05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

一人で祝う誕生日

2009/03/12
3月11日、私は一人、心の中で母の誕生日を祝ってました。

生きていたら今年で70才・・・。


この世で子供達と一緒に母の誕生日を祝ってあげたかった。


15年前、母は首にコロコロしたものに気がつき検診を受け、

胆のうガンと診断された。その時、ガンはすでにリンパ腺に

転移していて、末期ガンだと宣告された。

私は長男を出産したばかりの頃でした。

大変な時だろう。

心配させまいと母は自分の病気の事を私に伏せていました。


5月だったろうか、家族から初めて母の病気について知らされました。

遠いアメリカに住んでいる自分が本当に親不孝者と思いました。

直ぐに日本に帰りたたくても飛行機の予約が取れない。

生まれて間もない長男を連れて家族で母に会いに行った時、

孫達を見て母は嬉しそうだった。

知人に

「あと10年・・・生きたかった。」

と言っていた母の言葉が耳から離れない。


末期と診断されながら、母は翌年の夏まで生きた。

二人の子供を連れた私は満足に看病もしてあげられなかった。

苦悩していた私に弟が一言

「孫を見せてあげたのが一番の親孝行だ。」と慰めてくれた。


医者に

「余命3週間。連絡したい人がいましたら今のうちに・・・。」

と言われながらも強く1年、生きた母。


母がいなかったら、私の今の生活は無いだろう。

養女だった母が

「子供にはやりたい事をさせてあげたい。」と私の夢をサポートしてくれた。


お母さん、ありがとう。

私は幸せに生活しています。

小さかった長女は今年、高校卒業。

赤ちゃんだった長男が15才になりました。

そして次女、次男が加わって子供が4人います。

みんな元気にしています。


お母さん、70才のお誕生日おめでとう。


wedding anniversary 004


間違って配達された結婚記念日の花が、改めて配達されました。

今回も注文とは違う物が配達されてきた。 

夫はちょっと不満そうだったけど、私はこの花が気に入ったよ。

真っ白なローズと小さな薄紫色の花が可愛い。

花が大好きだったお母さんの誕生日を祝うのに綺麗な花はピッタリです。




海外で子育てランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へこちらも参加してます。



夫から贈られた花をちゃっかり母のお誕生日プレゼントに
しようとしている私です。
だって初めに届いた花と2回目の花と二つも届けられた花、
一つはお母さんに・・・いいですよね。

23:47 お母さんの独り言 | コメント(20) | トラックバック(0)
コメント
70歳、おめでとうございます。
2つ目のお花もステキですね。

私は日本ですが、実家から飛行機で2時間のところで暮らし、
現在父がリンパ腫で闘病中なので、
今日の Mrs. Krabs さんのブログを、
思わず自分に重ね合わせて読んでしまいました。

弟さんの優しい台詞が、心にしみました。
私も亡き父の誕生日、お祝いしてます。
Mrs.Krabsさん、親不孝なんかじゃないですよ。
私なんて同じ日本にいながら、亡くなった翌日に父の死を知ったんですから。
私なんて後悔のしっぱなしです。

親になってみて、子供が幸せである事が一番の親孝行なんだ、って思います。
こんにちは(^^)
先日このブログを発見しましたo(^-^)o

子どものことを思う母親の気持ちを知ることができたり、私の憧れているアメリカ生活のことが丁寧に書かれていて、楽しく読ませてもらっています(^^)

私は今大学生なのですが、将来Mrs.Krabsさんのような家族になりたいですo(^-^)o
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あの日の深夜のコメント(Krabsさんのところからは深夜ではないと思います。汗)
ありがとうございました

あちらでも書きましたけれど、、同じ言葉を。
今、お母様は賑やかなKrabs家の皆さんのお傍で
笑っていらっしゃる気がいたします

孫たちのために小さなイスを色違いで用意しながらも
産後間もない娘のために御自分の病気をひた隠しにされていたお母様

このブログで綴られるKrabsさんの姿と重なる気がするのです
子どものことを思い愛するKrabsさんの母親としての姿は
亡くなられたお母様と重なるように思うのです

私の両親はまだ健在ですが、やはり毎年会うたびに年をとったな、と感じます。
私達がアメリカに居るせいで孫達と一緒に時間を過ごす事が出来ないく、普通のおじいちゃんとおばあちゃんが出来る事をさせてあげれないと思うと心が痛みます。
でもいつか私の子供達が私から遠い所に住んでなかなか会えなくても元気で幸せに暮らしているならそれが私の幸せと思っています。
Mrs.krabsさんのお母様も今、4人の子供に恵まれて、素晴らしいお母さんをしているMrs.Krabsさんの姿を天国から嬉しそうに見ていると思います。
ご主人様からのお花、とっても素敵ですね。今の時期を明るく照らしてくれますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お母様に相応しい素敵なお花が届きましたね、、。
読んでいて、私も亡き父の事を思い出しました。
当時はまだ結婚すらしていなかったので、孫を見せられたMrs.Krabsさんが羨ましいです。お母様も可愛いお孫さんがいたからこそ頑張って延命されたのかも知れませんね。
うちの父も50代そこそこで亡くなったので、もし今も生きていれば70を越えています。なんか、そんな父の姿が想像出来なくて、、。
いつまでも若い姿のままで得した気分?でいるかも知れませんね、、。お母様も。(^^)
優しい娘の気持ちを
おかーさまは、天国からみてるのね。
私の母も、養女だったのよ。
母の愛を知らずに育った母は、私たちを
それはそれは愛情深く育ててくれました。
母となった私は、改めて母の偉大さを知ったものです。

