08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

私の宝物

2008/12/06
財布のひもをガッチリとしめておきたい私、外出するとお金を使って

しまうので、今日は一人で自分のクリスマスツリーを飾ってました。


家族のツリーは毎年増えていく子供達のオーナメントでいっぱいになり、

大きなツリーは4人の子供達専用のツリーになってます。

自分のクリスマス・ツリーにお気に入りのオーナメントを飾って楽しみます。

結婚して18年、私のオーナメントも子供の物以上に増えてます。


子供達の思い出のつまっている物をオーナメントにしてきました。



青まめのオーナメントは次男の生まれた1998年の物です。

まめ粒一つ一つに子供達の名前が入ってます。


christmas tree 2008 005


7年前の次女です。幼稚園に行き始めた頃の写真です。

次女の始めてのスクールピクチャー、肩をすぼめた姿が可愛い。



1996年のクリスマスか~、長男が1才10ヶ月だ。

これを見ただけで、長男がトイストーリーが好きだった事を思い出します。


christmas tree 2008 003


手形をとって、ラミネートしてオーナメントを作ったんです。

お金もかかってなく、とっても簡単なオーナメントだけど、

私にとっては、何物にも替えられない一番大切な物です。


今では母より背が高くなった長男にも、こんなに小さな頃があったんです。



次男、3才。

毛質が細く柔らかい次男は3才になっても髪の毛が少なめだ~。

3才の次男とクリフォード(赤い犬)の絵本を毎日のように読んでました。


christmas tree 2008 002


ジンジャーブレッドのオーナメントもこの頃、子供達と作ったものです。

私がフェルトをジンジャーブレッドの形に切り抜き、子供達がフェルトを

2枚重ねてのり付けしました。それから目、ボタン、リボンをのりでつけて

口と線を描いて終わりです。たくさん作ってお友達や先生にもあげました。


子供達の作ったオーナメント、長い間、大切に飾っています。


christmas tree 2008 006


紙やスティックで作った物など、子供の手作りは私の宝物です。


アフタークリスマス・セールで買った私のオーナメントもあります。


christmas tree 2008 007


長女11才、まだ母より小さかったんだ。今では長女に見下ろされてます。


いつの間にか、ツリーいっぱいに思い出が膨らんでいます。

こんな風に私の人生も少しずつ豊かになっているのでしょうね。


一人では得られない幸せを、夫や子供達から溢れるほど受け取ってます。


家族っていいものです。本当にありがとう~!



海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。


09:46 Krabs家のクリスマス | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
One and only...
お子様方の思い出が沢山詰まったオーナメント、
素敵ですね♪
ひとつのHistoryですよね。
世界にひとつしかない素晴らしいツリーです。

日々の生活で忘れがちなのですが、
本当に主人や子供達に感謝ですよね♪
思い出のオーナメント・・・写真がかわいいv-290
年に一度小さな頃を思い出す・・・いいですねぇ・・・♪

Mrs. Krabs 家のヒストリーがよく分かります
今年はどんなオーナメントが増えるのでしょうか?

見下ろされる長女さん・長男さん・の成長を考えると微妙な心境です(私もそうです)
嬉しいことですよね!

今年も素敵なクリスマスになりますように・・・v-344

クリスマスって、こう言う事なんだな~と
思いながら読みました。家族の成長や愛情を
感じれるツリー、良いですね。
なんだか勝手にkrabs家の親戚のおばさんに
でもなった気持ちで、お子さん達の写真を
見ながら「大きくなったな~」と感動してました。
思い出いっぱいのツリー10年後にはもっとステキになってるでしょうこう見ると日本のクリスマスと全然違いますね!アメリカではクリスマスは家族の欠かせないイベントなんですね
素敵なツリーですねv-10お子さん達の成長が早くてビックリです。

フェルトのオーナメント、簡単に作れるのに、すごく可愛くて、しかも長持ちするんですねぇv-291私もフェルトでオーナメント作りに挑戦してみようと思います☆素敵なアイディアをありがとうございました☆
懐かしいたくさんの思い出で飾られたクリスマスツリー、素敵ですね。今年もまた何か思い出が増えていくのでしょうね。
kiki さんへ
働き者の夫、楽しい子供達
苦労があっても家族がいるので、乗り越えられます。

クリスマスツリーは、本当に我が屋のHistoryになってます。
azuさんへ
azuさん、いつもありがとうございます。
子供達はこんな風に母親を追い越して行くんですよね。
これからも子供達の成長を見守っていきます。

子供が巣立ったら、その時こそ自分の時間
楽しい目標も作っておきたいです。

cheenamama さんへ
クリスマスの本当の意味は、プレゼントをもらう事じゃなくて
Giving (与えるもの)、Service(奉仕)なです。
私は十分に家族から愛を与えられてます。
本当に幸せ者です。

そんな思い出が、このクリスマスツリーにいっぱいつまってます。

京都にお住まいのcheenamama さんと、親戚になりたいです。
ヒースさんへ
ヨーロッパから自由な信仰を求めて新天地に
やって来た人々が築き上げたアメリカ合衆国
クリスマスはアメリカ人にとって大切な祭日です。
家族が集まってお祝いします。

最近ではプレゼントのしめる割合が大きくなってますが
我が家ではキリストの生誕を祝いたいです。

ヒースさん、コメントありがとうございました。
chinatsu さんへ
子供達にはフェルトは便利な素材です。
のり(タッキーグルー)とファブリックペイントだけで出来てます。

リボンやボタンの色を変えたり、つける場所を変えるだけでも
まったく違った感じのジンジャーブレッドが出来ますよ。
コーディままさんへ
毎年、少しずつ増えていきました。
これからも我が家のオーナメントは増え続けるでしょうね。
子供達が結婚する時には、嫁入り、婿入り道具として持たせます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。