07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

簡単キルトに挑戦!

2008/11/16
アメリカでは11月の下旬に、1年の恵みに感謝して感謝祭を祝い

12月にはキリスト教にとっては大切なクリスマスを祝います。

この2つの行事はアメリカ人の家族にとって、とても大切です。

私達も感謝祭にはオハイオ州まで出かけ、夫の家族と過ごします。


そしてこの時期に盛んに行われるのは、寄付活動や色々な場所での

ボランティア活動です。店先で恵まれない人達の為に募金を募っている

団体をよく見かけます。老人ホームを訪問したり、学校や教会で食糧や

クリスマスのプレゼントを集め、恵まれない家族を支援している団体に

寄付します。年末のアメリカは助け合いの精神で盛り上がります。

金融危機のど真ん中、今年もそんな風景が見られるだろうか・・・。



毎年、我が家でも家族で出来るボランティア活動してます。

そして始めたプロジェクトがこちらです。


quilt 001


キルトを作る事にしました。毛糸で結ぶ簡単なタイ・キルトです。

以前、コソボ紛争があった時に教会の人達と一緒にたくさんのキルトを作り

難民になった人達に使ってもらいました。

温かいキルトはとっても喜ばれました。

カリフォルニアに住んでいた頃の話だから、もう8年以上も前になります。


今回の寄付するベイビー・キルトのサイズは 45インチ×60インチ

(112.5センチ×150センチ)です。大きなサイズもありますが、

初心者の子供達には小さな子供用が丁度いいサイズです。



毛糸の結び方はインターナショナル・ステッチで結んでいます。

結ぶ間隔は3インチ~4インチ (7.5センチ~10センチ)です。


quilt 002


子供達にとっては初めてのキルトですが、次女が一番、キルトに興味があり

時間があると、こんな風に置きっぱなしにしているキルトのテーブルに

来ては毛糸を結んでます。


quilt 003


世界の何処かで、ブランケットを必要としている小さな子供が、私達が作った

ブランケットを使ってくれている姿を想像するだけでも心が温かくなります。


今年はハロウィーンコスチュームも作らなかった私、久しぶりに

ミシンを使ったら、ギシギシと油の切れた音がしてました。

布を計るのにも夫の日曜大工用の定規、洋裁用を持ってないです。

日本人にしては、大雑把な性格の私、キルトをするような

タイプじゃないのですが、思いだけで先走ってます。



経済的に厳しい世の中ですが、

世界中の子供達が温かく冬を過ごせるようにと祈っています。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


23:12 Krabs家のクリスマス | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
次女さん・・・頑張っていますね~v-353
さりげなくできるのが偉いですね

まだまだボランティア活動が遅れている日本です
世界中の子供達が温かく冬を過ごせるように・・・私も祈っています
何か自分にできる行動を興すことが大切なんですね

私にできること・・・考えてみます!

もうこんな季節ですね。毎年、思う事ですが1年間の過ぎるのの早い事!
うちも一応、親しい友人家族達とサンクスギビングの食事を一緒にします。
夫も故郷の味を楽しみたいだろうし、子供達にもアメリカの風習や季節の
イベントを体験して欲しいので。ターキーもコスコで買えるんですよ~。
でも、こうやって食事のことを心配しなくていい状況に居られる事は
有り難い事ですね。世界中の人口の比率で考えると、いかに自分たちが
恵まれた環境にいるかがよく分かります。感謝の心を忘れてはダメですよね。
子供にも自分にもよく、言い聞かせなくては!
大げさな事でなく自分に出来るボランティアくらいしか、私には出来ないので、
我が家が毎年実行しているボランティアはユニセフのカタログショッピングで
お買い物を少しするくらいです。クリスマスカード等、奇麗な物が揃ってるんです。

報告です。息子は今日、塾の無料体験へ行って来ました。
分かり易く説明してもらったようで、満足そうでした。
これをきっかけに少しはやる気が出て来てくれたら嬉しいですけどね。
家族で取り組むのがすごいですね。
この思いが温かいキルトとなって相手に届くなんて素敵です。

そうなの!!
この不動産の値下がりで、来年家を建ててお引越し、無理だろうな、って話してるんです。
買うのはいいけど売れないんじゃぁどうにもなりません。
家族でキルト作り、素敵なことですね。
とても心温まるお話です。

インターナショナル・ステッチって初めて聞きましたが、毛糸を使うんですか?
無知でごめんなさい(^-^;
azuさんへ
ボランティア、大きな事は出来ませんが
子供でも出来るような活動を考えてます。

このキルトのブランケット、我が家の恒例にしてもいいかな~と思ってます。

家族みんなでチクチクしたら、結構早く作り終われます。
cheenamama さんへ
ユニセフのカタログで買い物ができるのですね。
それで人助けが出切るなんて最高ですね!
自分に合ったボランティア活動を見つける事が
長続きする秘訣ですよね。

私が日本食を懐かしく思うように、ご主人もアメリカの食事が
懐かしいのですね。気持ち、分かります!
日本でも大きなターキーが買えるなんて
日本在住の外国人には嬉しいですね。

お友達と楽しい感謝祭を~!
reeさんへ
私も売る家が無かったら、今にでもバーゲンの家を買いたいです!

うちなんて、不動産の価格がピークの時に今の家を
建ててしまいました。このままミネソタに住む事になりそうです。

reeさんも、家を建てる計画が延期になってしまいましたが
建て始める前でよかったですね。
家の支払いが二つになっていたら大変な事でした。
kiki さんへ
これは一番簡単なキルト作り方です。
上の布、バディング(綿)、下の布を合わせて
それを毛糸で結んでいきます。

インターナショナル・ステッチは解けないように結べる頑丈なステッチなんです。
私も忘れていて、お友達に教えてもらいました。
このステッチを覚えただけでもキルトを作ったかいがありました。
今日の私のブログにこの記事のリンクを貼らしていただきました。
トラックバックでやってみたのですがいまいち上手くいかず普通にリンクを貼った状態です。
ご迷惑でしたらご連絡ください。すぐに取り消します。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。