淡い感じの素敵なお花だわ!
誤配は、残念だけど
2度楽しめたから、ある意味ラッキー!!
天国への手紙
天国のお母様へのお誕生日にお手紙のようなメッセージですね
感動して涙がでそうです

私の母も余命3ヶ月と言われて1年頑張って生きました
そして私は長女を妊娠中で、看病もあまりできませんでした

あまりに境遇が似ているので、悲しみが良く分かります
花束の純白のバラがとても綺麗です

きっとこうして話しかけてあげることを一番喜んで下さっていると思います

孫は見せてあげられなかったけど、いつも側で見守ってくれていると思っています

がんばりましょうね

お母様
お誕生日おめでとうございます
うしこさんへ
私の母が病気になった15年前に比べると医学は
ドンドン進歩していってます。いつか難病と言われている
病気も治癒される時がやって来ると信じてます。
うしこさんのお父さんが元気になりますように
遠いミネソタからお祈りしています。

今日は母へのお祝いの言葉、ありがとうございました。
reeさんへ
>親になってみて、子供が幸せである事が
一番の親孝行なんだ、って思います。

この言葉を読んでうなずいてます。
私が幸せにしていたら、亡くなった母も父も喜んでいるのでしょうね。

reeさん、ありがとうございました。
由希子さんへ
由希子さん、はじめまして!

私も小さい頃から外国に興味がありました。
思い込みが激しいのか、勢いで日本を飛び出し今に至ってます。
アメリカ暮らしが長くなるにつれ、日本の良さがしみじみと
分かるようになりました。

私が長女に言っている言葉ですが
ルックスは年とともに変わっていきます。
一番大切なのは心。
時間をかけて心の綺麗な人を見つけて下さいね。

由希子さん、コメントありがとうございました。
○○さんへ
お祝いの言葉、ありがとうございました。
今を生きるのに精一杯で人生振り返ってみる機会が
あまりなかったように思います。
でも確かに平坦な道ではなかったです。
その時代、時代、試練を乗り越えて来ました。
あきらめないで良かったです。今は家族がいて幸せです。
コメントありがとうございました。
こまめさんへ
>子どものことを思い愛するKrabsさんの母親としての姿は
亡くなられたお母様と重なるように思うのです。

私の知っている母親像は自分の母だけ・・・。
知らず知らずのうちに自分の母親と同じような事をしていると思います。
自分を犠牲にしてまで子供を守る。
そんな昔ながらの母の思いが私にも伝わっているようです。
アメリカ人の子供達相手に古い日本の母をしています。
ベニー母 さんへ
ベニー母 さんがおっしゃるように、もし母が今の私の姿を見ていたら
驚いていると思います。母は私の事を一番結婚にむかない
タイプの女性だと思っていた事は確か。
ましてや4人の子持ち、信じられないと言っているでしょう。
そんな驚いている母に「私だってやれば出来る!」
と自慢してみたいです。
○○さんへ
お互い同じような経験をしていますね。

>自分の家族、両親とこれだけ遠くに住むという事の
意味を、本当に理解していなかったのだと思います。 

私も家族の事など考えず、勢いで結婚してしまったような・・・。
親には辛い思いをさせてしまいました。
せめてもの親孝行は、私が幸せになる事。
家族がいるので頑張れそうです! 

コメントありがとうございました。
mucci さんへ
mucciさんのお父さんも若くして亡くなっていたのですね。

>お母様も可愛いお孫さんがいたからこそ頑張って
延命されたのかも知れませんね。

本当にそうだと思います。
病院に行くたびに長女は病院中の人気者で患者さんや
看護婦さん達に抱えきれないほどのお菓子やおもちゃを
頂いたりしてました。そんな孫を母は自慢に思っていたかも知れません。初孫の長女を心から喜んでました。
そして赤ちゃんの長男も抱える事ができ嬉しかったと思います。
欲を言うと、もうちょっとだけ長生きをして欲しかったです。

コメントありがとうございました。
みるきーさんへ
>母の愛を知らずに育った母は、私たちを
それはそれは愛情深く育ててくれました。

みるきーさんの優しいお母さんの姿が目に浮かぶようです。
私の母もきっとそんな思い出子育てをしていたのでしょうね。
好きな事を自由にさせてくれた母には感謝の気持ちでいっぱいです。

コメントありがとうございました。
azuさんへ
azuさんのお母さんもazuさんが妊娠中に告知を受けたのですね。
病気の母に何もしてあげられなかった。
未だに思い出すと辛い気持ちになります。

天国からきっと私達の事を見守っているでしょうね。
母へのお祝いの言葉、ありがとうございました。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。