男はトランペット、次女はアルトサックスと

新品の楽器を買い与えました。そして末っ子の次男はお下がりか・・・。


長男はトランペットで何をしていたのか、ボコボコしている。


お下がり大賛成の母なのに、長男が4年間使ってボロボロになった

トランペットのケースを眺めて、「次男はどう思うかな?」

なんて考えてしまいました。



もし私が口を出さなかったら、次男はどんな楽器を選んでいたのだろう。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



08:17 アメリカの学校 | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
トランペットいいですねえ
あたしも学生の頃、吹奏楽部に入っていて
ホルンをやっていました
当時は地味で嫌だなー
トランペットがやりたいなーと思っていましたが
今思うと、和音を奏でて
旋律に美しさと厚みをもたせる役割だったんだから
重要なパートだったんだと思えます
夏休みには、他の学校と一緒の合同練習もあり
相当な人数で演奏すると
ものすごい音に包まれて
演奏しつつ感動して鳥肌がたった記憶があります
次男くんもきっとそんな感動を得られる事でしょう
がんばれ~~
わかります。平等にしてあげたいけど、上の子は何でも新品なのに、下の子はお下がりになったり…の違い。うちも「もの」だけじゃなくて、習い事の行き先も全てお兄ちゃんの真似事ばかり…は、とても親にとって都合がいい。送り迎えの場所の数が減るから。でも長男の時のように他の可能性をあげなくてよかったのか?など。

でも、やっぱり他の子のように新品を買ってもらえなくても「広い視野」まで一緒にお下がりもらえるのはラッキーだと思います。うちの長男は「僕が弟の年には先のことが分からなかったので、こんな風にアイデアが全くなかった」なんてこぼしたこともありました。そして実際、下の方はというと、意外とお下がりなどを気にしてなかったりするんですね(下はそういう風に育つんでしょか)。あと、アメリカという土地柄もあるかもしれませんね。友だちと違うものを持つことにさほどの抵抗がない雰囲気もあるような気がします。
すごいじゃないですか。
フルートもトランペットも、吹奏楽器って音を出すのが難しいのに。
これで又楽しみが増えましたね。

おお~吹奏楽ですか!
トランペットなんてかっちょいい~
楽器って音を出すの難しいですよね
サリーはサックスが眠ったままの状態ですよ…
私中学生のころ、吹奏楽部でトランペット吹いていました!!
次男君、サックスもフルートも音をだすことができたんですね。
特にフルートは難しい、と聞くので音をだせた次男君も長女さんもすごいですね!!
楽器を演奏することは心の成長にもつながると思います!!
みんなとひとつになって演奏できる喜び、次男君も味わえますね☆
トランペット、カッコいい~~!!以前の我が家のご近所さんの子供がよく庭でトランペットの練習をしていてカッコいい~、と思っていました。
ピアノを習っているのでこうして新しい楽器を始めてのすんなりと吸収していけると思います。
我が家も次男君は長男君のおさがりになりますが、彼は長男君が持っている物は全てカッコいい~、と憧れているので喜んで受け取ってくれます。でも一体いつまでこの思いを持ってくれるのか!?
あぁ分かります
その気持ちとても分かります。

つい出してしまった言葉、もしもその言葉がなかったら・・・と思う事って度々ありますよね。

次男君は大切に長男君の楽器を扱うと思います。練習頑張ってね。
次男クンは楽器も器用なんですね。
そして素直ですよね~!だから習い事が上達するんですね。トランペットも頑張って!

うちの長女も、部活でトランペットを始めました。(思わぬ出費でした)
アメリカで吹いていたフルートは今、眠ってますv-12
いつか次女が使ってくれるといいんだけどなあ…。
ちはる さんへ
ちはる さんも吹奏楽部にいたんですね。
次男も今からとっても楽しみにしています。
毎年、町で全ての吹奏楽部が大合奏をするのですが
長女が最後の年に長男がお休みして、私はガッカリ!
4人の子供が一緒に合奏できるのは今年が最初で最後だったのに・・・。
気がついていたら長男もお休みしなかったかも・・・。
エイプリルさんへ
エイプリルさんの長男君と同じ事を、うちの長女も言ってます。
私も長女と共に学んでいるので、次男の頃には
経験の豊富なお母さんになっています。
末っ子の次男も上のお姉ちゃん、お兄ちゃんと共に色々な事を
すでに学んでいるんです。
高校生や中学生の友達のいる10才の子供って
少ないと思います。
我が家の次女や次男は年上に顔が利いてます。
お下がりより得している事がいっぱいありそうです。
reeさんへ
長女や長男、次女の楽器が家にあるので
次男は何時でも触れるんです。
勝手に練習して上手になってます。
これもたくさんの兄弟がいるから出来る事ですよね。
長女がずーっとピアノをしていたので、次男が赤ちゃんの時から、
我が家には音楽がありました。
サリーさんへ
サックスが眠ったままなんて勿体無いですね~!
サリーさんもまた始めてみてはどうですか?
私も長女のフルートに挑戦してみたけど、
音が上手に出せませんでした。
それなのに次男にとっては簡単そう・・・。
落ち込む母です。
nicoさんへ
nicoさんはトランペットですね。
今でも演奏する事ありますか?
肺活量が、いっぱい必要で難しい楽器なのではと
長男の様子を見ていて心配していました。

フルート、私も挑戦しましたが挫折してしまいました。
音が出ない・・・・。本当に難しかったです。
それなのに9才の次男がフルートの音を出してしまうなんて・・・。
子供に出来て、大人の私に出来ない・・・。

楽器に囲まれて成長した次男は恵まれてます。
ベニー母 さんへ
ピアノは音楽の基本を教えてくれるので
他の楽器を習う時には、楽かもしれませんね。

トランペットのお下がりを気にしているのは私だけかも。
次男も長男に憧れているかも知れませんね。
私が他の楽器を進めても決心を変えないのは
ベストフレンドがトランペットを選んだので、
そのせいもあるかも、と考えてます。
かあちゃんへ
私もついつい余計な事を言って大失敗!
よくやってます。

言葉は一度口に出したら戻せないんだからと
子供に注意しながら、私自信、失敗を重ねてます。
なんだか子供と共に学んでいる母です。

大切に扱うと物が長持ちする事、子供達も知っているので
次男も大事に使ってくれますね。
takumarinaさんへ
フルートからトランペットに替わったのですね。
実を言うと、うちの長女も長男がトランペットを始めた頃、
しきりにトランペットを羨ましがってました。
今になってフルートがまた好きになっているようです。
次女にピアノの伴奏をしてもらい、フルートの
演奏をしている時があります。
音楽を楽しむのって素晴らしい時間ですよね。
お嬢さんもトランペット、頑張って下さいね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。